ローランド・シュミットの名言

ローランド・シュミットのプロフィール

ローランド・シュミット。アメリカの経営者。ゼネラル・エレクトリック上席副社長。ジャック・ウェルチの右腕としてGE復活に貢献した人物。

ローランド・シュミットの名言 一覧

優秀な人間が、まずい計画の欠陥を修正することはできる。しかし、その逆はまず不可能だ。


ローランド・シュミットの経歴・略歴

ローランド・シュミット。アメリカの経営者。ゼネラル・エレクトリック上席副社長。ジャック・ウェルチの右腕としてGE復活に貢献した人物。

他の記事も読んでみる

森川亮

僕はサービスって戦ってしまうといいものにならないと思うのです。音楽は戦いの世界ではなく、コラボレーションや共感の世界ですよね。戦わないコミュニケーションという意味では、LINEと音楽は似ているかもしれません。


吉野真由美

私たちの日常は、大なり小なり駆け引きの繰り返しです。異なる主張を持った利益が相反する者同士が、大きく、大きく、あるいは小さく、双方が歩み寄る形で互いの接点を見つけ、合意に至るまでオフィスで、営業先で、家庭で、交渉のバトルを繰り広げています。


田川博己

私は必要最低限の会議にしか時間を使わないタイプです。経営関連で出席するのは経営会議と取締役会くらいで、営業系や総務系など基幹業務に関する会議はすべて担当役員に任せています。それは、トップ自ら社外へ出て、現場に行く時間を確保するためです。


家次恒

僕は持論として、環境が人を作ると思っている。日本は「欲しがりません勝つまでは」と言ったから負けたんですよ。環境を変えたら考えが変わる。欧州だと研究所がアルプスの中にあったり。さすがだなと思いますよ。


篠原菊紀

行動と快感を結びつける「線条体」という部分は、なんらかの行動を始めれば、それを持続するようにできている器官です。まず5分だけ勉強を始めるとそこで、線条体が活性化され、「作業性興奮」が出てくるのです。やる気がなくてもとりあえずやり始めることで、自然とやる気が出るというわけです。


多湖輝

頭のいい人、悪い人という区別がよくされるが、本当の天才をのぞいたら、あとはそう大差がないのが人間。それでいながら両者を隔ててしまうのは、ほとんどの場合頭の良し悪しではなく集中力の有無である。


野中正人

しまむらの一番の強さは安さです。ただ、流行遅れだったり、品質を落としたりしたら、お客さんは相手にはしてくれません。日本の消費者、とりわけ女性が商品を見る目は厳しい。今年のトレンドに対応し、品質が良く、しかも低価格。「この品質でこの価格だったら圧倒的に安い」と思ってもらえることが大事です。


福田富昭

すぐ諦めたり、逃げ出したり、いい加減な人というのは勝てない。


松原弘典

学部卒で22歳、大学院を出たって、まだ24、25歳ですよね。30歳ぐらいまで組織で働いて、自分なりの武器を手にして、その次に海外にもっと大きな場所を見つける、というプランでいいと思いますね。


高橋フミアキ

大切になるのが、読み手の「快楽」「苦痛」のありかをきちんと見極めること。会議や商談で企画書や提案書を通すには、対面する相手の快楽か苦痛を刺激するのが一番。そのために、文章を作る前段階で、まずは雑談などでリサーチを重ね、相手のニーズを知ることが第一歩となります。それで初めて、言葉が効力を発します。


田原総一朗

これまで世の中で常識とされてきたことに、自分を縛りつけないことが大切。個人ができることは、昔よりもずっと広がっているわけだから。


鳥居勝幸

交渉という行為は、テクニックに走りやすいところがあります。高めに吹っかけておいてから譲歩してみせるとか、弱みにつけこむといった駆け引きテクニックに頼りたくなるかもしれませんが、こと法人営業においては禁じ手だと思います。法人相手にきわどい交渉テクニックを行使するのはやめた方がいい。あくまでも誠実に信頼関係を壊さぬよう、辛抱強く交渉にあたるべきです。


村尾隆介

一般的に会社のブランディングってロゴを変えたりとか、印刷物をきれいにするとか思われているみたいですけど、それはちょっと違います。それだけでは足りないです。もちろん、それだけで会社のプレゼンテーションの仕方も、随分変わってはくるんですけど。社員さんがそれについてこない。そういうケースは多々あります。


中村友哉(経営者)

お客様と一緒に新しくサービスを作っていくことが必要になる。


野津基弘

現場の力で大きくなっていった会社ですから、現場がイノベーションを生めるビジネスモデルをつくり、そのうえで変容できる状態を作るのがこの先10年の我々の仕事。


ページの先頭へ