名言DB

9419 人 / 110788 名言

ローレンス・サマーズの名言

twitter Facebook はてブ

ローレンス・サマーズのプロフィール

ローレンス・ヘンリー・サマーズ。アメリカの経済学者、財務官。ハーバード大学学長。28歳でハーバード大学教授となり、同大学の教授就任最年少記録を塗り替えた。クリントン政権で第71代アメリカ合衆国財務長官を務めた人物。そのほか、世界銀行上級副総裁なども務めた。専攻は財政学、労働経済学、金融経済学、マクロ経済学。マサチューセッツ工科大学卒、ハーバード大学大学院修了。

ローレンス・サマーズの名言 一覧

長期的に考えれば日本経済復活のカギは教育、そう、勉強することにあると思います。


教育と経済がどのように関係しているのか、ひとつの例を挙げます。学問の中で最も抽象的な分野は数学です。では、数学の中で最も抽象的な分野はなんでしょう?整数論です。では、整数論の中で最も抽象的な研究対象はなんでしょう?素数です。あまり知られていないことですが、現金自動預け払い機(ATM)がなぜきちんと動いているかというと、整数論の研究が進んだからです。電子商取引も整数論の進化と切り離せません。利益に直接結びつかないように思われがちな抽象的な研究でも、ちゃんと経済の強さにつながるわけです。


生涯教育の必要性はとても高まっています。これからは知識の時代です。長期的に見れば、経済を強くするうえで土地や機械以上に知識が重要です。そして、知識社会の中心に位置するのは大学です。一生学び続ける環境がなければ経済競争に勝てません。


私が28歳でハーバード大学の史上最年少教授になったのは1983年。当時、若かったこともありますが、「これで勉強は終わり。これからは教える立場」などとは思いませんでした。何と思ったかというと「よし、これからもっと勉強するぞ」でした。昨年からはハーバードの学長です。それでも「勉強するぞ」との気持ちは少しも変わっていません。


ローレンス・サマーズの経歴・略歴

ローレンス・ヘンリー・サマーズ。アメリカの経済学者、財務官。ハーバード大学学長。28歳でハーバード大学教授となり、同大学の教授就任最年少記録を塗り替えた。クリントン政権で第71代アメリカ合衆国財務長官を務めた人物。そのほか、世界銀行上級副総裁なども務めた。専攻は財政学、労働経済学、金融経済学、マクロ経済学。マサチューセッツ工科大学卒、ハーバード大学大学院修了。

他の記事も読んでみる

豊田章一郎

設備が同じでも、もっと効率的に作れないのか。それと、腕を磨くことには無限の可能性がある。
【覚書き:太平洋戦争終結10年後にドイツのフォルクスワーゲン社の工場を訪問した時、最新の設備に驚かされ、生産技術向上に力を入れることを決意したときの言葉】


田村公正

ビジネスマーケットでは、まず丁寧に一つひとつのサービスを提供していくことと、新たなサービスを着実に形にしていくことが大事。


元木昌彦

私がフライデー編集部に来た当初、韓国語、英語、中国語を操る東大卒の部員がグラビアの担当をしているのを知りました。本人に聞くと、本当は硬派な政治問題をやりたいとのことでした。すぐに配置転換をして国際担当をしてもらいました。


武田双雲

たとえば、ある商品のコマーシャル用に筆文字でロゴを書いてくださいという依頼が来た時、最初に考えるのは全員の中間に立とう、媒介者として最大公約数の答えを見出していこう、ということ。広告で使うロゴには、メーカーの想い、開発者の想い、コマーシャルを作る監督やプロデューサー、制作会社、間をとりもつ広告代理店の想いがあり、なにより視聴者の気持ちがあります。その複雑な力学の中に、武田双雲という書道家が入ることで新しい化学反応を起こしたい。入らなかったときよりも全員がハッピーになるには、どうしたらいいか。そんなことを常に考えています。


内藤誼人

私たちは笑える話を聞かせてくれる相手を好む。相手を笑わせるコツは、ホームランを狙わないことだ。大きなネタで、大きな笑いを狙うと、はずしたときのショックが大きい。小さな笑いを取れるだけで十分だ。小さい笑いを大切にするようにし、どんどん口に出してみるべきである。下手な鉄砲も数をこなすようにすると、そのうち一度や二度くらい笑ってもらえなくとも、それほど気にしなくなる。


米田功

お風呂が好きで、湯につかりながら紙にいろいろ書くんです。いま欲しい物、なりたいもの。書いているうちに自分自身がよく分かってきます。僕は車が好きで、あえて試乗会に行く。すると、やっぱり欲しくなる。今度の大会で優勝できたら賞金で買えるな、じゃあ頑張ろうとか(笑)。


太田光代

仕事では感謝されることの喜びに重きを置かない方がいい。プロとしてベストを尽くし、見返りを求めない。この姿勢が大事。


神田有宏

私の経営のテーマは規模をどれだけアドバンテージに変えられるか。そのための最大の武器は顧客データです。


アルバート・アインシュタイン

私の手元には、返事を出さなかった手紙ばかりがたまっています。人々はそのことで私に不満を抱きます。しかし、取り憑かれた人間はそうならざるを得ません。青年時代、私はここに座り込み、果てしなく思考し、計算し、奥深い秘密を解明しようとしていました。この偉大な世界と呼ばれる騒々しい世界には次第に興味を失い、世捨て人のようになっていったのです。


町田勝彦

株価を上げるために人員整理を行うのは会社経営ではない。メーカーの価値は生み出される商品で判断されるべきだ。私には、リストラを実行した会社の株価が上がるようなら、日本の製造業に未来はないという確信があった。株主を大切にすることに異論はない。企業にとって人材は最も重要な財産である。従業員もまた、株主と同等に大切にされるべきなのだ。