名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ロミオ・ロドリゲス・ジュニアの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロミオ・ロドリゲス・ジュニアのプロフィール

ロミオ・ロドリゲス・ジュニア。プロフェッショナルメンタリスト。「日本マインドリーディング協会」代表理事。香港出身。著書に『97%の人を上手に操るヤバい心理術』『ズルい心理術』『他人が必ずあなたに従う黒い心理術』『絶対に勝つ黒い心理術』『気づかれずに主導権をにぎる技術』。

ロミオ・ロドリゲス・ジュニアの名言 一覧

ハッタリをきかせるだけでも、説得力は高まる。ハッタリをきかせる上で必要なのは、「断言する」こと。詐欺師に多くの人が騙されるのは、嘘であっても自信を持って断言するから。プレゼンなどでも、多少自信のないことでも、自信を持って断言すれば、相手は信じてくれる。


人のプライベートにガンガン踏み込んでくる人は、自分のプライベートに踏み込まれるのを嫌う。だからスポーツのスカッシュのように、相手が打ち込んできたら打ち返す。具体的には、興味がなくても相手のプライベートなことを根掘り葉掘り聞けばいい。すると、相手も踏み込んでこなくなるだろう。


即答すると説得力が高まる。質問の返答は、普通1秒以内。それ以上沈黙すると、「この人、何もわかっていないのでは?」と思われてしまう。何かを聞かれたら、「はい」でも「そうですね」でもいいので、すぐに返す癖をつけましょう。


人は、たとえ怒っていても、ポジティブな言葉を口にし続けると、徐々に心が安定し、感情の乱れがなくなる。よって、クレーマーにはポジティブな言葉を言わせることが大切。そこで有効なのが「イエス・セット法」。肯定の言葉で終わる質問を根気強く投げかけるのだ。「こういう理由でよろしいですか?」「この点にご不満なんですね?」などと質問をすると、イエスといわせやすくなる。


反抗的な部下も無気力な部下も、実は根っこは共通している。「上司に期待されていない」ことが怖いのだ。したがって、それを否定する行動をとるといい。部下に対して「期待をしている」と伝えるのだ。ただし、抽象的な期待では効果はゼロ。「君の分析力に期待している」など、部下の長所をピンポイントで指摘すると、やる気が高まり、結果を出すだろう。その結果をまた褒めると、次第に問題行動がなくなっていく。


説教や嫌味が絶えない上司とは距離をとりたくなるものだが、逃げるとエスカレートするだけ。「ありがとうございます、もっと具体的に聞かせてください!」「飲みに行って話しましょう!」と、逆に近づくのが正解。すると、次第に叱る内容がなくなるだけではなく、「こいつは骨のある部下だ」と思われて、味方になってくれるだろう。


自慢話を止めるには、「その話が自慢になっていない」と気づかせればいい。しかし、いきなり否定すると角が立つ。そこで役立つのが「イエス・バット法」。まずイエスと受け止めた後、バットを述べる。たとえば「県大会で優勝した」というなら「それはすごい!」と受け止めた後、「でも全国大会では勝てなかったんだね」とそれ以上の成績をあげられなかったことを指摘する。すると相手は、あなたに自慢しても自慢にならないと思い黙るだろう。


上から目線で指摘してくる同僚や友人には、指摘に対してお礼を述べた後で「習慣指摘」をすると良い。たとえば、「ご指摘ありがとう。気をつけるよ」などとお礼を述べた後、「でも、こういう言い方をした方がもっと伝わるんじゃないかな?」と相手の無礼な言い方を指摘する。すると、最初にお礼を述べているので、相手も反発しにくい。「言い方がまずい」という指摘が気になり、今後は上から目線で指摘しづらくなるだろう。


ロミオ・ロドリゲス・ジュニアの経歴・略歴

ロミオ・ロドリゲス・ジュニア。プロフェッショナルメンタリスト。「日本マインドリーディング協会」代表理事。香港出身。著書に『97%の人を上手に操るヤバい心理術』『ズルい心理術』『他人が必ずあなたに従う黒い心理術』『絶対に勝つ黒い心理術』『気づかれずに主導権をにぎる技術』。

