ローランド・ベルガーの名言

ローランド・ベルガーのプロフィール

ローランド・ベルガー。ドイツの経営者。欧州大手コンサルティング会社「ローランド・ベルガー」創業者。ベルリン出身。ドイツのルードビッヒマクシミリアン経営大学院でMBAを取得。米系コンサルティング会社勤務を経てローランド・ベルガーを設立。同社を欧州最大のコンサルティング会社に成長させた。

ローランド・ベルガーの名言 一覧

今後は、我々の仕事のどこに付加価値があり、どこには付加価値がないのかということを真剣に考え直す必要があります。


私自身は、政府の関与というものをそれほど信用してはいません。民間企業の知恵こそが経済発展の原動力であることには変わりがないと思います。


私がコンサルティングを始めた頃は、仕事の価値の50%は、データの収集と分析にありました。ところが、今では誰でもデータにアクセスできる。単にデータを集める仕事に価値はなくなったのです。これから重要になるのは、データを分析し、解決策を見つけて実行するプロセスを、シームレス(連続的)に回す能力です。


変化はコンサルティング会社にとってチャンスだということです。なぜなら、新しい世界に企業が適応できるようにサポートするのが、コンサルタントの役割だからです。我々は生産性の向上や社員の再教育、組織作りの面で顧客を支援していきます。これがポジティブな変化です。


課題のひとつは、企業が自社に閉じたプラットフォームを作ろうとすることでしょう。データベースにしても通信プラットフォームにしても、シーメンスはシーメンスの、トルンプ(機械メーカー)はトルンプのプラットフォームを作ってしまいがちです。しかし、インターネットの発展から我々が学んだのは、オープンなプラットフォームが必要であるという事実です。


ローランド・ベルガーの経歴・略歴

ローランド・ベルガー。ドイツの経営者。欧州大手コンサルティング会社「ローランド・ベルガー」創業者。ベルリン出身。ドイツのルードビッヒマクシミリアン経営大学院でMBAを取得。米系コンサルティング会社勤務を経てローランド・ベルガーを設立。同社を欧州最大のコンサルティング会社に成長させた。

他の記事も読んでみる

久保田隆(経営者)

日本人に必要なのが、リベラルアーツ、教養です。戦後の歴史教育のせいか、考え方や主張に軸がない。自国、そして相手の歴史を知らなければ、パートナーの文化や考え方を尊重しようと思ってもできません。


伊藤邦雄

日本で成功すると、他の国でも成功すると。つまり普遍であると思い込みたくなるんです。そういう誘惑がある。成功するということは、やはり思い込んで現状肯定になってしまいがち。たから権威主義になる。国内で成功してきた日本企業はそういうリスクをずっと蓄積してきている。だから、その権威をどう否定して、いつもどういうように真っ白になれるかということです。


椋木修三

あなたも、自分の趣味に関することはスラスラと頭に入ってきますよね。それと同じで、相手に関心があれば、必ず記憶できるもの。あるいは、人の顔と名前を覚えることがどれだけ人脈作りに重要かがわかっていれば、やはり本気で覚えようと思いますよね。「この人はどういう人なんだろう」と興味を持ち、覚えることのメリットを再認識する。それが記憶力を高めるスタートです。


琴坂将広

現在は急速に成長できる世界になったと同時に、持続的な競争優位を獲得することも、極めて困難な環境になった。


石原慎太郎

人間は、とくに男は、ある時、自らの弱さをかまえて、死ぬほどつらい、いやむしろ死んだ方がましだと思うほどの辛さを味わうことが必ずある。人は同情をかざしていろいろ言ってくれても、最後は自分ひとりぎりぎりの選択をしなくてはならぬ人生の時があるものだ。それに勝っても負けても、それをくぐらなくては一人前の競争者、一人前の勝負師、一人前の男にはなり得ない。


渡文明

机の上の勉強だけでなく、人との出会い、経験、行動、学ぶきっかけはたくさんあります。こちらが学ぶ気持ちを持っていれば、どんな事柄にも汲み上げるべきものは必ず潜んでいるに違いありません。


若生正廣

最初の10年くらいは思うようにいかなかったですね。春の甲子園に3回出場しましたが、いずれも初戦で敗退。夏は県予選を突破できず、どうしたらもっと強いチームを作れるのかと悩みました。その末に考えたのは、監督である自分が先頭に立って指導するそれまでのやり方ではダメだということでした。


倉岡寛

今後も世の中の不満・不便を解消できるようなサービスの提供を図っていきたい。


水野仁輔

小学1年生の頃に、地元浜松の「ボンベイ」というカレー屋に出会ったのが、カレーにハマるきっかけでした。高校卒業まで通いつめ、大学進学で上京した後もボンベイの味を求め、インド料理店でのバイトと食べ歩きをする日々。さらにカレーが好きになり、就職後も「東京カリ~番長」という出張料理集団を作って、公園やクラブで出張カレーイベントをしていました。これが注目され、料理教室の講師やレシピ本の執筆など想定外の展開に。とことんハマると、声がかかるのですね。


佐藤等

時間の使い方に関して、記憶は全く当てにならない。リアルタイムで細かく書き留めて、初めて現実が見える。私が初めて記録をとったとき、メールを書くのに業務時間の1割を費やしていると知り、ショックを受けた。


榊原英資

情報の相互依存性は、為替市場においても大切な考え方です。相互依存性は一回きりではなく、何度も繰り返されることが特徴です。こちらで発信した情報によって相手の行動パターンが変わる。それがフィードバックされてこちらに返ってくる。こちらもまた判断を改める。このような複雑な相互依存性の中で新しい情報を発信するときは、よほど相手の反応を見極めておかないと、効果が半減してしまうわけです。


カーリー・フィオリーナ

新しいリーダーが困難な目標を掲げたとき、誰かキーパーソンが挑戦に名乗りを上げなければならない。誰も手を上げないようなら、そのリーダーは無視されると考える他はない。変革を起こすために送り込まれた地位も権限もある人物が、現状維持派にそっぽを向かれ牙を抜かれてしまう例は珍しくない。リーダーは社長であれCEOであれ、部下に「変われ」と命令することはできない。リーダーの言葉を聞く、行動を見る、そして応えるかどうかを選ぶのは部下自身である。


川又克二

小さなジャンプをヒントにして、大きなジャンプに変えていくことが大切という気持ちをもって、未来に目を向ける積極的な若者に話をすることが多かった。


岡本欣也

皆さんが扱っている商品やサービスにも、心をつかむ数字が含まれている可能性が高い。商品スペックを読み込み、お宝を掘り当てましょう。


中井政嗣

私は目標や志を積み重ねることで、少しずつ前に進んできたというのが実のところだ。


ページの先頭へ