名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ロミオ・ロドリゲス・ジュニアの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロミオ・ロドリゲス・ジュニアのプロフィール

ロミオ・ロドリゲス・ジュニア。プロフェッショナルメンタリスト。「日本マインドリーディング協会」代表理事。香港出身。著書に『97%の人を上手に操るヤバい心理術』『ズルい心理術』『他人が必ずあなたに従う黒い心理術』『絶対に勝つ黒い心理術』『気づかれずに主導権をにぎる技術』。

ロミオ・ロドリゲス・ジュニアの名言 一覧

ハッタリをきかせるだけでも、説得力は高まる。ハッタリをきかせる上で必要なのは、「断言する」こと。詐欺師に多くの人が騙されるのは、嘘であっても自信を持って断言するから。プレゼンなどでも、多少自信のないことでも、自信を持って断言すれば、相手は信じてくれる。


人のプライベートにガンガン踏み込んでくる人は、自分のプライベートに踏み込まれるのを嫌う。だからスポーツのスカッシュのように、相手が打ち込んできたら打ち返す。具体的には、興味がなくても相手のプライベートなことを根掘り葉掘り聞けばいい。すると、相手も踏み込んでこなくなるだろう。


即答すると説得力が高まる。質問の返答は、普通1秒以内。それ以上沈黙すると、「この人、何もわかっていないのでは?」と思われてしまう。何かを聞かれたら、「はい」でも「そうですね」でもいいので、すぐに返す癖をつけましょう。


人は、たとえ怒っていても、ポジティブな言葉を口にし続けると、徐々に心が安定し、感情の乱れがなくなる。よって、クレーマーにはポジティブな言葉を言わせることが大切。そこで有効なのが「イエス・セット法」。肯定の言葉で終わる質問を根気強く投げかけるのだ。「こういう理由でよろしいですか?」「この点にご不満なんですね?」などと質問をすると、イエスといわせやすくなる。


反抗的な部下も無気力な部下も、実は根っこは共通している。「上司に期待されていない」ことが怖いのだ。したがって、それを否定する行動をとるといい。部下に対して「期待をしている」と伝えるのだ。ただし、抽象的な期待では効果はゼロ。「君の分析力に期待している」など、部下の長所をピンポイントで指摘すると、やる気が高まり、結果を出すだろう。その結果をまた褒めると、次第に問題行動がなくなっていく。


説教や嫌味が絶えない上司とは距離をとりたくなるものだが、逃げるとエスカレートするだけ。「ありがとうございます、もっと具体的に聞かせてください!」「飲みに行って話しましょう!」と、逆に近づくのが正解。すると、次第に叱る内容がなくなるだけではなく、「こいつは骨のある部下だ」と思われて、味方になってくれるだろう。


自慢話を止めるには、「その話が自慢になっていない」と気づかせればいい。しかし、いきなり否定すると角が立つ。そこで役立つのが「イエス・バット法」。まずイエスと受け止めた後、バットを述べる。たとえば「県大会で優勝した」というなら「それはすごい!」と受け止めた後、「でも全国大会では勝てなかったんだね」とそれ以上の成績をあげられなかったことを指摘する。すると相手は、あなたに自慢しても自慢にならないと思い黙るだろう。


上から目線で指摘してくる同僚や友人には、指摘に対してお礼を述べた後で「習慣指摘」をすると良い。たとえば、「ご指摘ありがとう。気をつけるよ」などとお礼を述べた後、「でも、こういう言い方をした方がもっと伝わるんじゃないかな?」と相手の無礼な言い方を指摘する。すると、最初にお礼を述べているので、相手も反発しにくい。「言い方がまずい」という指摘が気になり、今後は上から目線で指摘しづらくなるだろう。


ロミオ・ロドリゲス・ジュニアの経歴・略歴

ロミオ・ロドリゲス・ジュニア。プロフェッショナルメンタリスト。「日本マインドリーディング協会」代表理事。香港出身。著書に『97%の人を上手に操るヤバい心理術』『ズルい心理術』『他人が必ずあなたに従う黒い心理術』『絶対に勝つ黒い心理術』『気づかれずに主導権をにぎる技術』。

他の記事も読んでみる

宮内誠

人脈を大事にしながら、他社が積極的に取り組まなかった地域やアジアに乗り込んで地道に事業を積み上げて来ました。


中原淳

「効率よく手に職をつけられる手段」として資格の勉強を始める人も少なくありませんが、「資格を取りさえすれば安泰」という時代ではありません。今や弁護士ですら仕事がない人もいるといいます。資格を取得しても、投じたコストと時間に見合った成果が得られるかどうかはその人次第と言えます。


春日俊彰

どんな仕事でも、自分が自信を持てるものを一つ用意しておく。髪を七・三に分けて、胸を張って歩くのも、最初はウケなかったですよ。でも、自分で面白いと自信があったから、やっていてキツくはなかったです。


松永安左エ門

世の中には人を馬鹿にしたがる奴と、馬鹿にされることを気に病む者とがある。いずれも馬鹿な話で、世渡りには、人を馬鹿にしてもいけないし、馬鹿にされても馬鹿にならぬ、その心がけが大切だ。


三宅裕之

日本人は、「英語が苦手」と思いがちですが、そんなことはありません。身の周りを見回してみても、英語で言い換えられているものがたくさんあるはずです。これがフランス語やロシア語だったら、自分で意識的に勉強した人でないかぎり、ゼロに近いでしょう。じつは日本人には英語に関して十分な素地がすでにあるのです。もっと自信をもってほしいと思います。


熊谷正寿

夢をムリヤリ作ってはいけません。まず、小さなことでいいから、自然な気持ちで「やりたい」と感じることを日々、書き続ける。その中から本当の夢が見えてきます。


川野幸夫

経営理念や創業の精神を、どうやって全員で共有するのか。会長である私自身が「伝道師」となって、従業員に伝えていきます。そのためには経営者が現場を離れてはいけません。私は、毎週日曜日に7~8店舗を訪問します。全部で125店舗あるので、年に3回以上は必ずすべての店舗を訪問します。こうした店舗訪問を40年以上続けてきました。従業員とじかに顔を合わせるコミュニケーションがとりわけ大事です。


リスト・シラスマ

現場から正しい情報が上がってこなければ、どんな優れた経営陣も盲目だ。


山崎貴

危険を回避し続けていたら人生に起伏がなくなる。そんな人生は楽しくない。


村口和孝

あなたを含めて、「人類70億人すべてが、特殊で変わっている」のである。すべての人類の消費行動を理解し、予測することは、一般的には困難なのだ。「複数の人間の意見が合わず、合意形成が困難」である理由もここにある。


南場智子

「永久ベンチャー」を標榜している私たちは、挑戦を諦めません。それをやめてしまったら、DeNAではなくなってしまう。そして、世の中に歓迎されて初めて挑戦を続けることができる。


荻田伍

アサヒ飲料は2003年に売り上げが伸びて、無事に黒字化を達成することができました。口だけでは、プロパー社員(生え抜きの社員)から「またダメだね」と烙印を押されてしまう。結果が出て黒字になれば「何とかなるね」と。それがそのうち、「じゃあもう少し頑張ってみよう」となるんです。