ヴァイツゼッカーの名言

ヴァイツゼッカーのプロフィール

リヒャルト・カール・フォン・ヴァイツゼッカー。ドイツの政治家。ベルリンのギムナジウム卒業後、英オックスフォード大学や仏グルノーブル大学に留学。ドイツ国防軍で軍人となる。第二次大戦後は司法試験に合格。企業の法律顧問、銀行勤務などをしたのちキリスト教民主同盟(CDU)に入党。西ベルリン市長などを務めたのち、第6代ドイツ連邦大統領を約10年間務めた。大統領在任中、東西ドイツの統一を達成した。

ヴァイツゼッカーの名言 一覧

罪の有無、老幼いずれを問わず、我々全員が過去に対する責任を背負わされている。

ヴァイツゼッカーの名言|我々全員が過去に対する責任を背負わされている

過去に目を閉ざす者は、現在に対しても盲目となる。

ヴァイツゼッカーの名言|過去に目を閉ざす者は、現在に対しても盲目となる。

ヴァイツゼッカーの経歴・略歴

リヒャルト・カール・フォン・ヴァイツゼッカー。ドイツの政治家。ベルリンのギムナジウム卒業後、英オックスフォード大学や仏グルノーブル大学に留学。ドイツ国防軍で軍人となる。第二次大戦後は司法試験に合格。企業の法律顧問、銀行勤務などをしたのちキリスト教民主同盟(CDU)に入党。西ベルリン市長などを務めたのち、第6代ドイツ連邦大統領を約10年間務めた。大統領在任中、東西ドイツの統一を達成した。

ページの先頭へ