ヴィットーリオ・アルフィエーリの名言

ヴィットーリオ・アルフィエーリのプロフィール

ヴィットーリオ・アルフィエーリ。18世紀イタリアの劇作家、詩人。イタリアで貴族の子として生まれた。フランスの文豪スタンダールに影響を与えた。主な作品に『クレオパトラ』『バスティーユ抜きのフランス』『フランス嫌い』『僭主論』

ヴィットーリオ・アルフィエーリの名言 一覧

死のうとするよりも、生きようとすることの方が、ずっと勇気を必要とする試みだ。勇気の試練は死ぬことではなく、生きることだ。


人間誰しも過ちを犯すものだが、犯罪に対して感じられる悔恨は、悪人と有徳者を区別する。


ヴィットーリオ・アルフィエーリの経歴・略歴

ヴィットーリオ・アルフィエーリ。18世紀イタリアの劇作家、詩人。イタリアで貴族の子として生まれた。フランスの文豪スタンダールに影響を与えた。主な作品に『クレオパトラ』『バスティーユ抜きのフランス』『フランス嫌い』『僭主論』

他の記事も読んでみる

赤川次郎

作家になりたての頃、自分の書籍が600冊も出るなんて夢にも思っていませんでした。今も締め切りに追われる毎日ですが、望まれる限り、生涯現役を続けていきたい。


鈴木信之(経営者)

これまでの常識、これまでの当たり前、前例という名の規律は、健全に疑い、必要ならば壊すということをしなければ、時代に取り残され、その組織は哀れな末路を辿らざるを得なくなる。


篠原菊紀

サルを使った実験では、いつも必ず得られる報酬には慣れて、反応がなくなる。つまり報酬を与えられてもそんなにうれしくなくなってしまう。では、やる気を維持するためにはどうすればよいか。報酬は2回に1回くらいがいいということです。「あれ? 褒められない」という失意があったほうがドーパミン神経はきちんと反応し続ける。最初は立て続けに褒める必要がありますが、ある時点からは褒めたり褒めなかったりする。これは教育的効果ももたらして、ちょっと我慢する機会を与えると、セロトニン神経の活動が高まり、次の報酬をイライラせずに待てるようになる。


杉村太郎

最近、「お金持ちになりたい。セレブになりたい」という人も多いじゃないですか。でも、どれだけ稼ぎたいのかと聞いてみると、「うーん、百億ぐらい」といって、マスコミが流す漠然としたイメージでしか答えられなかったりします。本気で望んでいれば、そんな答えはあり得ません。


三ツ木紀英

自分なりに解釈を生み出すことと、根拠を考えることが鑑賞力の基礎になる。これを繰り返すうちに、アート作品に限らず、物事や情報を批判的に解釈する思考パターンができてくる。


内海哲也

試合のストレスはその日の夜に晴らします。あんまり考えるとドツボにハマるだけ。忘れることです。知り合いのマスター、友達にグチを聞いてもらう(笑)。そして次の登板はまっさらの状態で臨みます。


竹内圭(経営者)

社員の幸せを叶えることが、質の高い仕事につながり、お客様により高い価値を提供できる。


植松富司

私は昔からコンサルタントを信用していません。彼らの言うとおりにしたら、大変な損失を被っていたことがいくつもあるからです。


岩田松雄

経営をするときは、できるだけ多くの店舗を訪問するようにしました。それでも頻繁に訪問することは不可能なので、店舗のリーダーあてにメールで「社長からの手紙」を送り続けました。社長室とお店との距離を縮めることで、理念、ミッションの深化、浸透を図りたかつたのです。


島正博

何かを作る際には、あまり時間をかけません。こういうのはヒラメキなのです。


津田久資

多くの人は「とりあえず情報収集」と、いきなり動きはじめます。これが大きな間違い。無限にある情報の中から、どうすれば必要な情報だけを選択できるのでしょうか。そういう人は無意識のうちに情報収集の範囲を設定してしまっている。


ポール・ヴェレーヌ

生きることにも疲れ果てて死ぬのはなおさら恐ろしく、漂流する小舟さながら、波のまにまに打ち揺れて魂は船出する。悲しい難破へ船出する。


力道山

男が人の上に立って成功するには、方法はたった一つしかない。それは過去に誰もやったことのないことを、一生懸命やることだ。


高橋弘(経営者)

「営業」とは、お客さまのニーズを掘り起こすことで、「今不足しているものの気付き」を少し提供すること。そうすることで、お客さまは喜んだり、ライフスタイルが変わったりする。


斎藤広達

M&Aは企業活動の基本をすべて押さえないと学べない。今でも、M&Aに関わるたび、「経営」を「俯瞰」することの重要性と難しさを痛感させられる。M&Aのコンサルティングには、当該企業が手がけるほぼすべての活動領域について深い知見が必要。そのうえで、その企業の最大の強みが何なのか、本質をつかむ。収益の見通しを冷徹に計算する一方で、企業文化やその業界に特有の慣習、気質を理解する繊細さも求められる。


ページの先頭へ