名言DB

9429 人 / 110879 名言

ロミオ・ロドリゲス・ジュニアの名言

twitter Facebook はてブ

ロミオ・ロドリゲス・ジュニアのプロフィール

ロミオ・ロドリゲス・ジュニア。プロフェッショナルメンタリスト。「日本マインドリーディング協会」代表理事。香港出身。著書に『97%の人を上手に操るヤバい心理術』『ズルい心理術』『他人が必ずあなたに従う黒い心理術』『絶対に勝つ黒い心理術』『気づかれずに主導権をにぎる技術』。

ロミオ・ロドリゲス・ジュニアの名言 一覧

ハッタリをきかせるだけでも、説得力は高まる。ハッタリをきかせる上で必要なのは、「断言する」こと。詐欺師に多くの人が騙されるのは、嘘であっても自信を持って断言するから。プレゼンなどでも、多少自信のないことでも、自信を持って断言すれば、相手は信じてくれる。


人のプライベートにガンガン踏み込んでくる人は、自分のプライベートに踏み込まれるのを嫌う。だからスポーツのスカッシュのように、相手が打ち込んできたら打ち返す。具体的には、興味がなくても相手のプライベートなことを根掘り葉掘り聞けばいい。すると、相手も踏み込んでこなくなるだろう。


即答すると説得力が高まる。質問の返答は、普通1秒以内。それ以上沈黙すると、「この人、何もわかっていないのでは?」と思われてしまう。何かを聞かれたら、「はい」でも「そうですね」でもいいので、すぐに返す癖をつけましょう。


人は、たとえ怒っていても、ポジティブな言葉を口にし続けると、徐々に心が安定し、感情の乱れがなくなる。よって、クレーマーにはポジティブな言葉を言わせることが大切。そこで有効なのが「イエス・セット法」。肯定の言葉で終わる質問を根気強く投げかけるのだ。「こういう理由でよろしいですか?」「この点にご不満なんですね?」などと質問をすると、イエスといわせやすくなる。


反抗的な部下も無気力な部下も、実は根っこは共通している。「上司に期待されていない」ことが怖いのだ。したがって、それを否定する行動をとるといい。部下に対して「期待をしている」と伝えるのだ。ただし、抽象的な期待では効果はゼロ。「君の分析力に期待している」など、部下の長所をピンポイントで指摘すると、やる気が高まり、結果を出すだろう。その結果をまた褒めると、次第に問題行動がなくなっていく。


説教や嫌味が絶えない上司とは距離をとりたくなるものだが、逃げるとエスカレートするだけ。「ありがとうございます、もっと具体的に聞かせてください!」「飲みに行って話しましょう!」と、逆に近づくのが正解。すると、次第に叱る内容がなくなるだけではなく、「こいつは骨のある部下だ」と思われて、味方になってくれるだろう。


自慢話を止めるには、「その話が自慢になっていない」と気づかせればいい。しかし、いきなり否定すると角が立つ。そこで役立つのが「イエス・バット法」。まずイエスと受け止めた後、バットを述べる。たとえば「県大会で優勝した」というなら「それはすごい!」と受け止めた後、「でも全国大会では勝てなかったんだね」とそれ以上の成績をあげられなかったことを指摘する。すると相手は、あなたに自慢しても自慢にならないと思い黙るだろう。


上から目線で指摘してくる同僚や友人には、指摘に対してお礼を述べた後で「習慣指摘」をすると良い。たとえば、「ご指摘ありがとう。気をつけるよ」などとお礼を述べた後、「でも、こういう言い方をした方がもっと伝わるんじゃないかな?」と相手の無礼な言い方を指摘する。すると、最初にお礼を述べているので、相手も反発しにくい。「言い方がまずい」という指摘が気になり、今後は上から目線で指摘しづらくなるだろう。


ロミオ・ロドリゲス・ジュニアの経歴・略歴

ロミオ・ロドリゲス・ジュニア。プロフェッショナルメンタリスト。「日本マインドリーディング協会」代表理事。香港出身。著書に『97%の人を上手に操るヤバい心理術』『ズルい心理術』『他人が必ずあなたに従う黒い心理術』『絶対に勝つ黒い心理術』『気づかれずに主導権をにぎる技術』。

他の記事も読んでみる

佐々木正悟

「これから作業を始める」というときに、タイマーをセットすると効果的です。たとえば4分後に鳴るようにセットします。そうして、「これから4分間だけはこの仕事をやる!」と決めます。なかなか手を着けられない、後回しにしてしまいがちな仕事に着手して、少しでも進める。たとえば日報や週報のように、明確な締め切りがなく、気がついたらかなり溜まってしまっている、というタイプの仕事を進めていくのに適した方法です。


稲葉善治

外部環境が変動するのは、農業にとって天候が不順だったり良好だったりするのと同じです。天候が悪ければじっと耐えればいいだけの話ですし、恵まれればそのチャンスを生かすだけです。


程近智

利益を稼ぐのは、ワールドカップを戦う最低条件です。基礎体力がなければ、グローバルでの競争に耐えられません。


赤羽雄二

会議はその内容から大きく2つに分かれると私は考えています。1つは「意思決定やアイデアを出し合うための会議」。もう1つは、「参加者で情報を共有するための会議」です。この場合、後者の会議はメールで済ませられるので、基本的にやめてしまって大丈夫です。それで何か困ったことが起きたりはしません。問題は前者の意思決定やアイデアを出し合うための会議ですが、これも時間を大幅に減らせます。適切な運営をすれば、会議の時間は今の半分以下に減らせる場合がほとんどだからです。


山本晴義

現代のビジネスマンの多くが感じる疲れとは、人間関係の悩みや仕事上の問題など、頭や心に関係する疲れが大半です。そんな場合に家でゆっくり休んでしまうと、いろいろと考え込んでしまい、かえって悩みが深刻化してしまうこともあり得ます。「頭の疲れ」やストレスを癒すには、実は身体を動かすことが有効です。体操でもジョギングでもスポーツでもいいですから、運動する習慣を持ちましょう。


川島高之

イクメン時代の20~30代は、仕事の基礎体力をつける重要な時期です。この時の失敗や経験がその後のキャリアにもつながってきます。一生懸命仕事して捻出した時間は貴重なものに感じます。その分、家族との時間や趣味の活動が楽しくなるでしょう。このことに気づいてもらいたいので、部下には雑談やランチに誘うなどしてプライベートを把握し、「家族のため、好きなことのために使える時間を作ろう」とけしかけています。


胡厚崑(ケン・フー)

従業員に見返りを与えることは、我々の企業文化の一つです。見返りを与えるとは、すなわち利益を分かち合うことです。社員持ち株制はそれを実現するための仕組みで、これも創業当初からありました。


村田昭治

最近のさまざまな問題も、結局はトップの経営姿勢が結果に出てきているケースが多い。


嶋浩一郎

ゼロから新しいものを生み出すことは、余程の天才でなければできません。モノや情報を組み合わせることで、新しい価値を作るのです。とくに、異物が入ると、企画がジャンプします。


原田まりる

哲学を学んで分かったことは、私にとっての哲学は「自由になるものであり、騙されないもの」であること。「自分の考えはどこまで自分の考えなのか」――。自分の考えだと思っていても、他人からインストールした考えだったりすることはありますよね。社会性を身につけると、常識や他人の価値観が自分の中に埋め込まれていきます。だから哲学は、「自分に騙されず、自分をごまかさず、自分を自由にする学問」なんだと思うのです。