名言DB

9425 人 / 110833 名言

ヴィクトール・フランクル(ビクター・フランクル)の名言

twitter Facebook はてブ

ヴィクトール・フランクル(ビクター・フランクル)のプロフィール

ヴィクトール・エミール・フランクル。ビクター・フランクル。オーストリアの精神科医、心理学者。ユダヤ人。第二次大戦中、ナチスによって強制収容所に送られたものの終戦でなんとか生き残る。収容所の壮絶な経験を書いた著書「夜と霧」は17か国で翻訳され、人々にいまなお大きな影響を与えている。

ヴィクトール・フランクル(ビクター・フランクル)の名言 一覧

どの時代にもそれなりの神経症があり、底知れない無意味感に悩んでいる。


人生の意味を問うてはいけない。人生に意味を問われているのだ。


人間が生きることには、常に、どんな状況でも意味がある。


苦悩があるから、成熟する。苦悩したからこそ、新しく成長できる。喪失、艱難(かんなん)、苦悩は、人に豊かなものを与えてくれる。


成果がなかったということは、無意味だったということではない。たとえば、恋愛に成功しなかったということが、無駄だったとか、心を痛めただけだったということを意味しているのではない。なぜならば、その苦悩の中で人はたくさんのものを得るからだ。


人生における使命というものは、つくるものではなく発見するものである。すべての人は人生における独自の使命あるいは仕事を持っている。その点において、誰もその人の代わりになることはできないし、代わりの人が自分の人生を反復させることもできない。したがって、すべての人に与えられている使命とそれを実施する機会は、その人独自のものである。


ヴィクトール・フランクル(ビクター・フランクル)の経歴・略歴

ヴィクトール・エミール・フランクル。ビクター・フランクル。オーストリアの精神科医、心理学者。ユダヤ人。第二次大戦中、ナチスによって強制収容所に送られたものの終戦でなんとか生き残る。収容所の壮絶な経験を書いた著書「夜と霧」は17か国で翻訳され、人々にいまなお大きな影響を与えている。

他の記事も読んでみる

陰山英男

私は学生のころ、アナウンサーを目指していました。ところが試験に合格できず、しかたなく教師になったんです。最初から望んで教師になったわけではないのですが、成功体験を積み重ねて、仕事が面白くなりました。


北上弘明

起業に必要なものは100%、アイデアだと思います。第三者の作為で多くの大手企業が風評被害を受けていた。業績や採用にも関係する部分なので企業のウェブ上の風評被害を解消する事業なら需要があると考え事業化しました。


美崎栄一郎

講演会やセミナーに出席する目的は、聞いた話から新しい知識や気付きを得ることです。それならば、講演内容のすべてを覚えていなくても、何かひとつだけでも得られたという手ごたえがあればいいわけです。その意味では、セミナーの前に「今日は何を持って帰るか」と課題設定しておくのも効果的です。


松本大

ビジネスでも何でも、成功するために一番大切なことは継続することです。そのためには、とにかく気持ちをくじけさせないのがポイントです。


早川種三

企業の倒産を招く原因の多くは、経営者の怠慢です。利己的な経営や放漫経営が会社のタガを緩め、社員の勤労意欲をなくさせているケースが多いのです。上から下まで自己主張にばかり明け暮れているから倒産するのです。みんなが自我を捨て、滅私の努力をすることによって会社あるいは社会が成り立っているのであり、ひいてはそれが自分のためになるのです。


小飼弾

文章の上達のために、仕事で求められる文章だけでなく、日々感じたことをツイッターでアウトプットしてもいいでしょう。短い文章でも、書き続ければ、いずれはクリティカルマス(成果が一気に跳ね上がるポイント)に達します。それを信じて、まずはひたすら書き続けることです。


松坂大輔

球種の追求とかトレーニングの方法、マウンドでの駆け引き、あるいは捕手や野手陣の動かし方など、仮説を立て、実験して、結果を求めて、それを分析して、実際にやれるかどうか見極めるという一連の作業が好きなんだよね。


大山健太郎

我々は家電製品に限りませんが、ユーザーインで、消費者目線で「なるほど感」がないと開発しません。家電製品はコモディティー製品ですから、「なるほど感」と「値頃価格」が大きな購買動機になります。


西田東作

貧乏から何とか抜け出したいという気持ちが、一番やる気を起こさせた。


長谷川武彦

短いサイクルで目標管理をし、給与体系も成果主義を導入する企業が増えています。成果主義とはいえ、エンジニアは与えられた課題を愚直にこなすだけではなく、みずから課題を創造していかなければなりません。たとえ、上司が理解してくれない課題であっても、自分自身がプライドを持って取り組める目標を持つべきです。それは、なかなか評価されにくいかもしれない。でも、三年後には、きっと上司は私に感謝するだろう。と心の中で思っていればいい。それがエンジニアのプライドだし意地だと思います。