ヴァレリー・カルピンの名言

ヴァレリー・カルピンのプロフィール

ヴァレリー・カルピン。プロサッカー選手(MF)、監督。エストニア・ナルヴァ出身。地元のクラブチームを経てスパルタク・モスクワに移籍。ロシア代表としても活躍。

ヴァレリー・カルピンの名言 一覧

人を敬う気持ちというのは、サッカーでは時として邪魔になる。


ヴァレリー・カルピンの経歴・略歴

ヴァレリー・カルピン。プロサッカー選手(MF)、監督。エストニア・ナルヴァ出身。地元のクラブチームを経てスパルタク・モスクワに移籍。ロシア代表としても活躍。

他の記事も読んでみる

坂本孝

パート・アルバイトを多く採用し、彼らの力で企業力をつけようと考えたのも一つのポイントです。無判断、反復採用ではなく、彼らの質を高めるトレーニングをしました。みんなで一緒に研究し、彼らの中から店長を作りました。パート・アルバイトを積極的に取り入れる。それがブックオフが他との競争に勝てるモデルの基礎だと私は思っています。


山崎直子

私が目標を見失ったら、周りにいる人も道に迷ってしまう。何年かかるかわからないけれども、焦らないで、いずれは宇宙へ到達するという目標を持ち続けていました。


加島禎二(加島禎二)

部長になれる人は相当なエリートだ。複数の部門で実績を積み、経営的な視点を有していたりする。こういう人はともすれば背景を考えずにいきなり変革の理想を掲げてしまう。周りはなぜ変えなければいけないのか腑に落ちず、現場の理解が得られない状況が生まれてしまう嫌いがある。まず部長が不文律がどんなルールや条件、基準の上に成り立っているのかを把握しなければいけない。結局、不文律は人が生み出しているので、部の中にどんな人がいて、何を考え、何をしているのかを捉える必要がある。これをすっ飛ばしてアジェンダ(予定表)を設定し合宿などを始めてしまうと挫折する。


林野宏

私は、世界のクレジットビジネスを変えたい。日本におけるシェアも、当然変えてしまいたい。カードに対する人々の価値観も変える。それが今後のテーマです。


小堺一機

『いただきます』が『ごきげんよう』になって、いろいろと番組が変わっていく間、30代、40代の僕は何回か、辞めたいな。ムリだなと感じた瞬間がありました。その都度、プロデューサーの三宅恵介さんに、「僕もうめいっぱいです」「きついです」「器の中、水がいっぱいでもう何も入らないです」と伝えていたんです。そんなとき、あなただったらどう応えます? 三宅さんはいつもいいセリフを返してくれたんですよ。普通は言ってしまいそうになる、「小堺さん頼むよー」「ダメだよ、頑張ろうよ」といった引き止める言葉は口にしないんですね。その代わり、「あれれれ! どうしよう? 困っちゃうなぁ……、俺」「ちょっと待ってて、企画考えるから」って。そうやって生まれたのが、サイコロトークで、なにより長く一緒に仕事をしていて、好きな人が素直に「困っちゃう」と言ったら、困らせたくないと思うでしょう。好きな人が困っているところは見たくないから。そう思えるのは、相手が真剣にこちらのことを考え、心を動かしてくれたとわかるからです。


松本晃(経営者)

いきなり良い言葉が浮かんでいるかというと、そうではありません。でも、ずっと考え続けていれば、金メダル級とはいかなくても、銅メダル級くらいのメッセージは出てくる。そうしたメッセージを実際に使ってみて、相手に響いているか、反応を見て、良いものだけを選び出している。


中村崇則

当社の製品は、月額料金制のためお客様に末永く使っていただく必要があります。買いきりではないからこそ、顧客満足を高めなくてはなりません。顧客の声を聞き、使い勝手の改善や機能追加などのバージョンアップを繰り返し、サポートに注力する理由も、すべては顧客満足を高めるためです。


東英弥

事業の種は無数で、アイデアには無限の可能性がありますが、そこには「シンクロニシティ(共時性)」という意味のある偶然の一致が存在するように思います。


澤上篤人

普通の人の感覚を失ったら、投資家は駄目になる。


福井晴敏

人間が幸福になるための「経済」というものが、人間をどんどん不幸にしている。そろそろそのルールに対して、懐疑的になってもいいんじゃないかと。ただやみくもに反対するのではなく、ちょっとモノの見方を変えてみませんかということです。


松山淳(コンサルタント)

自分は大学からラグビーを始めた初心者なので、初心者がキャプテンに指名されるとは思いませんでした。でもラグビーの実力では勝負できないからこそ、おバカでスキだらけの自分のキャラを、武器にしていこうと思えた。開き直って素のバカな自分をそのまま出したら、かえってチームがまとまって部の歴史に残る戦績になった。


塚越寛

急がず、ゆっくり、末広がりに。それが私の考える、会社のあるべき姿。


ウォーレン・バフェット

投資による十分な利回りを得るためには投資のエキスパートである必要はない。エキスパートでない場合は、自分の限界を認識して、道理にかなった収益を確実に拳げられるコースを選ばなければならない。


家入一真

ビジネスのアイデアが生まれるのは、外部の人とコミュニケーションをしているときだけです。一人で考えていても、アイデアなんて生まれてきません。自分とは職業も年齢も経歴もまったく異なる人と会話をするなかで、自分の価値観とのギャップが生まれる。そこにアイデアのヒントが隠されているのです。会社員の方々も、社内の上司や同僚と飲みにいく回数を減らして、外の世界の人たちと会う機会を増やすだけで、みえる世界が大きく変わってくるはずです。


浅井恵一

謙虚に相手の立場でものを考えることで、信頼関係が生まれてくる。グローバルに限らず、あらゆるビジネスを成功に導くための鍵。


ページの先頭へ