他の記事も読んでみる

安東英子

実家の片付けでは、「無理に捨てなくてもいいんだからね」と一言添えておくと、親も「無理矢理捨てきせられているわけじゃないんだ」と安心するんです。そうやって、少しずつ片付けに対する気持ちを温めていきましょう。絶対やめたほうがいいのは、「これ、いるの?」「これ使ってないでしょ?」などと押し付けるような言い方です。


吉野佳秀

私たちは常々「作った人には壊せない」と説いてきました。彼らは必ず足場を組み、クレーンを置いて壊そうとする。それは作った時の逆を辿っているのです。しかし、私たちはクレーンや足場を使わないことを是としています。その代り、私たちは今そこにある力をお借りします。例えば、重力という地球の力もその一つです。クレーンや足場を多用する解体は余計にお金がかかりますし、工期も長くなる。すると、高い所に人を長く上げ続けねばなりませんから、危険性も高まります。だから私たちは、「なるべく人を高所に上げない。足場を組まない。クレーンを使わない」と口を酸っぱくして言います。


土屋義彦

私は伊豆の下田で育ったんですが、たまたま私の通っていた旧制中学の近くに、吉田松陰が潜んでいたんです。それで吉田松陰に影響を受けたんです。彼の偉いところは他人を恨むのではなく、自らの学問が足りなかったために、幕府を説得できなかった、と自らを反省して死んでいくんです。


立石豊

普段は忙しくてなかなか相手にしてもらえない会社でも、仕事が減った今なら話を聞いてもらえる時間があるはず。
【覚え書き|リーマンショック時を振り返っての発言】


空知英秋

できるだけたくさんの人が「読んでよかったな」って思える結末に向かって作っていきたい。最後まで見捨てずに(笑)、ついてきてほしい。


加藤俊徳

20代、30代には、睡眠を削ってもすぐ回復し、失うことなどないと思っていましたが、脳科学的に誤った考えでした。よくよく当時を分析すると、1か月の当直日数が10日を超えると昼間の時間帯でも集中力が保てなくなり、感情的になりました。最近では、実際に、左脳右脳にある感情系脳番地に影響することが脳機能研究で明らかになっています。


清宮克幸

夕方から練習があるし、僕には時間がない。無駄なことはしません。だいたい僕、努力が嫌いなんです(笑)。練習にしても、最低限の練習で結果を出したいから工夫するんです。
【覚書き|現役選手として活動しながら、サントリーの営業としてトップセールスを記録していた理由を問われての言葉。氏は担当する店舗すべてを回らず、成績の良い上位数店舗に集中し売上を伸ばす活動でトップセールスを達成していた】


小嶋淳司

私は、商品そのものの価値をもう一度しっかり見直すことが重要だと感じています。これまでは、製造工程技術の合理化、大量生産とコスト削減など、いわゆるプロセス・イノベーションが大きなテーマでした。でも、それもある程度できるようになりました。そこで次は、商品にどう付加価値をつけるのか、プロダクト・イノベーションの時代です。文化性、美術性、あるいは生活の感性に資するものかもしれません。そういうものを商品に付加することで評価される側面が従来以上に大きな時代になってきました。経営者はそのことをしっかり意識しないといけない時に来ていると思います。


横山光昭

無理な節約は続かないのでよくありません。意志の強さや根気を必要とするもの、極端に切り詰めた生活を強いるものは、ストレスになってしまいます。


篠原菊紀

曜日や時間帯で自分のやる気のピーク図のようなものを作ってみるといいでしょう。思い込んだ者勝ちなところがあって、毎週この曜日のこの時間帯は絶好調という思い込みがあったら、自分のゴールデンタイムとして使ったほうがいい。自己観察して行動するというのは大体うまくいくというか、失敗しても修正しやすい。ただ、同じ意味でこの曜日のこの時間帯は絶不調という思い込みはしないほうがいい。


宇佐美進典

過去の成功事例に縛られたり、固定概念や先入観にとらわれてしまうのではなく、何のために始めたのか、顧客は誰なのか常に自問自答し、疑問があれば周りのクルーと議論しつくすことも必要です。疑問を持たぬまま、また疑問を持ったまま解決せずに進むことはとても危険です。


一瀬邦夫

「いきなり!ステーキ」は20年かかって達成した目標ともいえますが、まわり道をしたとは思っていません。失敗も含めて、いろいろな経験を経てきたからこそ、たどり着くことができたんですよ。