名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ローランド・ベルガーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ローランド・ベルガーのプロフィール

ローランド・ベルガー。ドイツの経営者。欧州大手コンサルティング会社「ローランド・ベルガー」創業者。ベルリン出身。ドイツのルードビッヒマクシミリアン経営大学院でMBAを取得。米系コンサルティング会社勤務を経てローランド・ベルガーを設立。同社を欧州最大のコンサルティング会社に成長させた。

ローランド・ベルガーの名言 一覧

今後は、我々の仕事のどこに付加価値があり、どこには付加価値がないのかということを真剣に考え直す必要があります。


私自身は、政府の関与というものをそれほど信用してはいません。民間企業の知恵こそが経済発展の原動力であることには変わりがないと思います。


私がコンサルティングを始めた頃は、仕事の価値の50%は、データの収集と分析にありました。ところが、今では誰でもデータにアクセスできる。単にデータを集める仕事に価値はなくなったのです。これから重要になるのは、データを分析し、解決策を見つけて実行するプロセスを、シームレス(連続的)に回す能力です。


変化はコンサルティング会社にとってチャンスだということです。なぜなら、新しい世界に企業が適応できるようにサポートするのが、コンサルタントの役割だからです。我々は生産性の向上や社員の再教育、組織作りの面で顧客を支援していきます。これがポジティブな変化です。


課題のひとつは、企業が自社に閉じたプラットフォームを作ろうとすることでしょう。データベースにしても通信プラットフォームにしても、シーメンスはシーメンスの、トルンプ(機械メーカー)はトルンプのプラットフォームを作ってしまいがちです。しかし、インターネットの発展から我々が学んだのは、オープンなプラットフォームが必要であるという事実です。


ローランド・ベルガーの経歴・略歴

ローランド・ベルガー。ドイツの経営者。欧州大手コンサルティング会社「ローランド・ベルガー」創業者。ベルリン出身。ドイツのルードビッヒマクシミリアン経営大学院でMBAを取得。米系コンサルティング会社勤務を経てローランド・ベルガーを設立。同社を欧州最大のコンサルティング会社に成長させた。

他の記事も読んでみる

岡崎富夢

同じことを繰り返すループからどうしたら抜け出せるか。考えた末に出した解決策は、自分がリーダーになることでした。


須田将啓

バイマは良くも悪くも、商品を出せば簡単に売れるようなサイトではないですね。品物の質が高く、きちんとセレクトされていなければ売れません。そうした部分を見ると、純然たるC2Cというより、セミプロがパーソナルショッパー(出品者)となっているB2Cに近いとも言えます。


奈良雅弘

出来事の意味を明らかにする思考、すなわち「解釈」もまた、感情の発生に関わっている。私たちが何かを評価するときには、出来事そのものでなく、いったんその「意味」を明らかにし、そのうえで「いい悪い」を評価することが多い。つまり、解釈し、見出した意味が「いい悪い」という評価につながると、感情が発生するのだ。


松田憲幸

どこに行っても役立つ汎用性のあるスキルを身に付けるべきだと思います。私の場合は英語がそうなんですが、学生時代に覚えた英語が、起業してから海外のパッケージソフトを導入するときなどに役立っています。でもそれだけじゃダメです。そういう強みを複数組み合わせ、オリジナリティーを発揮しなければなりません。


板井徹

タスク管理にマインドマップを使っています。TODOリストだとチェックする回数が増えて、逆に効率が悪いんです。マインドマップだと一目瞭然で、こなせる仕事量が1.5倍に増えました。


田中邦彦

創業時から「食の戦前回帰」を企業理念としてきました。その基本は「安全・美味しい・安い」です。全食材に化学調味料などを使わない、いわゆる「無添」に取り組んでいます。


奥田務

皆さんはぜひ、それぞれの分野での専門性を磨く努力をしてほしい。そうすれば、必要不可欠な人材として今の会社に頼られるでしょうし、転職して活躍する選択肢も生まれる。一つの分野に徹することで、「全体」も見えてきます。


工藤公康

プレッシャーがあるのは当たり前で、あとはそれを楽しむのか、押しつぶされるか。


神田昌典

感情を刺激して、相手の反応を誘発させる。そうすれば、お客さんからあなたに声がかかる。あなたを見つけることができるようになる。すると飛躍的に営業効率がアップします。


加留部淳

「他商社がやっているからウチもやる」ということはしない。我々の知見が活かせる事業領域や地域において「豊田通商らしさ」を発揮して、新たな価値の創出を目指す。


新田喜男

私たちは「アフターM&A」こそ重要だと考えています。お互いの価値観を尊重せず、覇権争いや片方のやり方に偏った場合、M&A成立後に企業価値は縮小してしまいます。買収後は新しい経営者の度量が試されるのです。


風間八宏

ふと、自分も周りの常識に流されていないか、と思ったんです。監督になった途端、選手時代に大切にしていたものを忘れてしまったかもしれない、と。自分が本当にしてきたことを思い出して、やってみようと思いました。