名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ロミオ・ロドリゲス・ジュニアの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロミオ・ロドリゲス・ジュニアのプロフィール

ロミオ・ロドリゲス・ジュニア。プロフェッショナルメンタリスト。「日本マインドリーディング協会」代表理事。香港出身。著書に『97%の人を上手に操るヤバい心理術』『ズルい心理術』『他人が必ずあなたに従う黒い心理術』『絶対に勝つ黒い心理術』『気づかれずに主導権をにぎる技術』。

ロミオ・ロドリゲス・ジュニアの名言 一覧

ハッタリをきかせるだけでも、説得力は高まる。ハッタリをきかせる上で必要なのは、「断言する」こと。詐欺師に多くの人が騙されるのは、嘘であっても自信を持って断言するから。プレゼンなどでも、多少自信のないことでも、自信を持って断言すれば、相手は信じてくれる。


人のプライベートにガンガン踏み込んでくる人は、自分のプライベートに踏み込まれるのを嫌う。だからスポーツのスカッシュのように、相手が打ち込んできたら打ち返す。具体的には、興味がなくても相手のプライベートなことを根掘り葉掘り聞けばいい。すると、相手も踏み込んでこなくなるだろう。


即答すると説得力が高まる。質問の返答は、普通1秒以内。それ以上沈黙すると、「この人、何もわかっていないのでは?」と思われてしまう。何かを聞かれたら、「はい」でも「そうですね」でもいいので、すぐに返す癖をつけましょう。


人は、たとえ怒っていても、ポジティブな言葉を口にし続けると、徐々に心が安定し、感情の乱れがなくなる。よって、クレーマーにはポジティブな言葉を言わせることが大切。そこで有効なのが「イエス・セット法」。肯定の言葉で終わる質問を根気強く投げかけるのだ。「こういう理由でよろしいですか?」「この点にご不満なんですね?」などと質問をすると、イエスといわせやすくなる。


反抗的な部下も無気力な部下も、実は根っこは共通している。「上司に期待されていない」ことが怖いのだ。したがって、それを否定する行動をとるといい。部下に対して「期待をしている」と伝えるのだ。ただし、抽象的な期待では効果はゼロ。「君の分析力に期待している」など、部下の長所をピンポイントで指摘すると、やる気が高まり、結果を出すだろう。その結果をまた褒めると、次第に問題行動がなくなっていく。


説教や嫌味が絶えない上司とは距離をとりたくなるものだが、逃げるとエスカレートするだけ。「ありがとうございます、もっと具体的に聞かせてください!」「飲みに行って話しましょう!」と、逆に近づくのが正解。すると、次第に叱る内容がなくなるだけではなく、「こいつは骨のある部下だ」と思われて、味方になってくれるだろう。


自慢話を止めるには、「その話が自慢になっていない」と気づかせればいい。しかし、いきなり否定すると角が立つ。そこで役立つのが「イエス・バット法」。まずイエスと受け止めた後、バットを述べる。たとえば「県大会で優勝した」というなら「それはすごい!」と受け止めた後、「でも全国大会では勝てなかったんだね」とそれ以上の成績をあげられなかったことを指摘する。すると相手は、あなたに自慢しても自慢にならないと思い黙るだろう。


上から目線で指摘してくる同僚や友人には、指摘に対してお礼を述べた後で「習慣指摘」をすると良い。たとえば、「ご指摘ありがとう。気をつけるよ」などとお礼を述べた後、「でも、こういう言い方をした方がもっと伝わるんじゃないかな?」と相手の無礼な言い方を指摘する。すると、最初にお礼を述べているので、相手も反発しにくい。「言い方がまずい」という指摘が気になり、今後は上から目線で指摘しづらくなるだろう。


ロミオ・ロドリゲス・ジュニアの経歴・略歴

ロミオ・ロドリゲス・ジュニア。プロフェッショナルメンタリスト。「日本マインドリーディング協会」代表理事。香港出身。著書に『97%の人を上手に操るヤバい心理術』『ズルい心理術』『他人が必ずあなたに従う黒い心理術』『絶対に勝つ黒い心理術』『気づかれずに主導権をにぎる技術』。

他の記事も読んでみる

小泉光臣

わかりやすいようにと卑近な事例に落とし込めば、聞く側はイメージしやすくなるものの、今度は解釈の幅が狭まって、誤解を招く恐れがあります。それでも、私は社員の腑に落ちるような具体的な説明を展開したいと思っています。誤解が生まれた場合でも、後で訂正すればいいだけの話ですから。


佐藤優

物事には何でも時宜(じぎ)というのがあります。タイミングを逃したら、失ってしまうものもある。とくにビジネスでは売り上げとも大きく関わってくる。


河合滉二

時には意見をぶつけ合い、徹底的に討論をする。あるいは、あるがままの自分をさらけ出して他人に見てもらう。個性と個性がぶつかり合って、やがて互いに胸襟を開いたところに、はじめて本当の「和」が生まれるのだ。見せかけだけの和はいらない。最初から馴れ合っている人間には発展はないのだ。


吉田たかよし

脳には理性や思考力をつかさどる前頭前野と呼ばれる部位があります。じつはこの部位が最も活性化するのは日が覚めてから3時間後。創造力や判断力が必要とされる仕事はこの時間帯にこなすようにしています。この時間帯をコアタイムにしているのはとても理にかなっている。


鈴木敏文

時代は変わるものだ。いい悪いはともかく、変化に対して自分たちも変わっていかなければ倒れてしまう。


山本為三郎(経営者)

お客様の立場に立って仕事をすることを忘れてはいけない。


ケタン・パテル(経営者)

投資にはタイミングがある。日本の投資家は決断が遅く、ローコストで入るタイミングを逃す傾向がある。投資する場合、それによって何を実現するのか、その目的を明確にする必要がある。


伊東孝紳

ホンダでは従来、開発については独立組織である本田技術研究所が担当してきました。開発の現地化は研究所を本社に取り込むもので、独立性を損なうとの懸念も聞かれます。ただ、社会が変化する中、開発に携わる人間に必要なのは新しい外気に触れ、刺激を受けることです。


菅原正(経営者)

経営は人文科学。いくつもの中からとった選択肢がベストかどうかはわからないが、一度決めたらぶつぶつ言う声を抑えてでもとことん実行する。そうすれば必ず成功する。


泉谷直木

人間は忘れる動物です。自分の頭に原理・原則を叩きこむには、繰り返し手で書くことをお勧めします。手で書いて記録し、記憶するのです。


ピエール・ルメートル

小説とはその時代にとっての共鳴箱ですから、死の尊厳が失われている時代にはそういう(死をもてあそぶ犯人が登場する)作品が現われる。私も1世紀前に作家活動をしていたらその時の死を描いたでしょう。現代の死はシンボルにすぎないのです。


遠藤功

「社長があんなだから」「部下が言うことを聞かないから」「あの失敗がまずかった」などと嘆くのは無駄です。他者の人格や過去の出来事はコントロールできない領域ですから。そのエネルギーを、自分ができることに注がなくてはいけません。