ヴィルヘルム・ディルタイの名言

ヴィルヘルム・ディルタイのプロフィール

ヴィルヘルム・ディルタイ。ドイツの哲学者、神学者、精神史家。ナッサウ公国モスバッハ(のちのドイツ・ヴィースバーデン市)出身。ハイデルベルク大学を経てベルリン大学を卒業。ギムナジウム教師、文芸評論家、ベルリン大学講師、バーゼル大学員外教授などを経て、キール大学、ブレスラウ大学、ベルリン大学などで教授職を務めた。著作に『精神科学序説』『体験と創作』『近代ドイツ精神史研究』ほか。

ヴィルヘルム・ディルタイの名言 一覧

信頼は相手のために払った犠牲の質と量に比例する。


ヴィルヘルム・ディルタイの経歴・略歴

ヴィルヘルム・ディルタイ。ドイツの哲学者、神学者、精神史家。ナッサウ公国モスバッハ(のちのドイツ・ヴィースバーデン市)出身。ハイデルベルク大学を経てベルリン大学を卒業。ギムナジウム教師、文芸評論家、ベルリン大学講師、バーゼル大学員外教授などを経て、キール大学、ブレスラウ大学、ベルリン大学などで教授職を務めた。著作に『精神科学序説』『体験と創作』『近代ドイツ精神史研究』ほか。

他の記事も読んでみる

宮内寿和

いったい、誰のための家づくりなんや、ということをもう一度考え直さなあかんと思うんですわ。木組みとか伝統構法とか、自分の大工としてのこだわりを満足させるためだけの家づくりじゃあかん。自分を頼って家をつくってくれと言ってきてくれはったお施主さんに満足してもらうことをまず第一に考えなあかんのです。


松下幸之助

なんとしても二階へ上がりたい。どうしても二階へ上がろう。この熱意がハシゴを思いつかせ、階段をつくり上げる。上がっても上がらなくてもと考えている人の頭からは、決してハシゴは生まれない。


樋口潮

最後に勝つ人間と負ける人間の差は精神力の差。技や体力は優れていて練習ではすごいタイムを出す人も、本番で心が折れダメになる人は多い。つまり「オレはコレをやるんだ!」と思いこんで突っ走る人間には敵わない。


藤田晋

プロダクトの改善を重ねるのは当然ですが、どうしても途中で伸び悩む時期が出てくる。そういう時には根本的に仕組みを見直す打開策が必要です。


池上彰

いろんな世界で成功された方って、皆さんブレない。


伊藤邦雄

コスト削減のために、品質を下げ、機能も下げるようでは決してうまくはいきません。品質を下げないでどれだけ価格競争力を持たせるか。これがグローバル企業の条件なんです。


冨安徳久

今の日本には命の重みや周りに助けられている感謝の気持ちが欠けていると思います。自分は多くのものを与えられているという気付きが、「生きる」ことに繋がるのです。


谷田千里

社内の環境を変えれば、社員の意識も変わる。


辻本憲三

トップは現場に足しげく通うのではなく、判断するために存在しているのです。


岡野あつこ

夫婦問の信頼とは愛情や感謝の気持ちを伝え合うことから始まります。毎日とは言いません、結婚記念日、誕生日、クリスマスなどにかこつけて「ありがとう」の一言を。


中村貞裕

「1×100=100×1」。ひとつの世界を100突き詰めるのがプロだが、自分のように広く浅く、1を100持てば同じではないか。


所ジョージ

私だってデビュー当時はまだギャラが少なくてね。月に10万円ももらえないぐらい。だけど、ラグーナって外車をポンとローンで買ってしまいました。毎月の収入のほとんどはその支払いで消えるんですよ。あとはほとんど残らない。だから、「車が動かないと仕事に行けない」なんてオフクロにお願いして、しばらくガソリン代をもらってた(笑)。それも実家から通っていたからできたことだけど、自分が今いる環境で、どうしたら最大限に楽しめるかつて考えて、工夫してみれば方法はあるわけよ。


村井史郎

どんな時代であれ、私は人の信頼を得ることがすべてのベースやと思います。


桑原祐

ロジカルシンキングだけでビジネスの判断はできません。ロジックだけで判断できるなら、頭のいい子供でも名経営者になれるはずですが、そういうわけにはいかないでしょう。経験、知識、さらには直感といったものも、ビジネスではとても大事です。


本間正人

女性の多い職場では「横並び意識」が強い傾向があり、結果を出した部下を人前で褒めたほうがいい、とは言い切れません。褒められてうれしいプラス面よりも、同僚から「ねたみ」「やっかみ」を受ける気苦労、マイナス面のほうが大きい場合もあります。


ページの先頭へ