ワシントン・アーヴィングの名言

ワシントン・アーヴィングのプロフィール

ワシントン・アーヴィング。19世紀のアメリカの作家、弁護士、外交官。15世紀スペインに関する本や、ジョージ・ワシントン、ムハンマドなどの伝記を書いた。「ジョフリー・クレヨン」「ディートリヒ・ニッカーボッカー」「ジョナサン・オールドスタイル」などのペンネームも用いた。ティム・バートン監督制作の映画スリーピー・ホロウの原作となった『スリーピー・ホロウの伝説』の著者

ワシントン・アーヴィングの名言 一覧

偉大な人間は目的を抱く。凡人は願望を抱く。


心の狭さは逆境に手なずけられるが、心の広さはそれに打ち勝つ。


良きにつけ、悪しきにつけ、変革にはある種の救いがある。


今日の英雄は、我々の記憶から昨日の英雄を押しのけてしまうが、やがて明日の後継者に置換される。


変化は人にある種の安堵感を与える。たとえそれが事態のいっそうの悪化を招くものであったとしても。駅馬車で旅をしていて気がついたのは、環境を変えて新しい場所でボロボロになることに快適さを見出す場合も少なくないということである。


ワシントン・アーヴィングの経歴・略歴

ワシントン・アーヴィング。19世紀のアメリカの作家、弁護士、外交官。15世紀スペインに関する本や、ジョージ・ワシントン、ムハンマドなどの伝記を書いた。「ジョフリー・クレヨン」「ディートリヒ・ニッカーボッカー」「ジョナサン・オールドスタイル」などのペンネームも用いた。ティム・バートン監督制作の映画スリーピー・ホロウの原作となった『スリーピー・ホロウの伝説』の著者

他の記事も読んでみる

田中仁(経営者)

サングラスは試行錯誤を経て昨年から、ようやく売れるようになりました。一昨年までは、サングラスが日本人の購買行動になかなか結び付かなかった。日本では「悪い人」というイメージが強かったのかもしれませんね。「日常生活で普通に掛けてもいいもの」ということが、なかなか浸透しませんでした。おそらく、日本人の性格に同質化を求める傾向があるからだと思います。それが、サングラスを掛けている人が増えると、掛けてもいいものとどんどん広がる。その始まりが昨年なのかもしれません。ようやく地道な紫外線啓蒙、ファッションサングラス啓蒙活動か実を結び「普段から掛けていいもの」となった。特に今年は夏前に売り切れてしまい、販売ピーク時に店頭に在庫がないという状況になりました。


山田満(経営者)

当社の強みは地道に医療現場を回り製品を説明して回ったのと同時にユニークな商品、どこにもないような独自性を追求してきたことだと思います。


鈴木博毅

消費者に選ばれる指標を変えることがイノベーション。技術を積み重ねて消費者に同じ指標で選ばれるのが錬磨。練磨には限界がある。技術を磨くことが悪いわけではないが、それが通用しなくなる時期を見極めないと失敗する。


徳重徹

本当は、日本でもオイル&ガスや鉄道(のドローン測量)をやりたいのですが、「実績は?」とまず言われてしまいます。実績を海外でつくってからなら、やりようがあるかなと思います。海外の人にとっては、今でさえ人がいちいち見ていて非効率なわけですから、それをドローンで見て効率的にできるなら良いという発想が海外なら大手の会社でもあります。なので、我々はとにかく海外で実績を出し、日本にフィードバックしたい。


酒巻久

私は、人を採用するうえで大切なのは、まず相手の立場に立って考える優しさがあるかどうかということ、そして次に健康だと思っています。それが必要条件。頭がよいかどうかは、私に言わせれば十分条件です。


小宮一慶

目的に沿って多くの分野にアンテナを立てていれば、意識しなくても、知りたい情報がひっかかってくるもの。すると、これまで見逃していた有益な情報の存在にも、気づけるようになる。


藤井孝一

いくら頭が冴えているといっても、その時間を事務処理などに費やしてしまったらもったいない。クリアな頭で集中できる時間帯は付加価値を生み出す作業にあてるということを徹底することが、生産性を高め、収入増につながっていると見て間違いないでしょう。


鈴木雍

いつもこれじゃいかんという問題意識を持ち、内部体制の強化とサービスの拡充を考えろ。


石田建昭

当社は「学び続ける会社」でありたい。


高橋重幸(経営者)

ワンフロアで私も含めた全スタッフの作業が出来る環境に変えました。社長室をガラス張りにしたので、全スタッフの作業が見渡せて、全スタッフからも社長室が丸見えです。会議室もガラス張りで通路から丸見えになっています。その結果、社内全体の規律が統一され、ムリ・ムダ・ムラも一掃することができました。


堀紘一(コンサルタント)

高度成長時代というのは懐かしいし本当によかった。なにせ放っておいても経済は拡大する。拡大する経済は、自ら動かなくてもお客様から注文を運んできてくれた。増大する注文、売上に対応すべく素早く真面目に増産計画を立て、場合によっては新しい設備を入れる、人を雇う。仕事のやり方は、受け身が基本。ところが、いまのような低成長時代は前提条件がまるで異なってくる。待っていても注文は増えない。したがって、ビジネスマンは自分から動かなければならない。


岩崎裕美子

残業ゼロでも売上げが右肩上がりの秘密は、「差別化した商品作り」「広告力」「丁寧なサービス」の3つ。商品力、広告力、サービス力。どれかに秀でた会社は数多くあると思いますが、弊社はこの3つ全てで手を抜いていないため、「残業ゼロでも売上げ増」に繋がっているのだと思います。


田村哲夫

近道はありません。毎日コツコツやるしかない。


泉谷直木

我々の海外事業の戦略は何かというと、ポジション、これをどうして取るかです。ポジションをしっかり取っていくことが重要。


相原孝夫

評判が良い人とは、部下を叱らなかったり、ジョークや自己アピールが上手だったりする人ではありません。それはただの「いい人」や「面白い人」にすぎません。ましてや他の人の顔色ばかりうかがっていると逆効果になります。職場での人望とは、あくまで仕事に取り組むプロセスから生じます。


ページの先頭へ