名言DB

9490 人 / 112001 名言

ロマン・ロランの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロマン・ロランのプロフィール

ロマン・ロラン。フランスの作家。戦争反対を叫び続けた。ノーベル文学賞受賞者。フランス中部のニエーヴル県出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業、ローマのフランス学院へ留学後、ルイ大王高等中学で教鞭をとる。2つの論文により文学博士号を取得、エコール・ノルマルの芸術講師となる。在職中から多くの作品を書いた。主な作品に『ジャン・クリストフ』『ベートーヴェンの生涯』『七月十四日』など。

ロマン・ロランの名言 一覧

この世にヒロイズムはない。もしあるとすれば、それは現実を直視し、しかも愛することである。


人間にとって大事なのは、現実を素直に見て、それを認める勇気である。


英雄とは、自分のできることをした人である。これに対し、凡人は自分のできることはせず、できもしないことをしようとする。


いつまでも続く不幸というものはない。じっと我慢するか、勇気を出して追い払うかのいずれかである。


病気はためになることが多い。肉体を病めることによって魂を解放し、浄(きよ)める。一度も病気をしたことのない者は十分に自己を知っているとはいえない。


ロマン・ロランの経歴・略歴

ロマン・ロラン。フランスの作家。戦争反対を叫び続けた。ノーベル文学賞受賞者。フランス中部のニエーヴル県出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業、ローマのフランス学院へ留学後、ルイ大王高等中学で教鞭をとる。2つの論文により文学博士号を取得、エコール・ノルマルの芸術講師となる。在職中から多くの作品を書いた。主な作品に『ジャン・クリストフ』『ベートーヴェンの生涯』『七月十四日』など。

他の記事も読んでみる

橋本和仁

21世紀は技術単体を評価したり、技術だけで稼げたりする時代ではない。基礎研究であろうとも、いかに稼ぐのかを意識して研究に臨むべきだ。


デモクリトス

教育は幸運なる人々には飾りとなり、不運なる人々には避難所となる。


牧野克彦(セールストレーナー)

商談で無理やり自分の話に持っていくのは逆効果です。反対に、「どうぞ、思う存分話してください」という雰囲気をつくると、30分ほどで満足されるお客様がほとんどです。


別所哲也

30代になったばかりのころ、僕は将来に対して漠然とした不安を抱えていました。そこで、思い切って仕事をしばらく休み、役者としての出発点であるロサンゼルスに行くことにしたんです。


山田義仁

オムロンだけでなく、顧客の資産を生かして一緒に価値を作り上げる必要性が出てきました。(顧客の課題を解決する)「オートメーションセンタ」に、数多くの顧客が訪れてくれています。我々にとってはうれしい悲鳴です。これが制御機器事業の大幅な成長につながりました。仕事が次の仕事を生む良いスパイラルが生まれており、まだまだ収益を伸ばしていけるとみています。


岡野喜太郎

困難にあうごとに、いよいよ頭も冴え、いよいよ強くなるのが私の性格である。


マイケル・ゲルブ

数年前、ヒラリー・クリントンは、エレノア・ルーズベルトと想像上の会話をするということで新聞にからかわれていた。しかし、空想の中で自分のお手本となる人物と話をすることは、ひらめきや自分と異なる視点を得るための昔ながらの効果的な方法だ。


飯尾慶介

こちらのスピードが速く、大企業が真似をしても追いつけない領域が大きくなればなるほど強みが増すことになり、確固たる地位が築ける。


小川賢太郎

日本の子供たちはいま、安全で、飢えることなく、様々な生き方を選択できる豊かで恵まれた環境下にある。しかし半面、満ち足りたことで、子供たちには自ら生きようとする切実さが希薄になった。「生きたい!」という痛切な欲望の枯渇は、文明国、とくに日本の子供にとっては最も不幸な環境だと認識する必要があると私は思う。


生田正治

課長時代の上司には、すぐ上に副部長がいて、部長、副本部長、本部長、そしてその上に副社長がいました。社長とその副本部長が何週間も平気で書類をため込む人だったんです。そのたびに仕事が滞るので対抗策を考えて実行したんです。本部長の決裁が必要な書類をコピーして副社長と本部長以下、副本部長、部長、副部長に一斉に配ったんです。そうしたら副本部長が真っ赤な顔をして飛んできて「本部長に上げるかどうかは俺が判断するんだ。貴様の行為は越権行為だ。今すぐやめろ」って怒るんですよ。そもそもの原因は副本部長が書類を貯めるからでしょう。だから宛名はあなただ。あとは同時進行でもコピーであると一歩も譲りませんでした。同僚はビビッていましたけど、一年ぐらいしたら社内中の多くの課長が真似していましたね。


石田淳(コンサルタント)

どのような行動が良かったのか、どのような行動が失敗だったのかを振り返ってみてください。振り返りと記録を続けていけば、次に同じような場面で失敗しそうになっても、必ず立ち止まって考えられるようになるでしょう。


坂之上洋子

私の場合、仕事のオファーをいただいても、いきなり取りかかることはありません。先日、ある企業から新体制になるのでリブランディングをしてくないか、とのオファーがありました。すぐにブランドステートメントやウェブのリニューアルなどの実作業に入るのは簡単です。しかし私はあえてヒアリングにかなりの時間を割きました。その結果、新しく就任する社長が本当に求めているものは、社員の自主性をどう引き出すかであることが見えてきました。いま、このプロジェクトでの私の仕事内容は、新社長が最初に思い描いた内容とはかなり違ってきていると思います。