名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ローランド・シュミットの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ローランド・シュミットのプロフィール

ローランド・シュミット。アメリカの経営者。ゼネラル・エレクトリック上席副社長。ジャック・ウェルチの右腕としてGE復活に貢献した人物。

ローランド・シュミットの名言 一覧

優秀な人間が、まずい計画の欠陥を修正することはできる。しかし、その逆はまず不可能だ。


ローランド・シュミットの経歴・略歴

ローランド・シュミット。アメリカの経営者。ゼネラル・エレクトリック上席副社長。ジャック・ウェルチの右腕としてGE復活に貢献した人物。

他の記事も読んでみる

ドナルド・トランプ

ビジネスとは問題解決そのものだ。問題に対処し解決する姿勢を身につければ、成功の可能性は大きく広がる。


榎本まみ

ストレスを感じるのは、体が変化に適応しようとしているからだと書いてあったんです。それを知って、私のストレスも、仕事に適応しようと成長している証拠なんだと思えるようになりました。


松本淳志

エンジニアが成長へのモチベーションとして根底に持つべきものは、お客様に喜んでもらいたいという誠実な想い。


角野卓造

俳優はネガティブな存在と認めながら、思考はポジティブでやってきました。たとえば、演技を始めた頃から、これからは二枚目半や三枚目の時代が来るという予感を持っていました。舞台でシリアスな場面が続くと息が詰まってしまいますから、笑いをもたらす役どころは欠かせないんです。私の上の世代には、二枚目の俳優さんが多かった。だから二枚目半や三枚目の俳優が求められる気がしていたんです。そうでないなら、作ってしまえばいいとさえ思っていました。実際そうなり、私の一つ上の西田敏行さんや同い年の柄本明、笹野高史、佐藤B作はみな大活躍しています。


美月あきこ

同期の中で抜きん出て出世が早いような人は「短く、早く」大切なことを伝える話し方を意識していました。仕事のできる先輩や上司がいつも言っていたことは「時間の制約がある中でお客様は飛行機に乗っている。同僚たちも有限な時間の中で仕事をしている。その大切な時間を、まるで無限にあるかのように無駄に扱ってはいけない」ということ。だから、お客様に対するご案内の仕方、後輩に対する指示の出し方ひとつでも、だらだら話すことは絶対にNG。毎日出発前に行なうサービスブリーフィングと呼ばれる打ち合わせでは、「短く、早く」という話し方の鉄則を叩き込まれたものです。


西田一見

笑顔は成功のためのポイント。笑うと顔の表情筋によって脳に刺激が伝わり、プラス思考になる。


高岡浩三

ヒット商品作りの秘訣とは、解決すべき問題を探すこと。それを見つける経営の視点こそが全て。


山田昭男

未来工業の会社の門には鍵がない。門衛用の小屋はあるが、門衛は雇っていない。さらに警備会社とも契約していない。つまり、泥棒がとても入りやすい状況だ。そのため、当社を訪問する人の多くが、「無用心だから門衛を雇ったほうがいい」とか、「警備会社と契約したほうがいい」などと忠告してくれる。しかしよく考えてもらいたい。たとえば門衛を雇ったら、ウチは正社員しか採用しないから、年間750万円のコストがかかる。警備会社と契約しても、それなりに経費がかかるのは間違いないだろう。仮に当社に泥棒が入ったとしても、不要な電灯を常に消して、一日中社内が薄暗くなっているような「ケチケチ経営」を徹底している会社だから、金目のものなんて何も置いていない。せいぜい古いパソコンが何台かある程度だ。つまり泥棒に入られるほうが、門衛や警備会社にお金を使うよりも安くすむ。実に単純な算数の計算だ。ついでに門の鍵を購入したら、それだってコストアップにつながってしまう。それなら門の鍵なんて買わなくていい。冗談のように聞こえるかもしれないが、コストダウンとはそのように考えるべきだと私は考えている。


アユカワタカヲ

大事なのは、「○○歳までにいくら」という目標数字を明確にすること。私は50歳で独立したいと考えており、そこから逆算して投資を進めました。ただ、老後のお小遣い程度でよければ、月5万円もあればいい。そこを明確にしておかないと、焦って失敗したり、逆にタイミングを逃したりします。


坂根正弘

日本には、ボトムアップの力を持った企業がたくさんあります。リーダーがそれをしっかりと活かせば、日本企業は必ず勝てる。私はそう思います。


永野健二

様々な問題を内包するのが資本主義。そしてこの枠組の中で活動する企業も、最近の東芝に見られるような不祥事をたびたび起こします。されど資本主義、されど企業。完璧ではないが守るべき存在が資本主義、そして企業です。これらが完成度の高いシステムに変貌を遂げるためには、「問題を先送りせず、正すべきは正す」というのが80年代のバブルの教訓です。


加藤修一(経営者)

経営は終わりのない駅伝のようなもの。考え方をしっかりつないでいくことが大事。