名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ワシントン・アーヴィングの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ワシントン・アーヴィングのプロフィール

ワシントン・アーヴィング。19世紀のアメリカの作家、弁護士、外交官。15世紀スペインに関する本や、ジョージ・ワシントン、ムハンマドなどの伝記を書いた。「ジョフリー・クレヨン」「ディートリヒ・ニッカーボッカー」「ジョナサン・オールドスタイル」などのペンネームも用いた。ティム・バートン監督制作の映画スリーピー・ホロウの原作となった『スリーピー・ホロウの伝説』の著者

ワシントン・アーヴィングの名言 一覧

偉大な人間は目的を抱く。凡人は願望を抱く。


心の狭さは逆境に手なずけられるが、心の広さはそれに打ち勝つ。


良きにつけ、悪しきにつけ、変革にはある種の救いがある。


今日の英雄は、我々の記憶から昨日の英雄を押しのけてしまうが、やがて明日の後継者に置換される。


変化は人にある種の安堵感を与える。たとえそれが事態のいっそうの悪化を招くものであったとしても。駅馬車で旅をしていて気がついたのは、環境を変えて新しい場所でボロボロになることに快適さを見出す場合も少なくないということである。


ワシントン・アーヴィングの経歴・略歴

ワシントン・アーヴィング。19世紀のアメリカの作家、弁護士、外交官。15世紀スペインに関する本や、ジョージ・ワシントン、ムハンマドなどの伝記を書いた。「ジョフリー・クレヨン」「ディートリヒ・ニッカーボッカー」「ジョナサン・オールドスタイル」などのペンネームも用いた。ティム・バートン監督制作の映画スリーピー・ホロウの原作となった『スリーピー・ホロウの伝説』の著者

他の記事も読んでみる

山田昭男

未来工業の会社の門には鍵がない。門衛用の小屋はあるが、門衛は雇っていない。さらに警備会社とも契約していない。つまり、泥棒がとても入りやすい状況だ。そのため、当社を訪問する人の多くが、「無用心だから門衛を雇ったほうがいい」とか、「警備会社と契約したほうがいい」などと忠告してくれる。しかしよく考えてもらいたい。たとえば門衛を雇ったら、ウチは正社員しか採用しないから、年間750万円のコストがかかる。警備会社と契約しても、それなりに経費がかかるのは間違いないだろう。仮に当社に泥棒が入ったとしても、不要な電灯を常に消して、一日中社内が薄暗くなっているような「ケチケチ経営」を徹底している会社だから、金目のものなんて何も置いていない。せいぜい古いパソコンが何台かある程度だ。つまり泥棒に入られるほうが、門衛や警備会社にお金を使うよりも安くすむ。実に単純な算数の計算だ。ついでに門の鍵を購入したら、それだってコストアップにつながってしまう。それなら門の鍵なんて買わなくていい。冗談のように聞こえるかもしれないが、コストダウンとはそのように考えるべきだと私は考えている。


ジェリー・ドリザス

プロフェッショナルなビジネスパーソンにとって最も重要な仕事は、自分の後継者の育成をしっかり念頭に置いて仕事をすることです。プロフェッショナルは、自分自身を成長させていくだけでなく、組織を育成できなくてはなりません。そのためには、意識的に後継者を育てることが、最も大切な仕事のひとつとなるのです。


大久保幸夫

「仕事が合わない」という考え方自体にも問題があります。どんな仕事でも、たいていの人は、普通にできるものなんです。よほど特殊な仕事でもないかぎり、ほとんどの人が人並みにこなせるようになる。仕事とはそういうものです。もしそうでないなら、適性よりやり方に問題があるはず。


出口治明

脳も人間の体の一部。筋肉を鍛えるように、脳も鍛えなければ賢くなるはずがない。


柳澤大輔

カヤックがITシステムなどを導入する際、長期契約を結ぶことはほとんどありません。多少、金額が高くてもなるべく短期契約を結んでいます。客観的に見ればそれもムダのひとつといえるでしょう。短期契約にこだわるのには理由があります。社員が物事を考えるきっかけになるからです。長期契約で導入すると、それがそのまま利用され続けてしまい、そのITシステムを導入した目的などが忘れ去られていく可能性が高くなります。「先輩社員が決めたことを続けていけばいい」という風潮になってしまうのです。それを避けるために短期契約を結び、契約更新のたびに見直しを行うようにしているのです。


伊藤美恵

アイデアの内容もさることながら、クライアントとの信頼関係がとても大事。良好な関係を築くために、会話ネタは準備せず、即興で話して相手が興味を引いた内容を掘り下げるようにしています。


谷口秀一(経営者)

先のことなんて全く分からない時代は、会議で相談しても正解なんか出ない。自分で決めてやりながら問題修正した方がいい。


杉江松恋

僕みたいな人間が全く文化の異なる世界に入ったら、どんなことになるのか。知らない世界に飛び込むのって不安もあるけど、ワクワクするじゃないですか。


福沢諭吉

猿に見せるつもりで書け。俺などはいつも猿に見せるつもりで書いているが、世の中はそれでちょうどいいのだ。


江上治

私は有名スポーツ選手から経営者まで、年収1億円超のクライアントを50人以上抱えていますが、彼らは皆ワガママ。同じコーヒーでも、200円のスタバではなくリッツ・カールトンの2000円。この差額は、心地よい空間を提供するサービス料です。そんな環境に慣れている彼らは、「ここまで尽くしてくれるか!」という感動がなければ心を開きません。普段からいろんな人が近寄ってきますから、非常に用心深く、何かを売りつけられるのを強く警戒します。目に見えない金融商品ならなおさら。「こいつに預けて大丈夫か?」という疑いの目で見ます。まず、彼らの心を開かなければなりません。ですから、私は商品の話は一切しません。相手が私にどんなことを期待しているか、何を欲しているかのリサーチとヒアリングを、事前に時間をかけて徹底して行います。秘書や受付、会社のナンバー2らにその人の性格や欲していることを聞き込み、本を出していればそれを読んでおく。こうした一歩目のアプローチで、勝負の9割は決まります。


本田健

いつもは見逃しているだけで、偶然という招待状は、誰のところにも届いています。バス停で、映画館やコンサートの会場で、信号待ちの交差点で……。そこに知った顔がいないかどうか、ちょっとあたりを見回してみてください。普段手にしない本や雑誌をめくってみてください。たまたま開いたページに、あなたが欲しかった情報があるかもしれません。


冨田和成

仕事のキャリアにつながる知識・スキル、健康な身体、様々なネットワークを生む人脈、自分自身のブランド力とも言い換えられる信用。これらは、個人が備えられる普遍的な能力で、これからの時代どんどん価値が高まっていきます。こうした能力を向上させることに時間とお金を費やすことが、長期的に見てお金に困らないために重要だと思います。