名言DB

9412 人 / 110637 名言

ワシントン・アーヴィングの名言

twitter Facebook はてブ

ワシントン・アーヴィングのプロフィール

ワシントン・アーヴィング。19世紀のアメリカの作家、弁護士、外交官。15世紀スペインに関する本や、ジョージ・ワシントン、ムハンマドなどの伝記を書いた。「ジョフリー・クレヨン」「ディートリヒ・ニッカーボッカー」「ジョナサン・オールドスタイル」などのペンネームも用いた。ティム・バートン監督制作の映画スリーピー・ホロウの原作となった『スリーピー・ホロウの伝説』の著者

ワシントン・アーヴィングの名言 一覧

偉大な人間は目的を抱く。凡人は願望を抱く。


心の狭さは逆境に手なずけられるが、心の広さはそれに打ち勝つ。


良きにつけ、悪しきにつけ、変革にはある種の救いがある。


今日の英雄は、我々の記憶から昨日の英雄を押しのけてしまうが、やがて明日の後継者に置換される。


変化は人にある種の安堵感を与える。たとえそれが事態のいっそうの悪化を招くものであったとしても。駅馬車で旅をしていて気がついたのは、環境を変えて新しい場所でボロボロになることに快適さを見出す場合も少なくないということである。


ワシントン・アーヴィングの経歴・略歴

ワシントン・アーヴィング。19世紀のアメリカの作家、弁護士、外交官。15世紀スペインに関する本や、ジョージ・ワシントン、ムハンマドなどの伝記を書いた。「ジョフリー・クレヨン」「ディートリヒ・ニッカーボッカー」「ジョナサン・オールドスタイル」などのペンネームも用いた。ティム・バートン監督制作の映画スリーピー・ホロウの原作となった『スリーピー・ホロウの伝説』の著者

他の記事も読んでみる

春日潜庵

人生で最初にやらなければならないことはたった一つ。それは志を立てること。


藤原智美

消防士が登場する小説を書くためにインタビューをするとします。そのとき、「なぜ消防士になろうと思ったのか」といった内面的な話は聞きません。そうではなく、消防服を着たときはどのような感じがするのか、ホースの重さはどうかといったディティールに徹底的にこだわります。事例やエピソードは、具体的に書くほどリアリティが出て、読み手に響くのです。


志賀俊之

企業を1つの箱とすると、企業の中には色々なモノ(事業)が入っています。その箱の中のモノを一旦外に出して、別の企業のモノとうまく組み合わせれば、事業を強くすることができます。


スティーブ・ジョブズ

ドイツのミーレ社はプロセスをじっくりと考えた。同社が開発した洗濯機や乾燥機のデザインは素晴らしい。これらの製品には、ここ数年どんなハイテク機器にも感じたことのない興奮を覚えた。(覚書き|ドイツのミーレ社=ドイツのデザイン家電メーカー。スタイリッシュな生活家電を販売し、成熟市場で急成長を遂げた会社。他にないデザインで付加価値を付け、高い値段でも買う客層にフォーカスしている)


岡田元也

お客様が変わる以上、変化対応が当たり前でなければ小売業はできません。だから我々としては、「企業内起業家」というものが一番重要だろうと考えています。


齋藤孝(教育学者)

ビジネス文書では、最初に結論を持ってくる方法も有効です。一般的に文章は起承転結で書くべきだといわれますが、ビジネス文書に小説のようなドラマチックな展開は必要ありません。忙しい人ほどいきなり本質を知りたいはずですから、むしろ「起」や「承」を省いて、最初に「結」を持ってきた方が喜ばれます。


高橋宣行

企画書などの見出しを書いたら「本当にそれで伝わるかどうか」、考えてみてください。


筒井康隆

いくら市場が縮小しようが、文の芸術としての小説というものは細々とながらもずっと残ると思いますよ。


高橋英樹(俳優)

自分を成長させたいと思うなら、いかに自分を吸い取り紙状態にしていくかが重要です。仕組みとしてはとてもシンプルです。余裕を持ち、好奇心のおもむくまま、物事をとことんまで楽しむこと。嫌だなと思った瞬間から、成長はガクッと止まりますからね。新しいものを際限なく吸い込む。


パトリツィオ・ディ・マルコ

無名のブランドやデザイナーに投資するには勇気とガッツが必要です。危険を冒して挑戦する必要があります。


高松雄康

博報堂でテレビCMなどを担当していた当時は、今のようにデジタルで撮ってPCで編集するのではなく、撮った素材を編集スタジオに持ち込んで、映画も作れるような機材でCMを作っていた。すべての作業に立ち会わなければならなかったが、今ではその経験が生きている。


ウィリアム・A・コーエン

人々は、自分の人生において意味のあることをやりたいと考えています。ですから、物事を利益の最大化だけで判断しようとすれば、それについていこうとは思いません。


細田治(経営者)

現在はすぐに過去になります。最新設備は今日から老朽化が始まります。


石川康晴

ダメな人は、すぐに「何かのせい」にしてしまう。他人、他部署、あるいは事業そのもの……。こういう仕事ぶりだと、市場にどれだけ「追い風」が吹いていてもチャンスはつかめない。


ヴェルナー・バウマン

両社(バイエルとモンサント)の技術を組み合わせ、今後10年間で農業者の問題解決に適した製品ポートフォリオを開発していく。我々はこれを「顧客最適の農業ソリューション」と呼んでいる。ビッグデータを解析して人工知能を使うことで、収量増加、環境負荷の低減に貢献できる。