名言DB

9412 人 / 110637 名言

ヴィルヘルム・ディルタイの名言

twitter Facebook はてブ

ヴィルヘルム・ディルタイのプロフィール

ヴィルヘルム・ディルタイ。ドイツの哲学者、神学者、精神史家。ナッサウ公国モスバッハ(のちのドイツ・ヴィースバーデン市)出身。ハイデルベルク大学を経てベルリン大学を卒業。ギムナジウム教師、文芸評論家、ベルリン大学講師、バーゼル大学員外教授などを経て、キール大学、ブレスラウ大学、ベルリン大学などで教授職を務めた。著作に『精神科学序説』『体験と創作』『近代ドイツ精神史研究』ほか。

ヴィルヘルム・ディルタイの名言 一覧

信頼は相手のために払った犠牲の質と量に比例する。


ヴィルヘルム・ディルタイの経歴・略歴

ヴィルヘルム・ディルタイ。ドイツの哲学者、神学者、精神史家。ナッサウ公国モスバッハ(のちのドイツ・ヴィースバーデン市)出身。ハイデルベルク大学を経てベルリン大学を卒業。ギムナジウム教師、文芸評論家、ベルリン大学講師、バーゼル大学員外教授などを経て、キール大学、ブレスラウ大学、ベルリン大学などで教授職を務めた。著作に『精神科学序説』『体験と創作』『近代ドイツ精神史研究』ほか。

他の記事も読んでみる

川淵三郎

能力ある人材が揃っていても、経営者に信念や戦略、リーダーシップがなかったら持てる力を生かすことは出来ない。


潮田、滋彦

講師として登壇することは、自分の人間的成長にもつながります。


佐々木正悟

私は、タスクの最初のアクションはできるだけ自動化しています。例えば、「メルマガ作成」など、定期タスクに取りかかる時間が来たら、いつも使っている文章のひな型がパソコン画面に自動でポップアップされるように設定している。これだけでも作業の効率はかなり変わってきます。


中村獅童(二代目)

僕のやっている「役者」という仕事だって、一生かけて見えないゴールを追いかける仕事です。自由な世界に見えるかもしれないけれど、見えないところに向かっていくのは不安だし、苦しい。それこそ長期的なビジョンを胸に、頑張っているつもりです。


ジム・ロジャーズ

嫌われ者を安く買えば儲かる。


藤田晋

物事に行き詰まると、つい一気に問題を解決する策を求めてしまいます。ですが、そんな時に本当に大切なのは、まず足元をきちんと見つめることです。経営であれば、頭打ちに見える事業でも、残っている可能性を徹底的に探す。個人であれば、今の仕事のやり方をゼロから見直して、改善点がないかを検討する。それが成長(成功)の近道だと思います。


柳井正

技術の進歩によって、全ての人が力を持つようになった。それを生かす人と生かさない人では大きな違いが出ます。生かせば、誰でも小売りビジネスができるし、繊維だって物流だって、規模の大小にかかわらずどんなビジネスだってできるんですよ。


池田育嗣

人を育てるために大事にしているのは、「面倒見のいい組織」づくりです。上に立つ者が社員一人一人をよく観察して、その社員が必要とするところを教育する。それで人は育つし、上司への信頼度も高まります。


本田宗一郎

こころのなかに残っている不満をリストアップしてみると、ビジネスチャンスはいっぱいあることに気づく。すべての不満やクレームが新しいサービスのきっかけになる。


松村誠一(経営者)

上司もいない一人きりの海外赴任で現地市場の可能性ばかり考える日々を通じて「将来ビジョンはどのようにビジネスを展開すればいいだろう?」と自分でも考えるようになりました。ちょっと大げさに言えば大局観みたいなものが身についたとでも言えばいいでしょうか。


高橋克徳

人間は誰しも感情を持っています。その感情を押し殺して、1日のうちの多くの時間を仕事に費やすのは不健全ではないでしょうか。「業務を期限内に終わらせること」や「上司に怒られないようミスなく仕事をすること」といった目標を掲げるより、「自分がいかに楽しんで仕事をするか」と考えてみた方が、仕事に向き合う姿勢としてより健全だと思うのです。


ジム・バグノーラ

社員が最大限の創造性とエネルギーを発揮し、最高の結果を挙げるような環境をどうすれば作り出せるのでしょうか。私はその解答の1つが「社員の健康」だと思います。社員が健康であれば労働生産性は上がります。具体的に私が勧めるのが「瞑想」です。日本の禅にもあるこの瞑想にはストレスを解消する働きがあります。ストレスが解消されると、睡眠もしっかりとることができるのです。加えて、適度な運動と適切な食事も大事です。


前原金一

風通しをよくするということは、部下の言うことをよく聞くということ。


山崎元

転職における失敗というのはその後十分にリカバーが効くし、決定的な汚点になるようなものでもありません。仕事の内容が予定通りなら人材価値は下がらないし、やり直しがききます。会社は1年で辞めてもいいし、何回辞めてもいい。ただし、私の中では2年という単位があります。ひとつのことを計画・実行するのに2年はかかるということと、個人の能力が身につくのに2年は必要だという経験から来ています。1年単位だと判断するには早い。2年間やって駄目ならその仕事は向いていないという判断ができると思います。


角田秋生

教育は人が全て。