名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

ヴィクトール・フランクル(ビクター・フランクル)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヴィクトール・フランクル(ビクター・フランクル)のプロフィール

ヴィクトール・エミール・フランクル。ビクター・フランクル。オーストリアの精神科医、心理学者。ユダヤ人。第二次大戦中、ナチスによって強制収容所に送られたものの終戦でなんとか生き残る。収容所の壮絶な経験を書いた著書「夜と霧」は17か国で翻訳され、人々にいまなお大きな影響を与えている。

ヴィクトール・フランクル(ビクター・フランクル)の名言 一覧

どの時代にもそれなりの神経症があり、底知れない無意味感に悩んでいる。


人生の意味を問うてはいけない。人生に意味を問われているのだ。


人間が生きることには、常に、どんな状況でも意味がある。


苦悩があるから、成熟する。苦悩したからこそ、新しく成長できる。喪失、艱難(かんなん)、苦悩は、人に豊かなものを与えてくれる。


成果がなかったということは、無意味だったということではない。たとえば、恋愛に成功しなかったということが、無駄だったとか、心を痛めただけだったということを意味しているのではない。なぜならば、その苦悩の中で人はたくさんのものを得るからだ。


人生における使命というものは、つくるものではなく発見するものである。すべての人は人生における独自の使命あるいは仕事を持っている。その点において、誰もその人の代わりになることはできないし、代わりの人が自分の人生を反復させることもできない。したがって、すべての人に与えられている使命とそれを実施する機会は、その人独自のものである。


ヴィクトール・フランクル(ビクター・フランクル)の経歴・略歴

ヴィクトール・エミール・フランクル。ビクター・フランクル。オーストリアの精神科医、心理学者。ユダヤ人。第二次大戦中、ナチスによって強制収容所に送られたものの終戦でなんとか生き残る。収容所の壮絶な経験を書いた著書「夜と霧」は17か国で翻訳され、人々にいまなお大きな影響を与えている。

他の記事も読んでみる

西野浩輝

自分を褒めてくれそうな人と会って、自分に自信をつけるといいでしょう。せっかくなら最近合っていない人と会えば一石二鳥。


佐々木典士

部屋やデスクを埋め尽くしていたたくさんのモノと決別した結果、代わりに手に入れたのは「行動力」でした。モノの雑音がなくなったことで、自分がやりたいことに敏感になり、最小限のモノしか持っていないので、身軽に身ひとつで動けます。自分が行きたいイベントやライブに出かけたり、旅に出たり、会いたい人に会いに行ったり。モノに費やしていたお金やエネルギーが、そのまま経験に活かされるようになったのです。


伊藤由美

最初に仕えたママが1日も休まない主義だったのです。それで私も「休まず」の信念を貫き通しています。それは、いつ何時どなたがいらっしゃるか分からないので、お店を休んでいては始まらないのです。そして休めないことが前提とされ、自己管理能力が高められると思うんです。


柳井正

社員の長所を伸ばして活かすのも経営者の仕事。


小松俊明

仕事が速いけれど雑なタイプは、一週間後でも間に合うものを、ろくに見直しもせずすぐに出してしまう。それは、「早く出すのが優れている」と勘違いしているからだ。こういうタイプは、質を高めるために粘るのが面倒で仕方がない。だから早く提出することでごまかそうとする。こういうタイプには、「いくらすぐに出てくる牛丼屋でも、ものすごくまずかったら客は入らないだろう。一定のクオリティを担保するためには、期日までたっぷり時間を使って、じっくりやれ」と言うしかない。


小林達夫(経営者)

当社の特徴を一言で言ったら真面目な仕事ぶりです。それは父の残した社風だと思います。父は常に「手抜きをしてはダメだ。準備を万端にし、後は状況判断を的確にすることが生き残りの道だ」と口酸っぱく言っていました。


大橋未歩

相手の本音や弱音を引き出すのは一朝一夕ではいきません。「本心を聞かせてください」といきなりマイクを向けたところで、誰も簡単には本心など明かしてくれないからです。一流選手であればなおさら、相手が自分たちのことをどれだけ勉強し、どれだけ真剣に知りたいと思っているのか、本心を明かせる相手かどうかを冷静に見極めています。相手の本心を引き出すには、相手との信頼関係が一番大切だと思います。


伊坂幸太郎

たしかに僕は「いやー、これはわかんないですね」というのをよく書きますね(笑)。「わからない」という言葉ばかり出てくる。僕の場合、長編小説は自分のためのカウンセリングみたいなところがあるから「自分は今こういうことに関心があるんだ、わからないんだ」というのが出てくるんだと思います。


和田秀樹

みんなが共感する悪口は、職場の人間がどんなモノの見方や考え方をしているのか知るヒントになる。同調者の多い悪口が芸の域に達している人に対しては、自分もあまり道徳的になりすぎないほうがいい。


西山昌彦

大切なのは、行動に移す前につねに自問自答することです。


諸富祥彦

イライラしてしまったとき、可能ならすぐにその場を離れましょう。場所が変われば気分も変わる。そして、鼻から3秒かけて息を吸い、すぼめた口から8秒かけてゆっくりと吐く。これを完全呼吸といいます。感情コントロール法の一つです。


森下篤史

オレの人生も、トライの連続ですよ。36歳で独立してから、いろんな事業をやって、ことごとく失敗した経験もある。それでもトライはやめなかった。