名言DB

9412 人 / 110637 名言

ワッキー(お笑い芸人)の名言

twitter Facebook はてブ

ワッキー(お笑い芸人)のプロフィール

ワッキー。日本のお笑い芸人。北海道出身。専修大学経済学部サッカー部に入部しプロを目指していたが膝を壊し断念。大学中退後、お笑いコンビ「ペナルティ」を結成。お笑いライブ、テレビのバラエティ番組などで活躍。

ワッキー(お笑い芸人)の名言 一覧

40歳過ぎたけど守りに入らず、攻める姿勢を持っていきたい。もっともっと売れたいという気持ちは変わっていません。


僕はテレビに出始めの頃は、シュートを決めて点を獲りたい一心でしたが空回り。番組の共演者の皆さんとチームプレーで、面白いものを作らなきゃいけなかったんです。


先輩から「お前は笑わせてるんじゃない。笑われてるんだ」とも言われます。でも、結果としてお客さんが笑ってくれればいいと僕は思っています。お客さんを笑顔にすることが僕らの一番の仕事ですから。


ずっと舞台で「お笑いの筋トレ」をしてたんです。来る日も来る日も、目の前のお客さんを笑わせ続けたからこそ、テレビに出る時もある程度自信がありましたね。ところが、いろんな番組の収録でネタを披露したり、面白トークしたのに、実際の放映ではカットされていることも多くて……。「劇場用」のお笑いの筋肉ばっかりつけすぎていたんですね。


ワッキー(お笑い芸人)の経歴・略歴

ワッキー。日本のお笑い芸人。北海道出身。専修大学経済学部サッカー部に入部しプロを目指していたが膝を壊し断念。大学中退後、お笑いコンビ「ペナルティ」を結成。お笑いライブ、テレビのバラエティ番組などで活躍。

他の記事も読んでみる

松下正幸

新しい事業を始めることはできても、今までやってきた事業をやめるという考えは、なかなか下からは上がってこない。トップにしか決断できないことです。それに、その事業に長いあいだ携わってきた人たちの苦労を考えると、撤退すると言い出しにくい点もありますね。


泉谷直木

入社して最初の職場は、博多工場の倉庫担当でした。他の同期が背広を着て、ネクタイを締めて仕事をしている。一時は気持ちがぐらぐらっとしました。ただ、そのときに父親から言われた言葉を思い出したんです。「サラリーマンは10年は修行だ」と。そして、「とにかく言われたことを積み上げて、それからものを言え」と怒られ、「それまでにケツを割ることは許さん」と。これは効きましたね。


桜井章一

人間だから、不安を完全になくすのは無理だろう。しかし、危ない状況を自ら楽しむ意識があれば、不安はうんと小さくなる。


丸山輝

他社がやりたがらない。そこが当社の強み。


鈴木喬(経営者)

努力したって未来は保証されない、それが現実です。だからこそ、「今日はダメでも、あしたはあしたの風が吹く」と楽観していられる脳天気さが大事です。


村瀬治男

日本でも話したから伝わったと思っていたら、それは自分の思い込みで、相手は別の意味で勝手に解釈し、結局、後始末に追われることが結構あるはずです。面倒でも確認は必要なプロセスなのです。私の場合は聞き手の表情です。人間は正直で、理解したか、理解できていないか顔にすぐ表れます。


安田隆夫

上に立つ者の心得としては、とにかく部下の長所を伸ばしてやること。


遠藤功

いくら英語がペラペラでも、コンテンツを持たない薄っぺらな人とは誰も話したいとは思わないでしょう。日本人としての意見をしっかりと持つことのほうが、綺麗な発音にこだわるよりも重要だと私は思います。


吉田秀雄

自信を持て。自信がないから君の仕事には迫力も粘りもない。そして厚味すらがない。


篠原欣子

奇をてらって何かをやってみようとか、買収して成功させようということは考えず、とにかく真面目に行うことが大切です。人材ビジネスは人を扱う仕事です。人を扱う仕事は真面目に取り組んで、そこから信頼を得ることができなければ続きません。これこそが一番大切にしていることだと思います。


西山逸成

僕はパン職人でもあるが、プロデューサーなんです。料理やパンをつくるだけでなく、ディレクターであり、プロデューサー。今の僕の立ち位置はディレクションが9割で、パンづくりは1割。


新井直之(執事)

大富豪の時間術が最も端的に表れるのが10分間会議です。会議は討議するための場ではなく、すでに出た結論を承認する場だと考えています。出席者が何か提案する場合、10分しかなければ相当な準備が必要です。充分にリサーチし、資料づくりもプレゼンの組み立ても完璧にします。関係者への根回しも欠かしません。ほかの出席者も、事前に資料をしっかり読み込んできます。全員の準備が徹底されてこそ、10分会議は可能になるのです。


大前研一

勉強するといっても、そのために会社を辞めてしまうのはお勧めできない。仕事を続けながら、アフターファイブや週末を使って学習したほうがいい。学んだことをすぐに仕事に反映させられるからだ。


中村雅知

多くの人と事実を共有し、理解を得ることで、その後の業務をスムーズに進めることができます。これはリストラだけでなく、ほかの業務にも言えることだと思います。


佐藤オオキ

僕は、モチベーションはコントロールできないと考えています。だから、好きなおかずを選べるビュッフェのように、やりたい仕事を自由に選べる状態にしておけばモチベーションは落ちにくいし、飽きない。1つのプロジェクトの作業をやり続けるのはつらいけど、複数のプロジェクトを同時並行で取り組むメリットは、まさにその「飽きない」ということなんです。