ロマン・アブラモヴィッチの名言

ロマン・アブラモヴィッチのプロフィール

ロマン・アブラモヴィッチ。ロシアの石油王。米国経済雑誌フォーブスの世界の億万長者ランキングに掲載された人物。イングランドのサッカークラブ・チェルシーのオーナーでもある。

ロマン・アブラモヴィッチの名言 一覧

ああ、私が世間で何と言われているかは知ってるよ。でもロシアには、私も含めて若くて金持ちな人間がたくさんいる。そして長生きできないだろうから、稼いだら使ってしまうんだ。私の場合、一流のサッカークラブを持ちたいという夢を実現させているところ。動機を疑う人や、私のことを頭がおかしいと思っている人もいるけどね。短い人生だから、稼いだカネは使うよ。【覚書き|上記発言はチェルシーを買収した時の言葉】


ロマン・アブラモヴィッチの経歴・略歴

ロマン・アブラモヴィッチ。ロシアの石油王。米国経済雑誌フォーブスの世界の億万長者ランキングに掲載された人物。イングランドのサッカークラブ・チェルシーのオーナーでもある。

他の記事も読んでみる

長堀慶太

協和銀行に6年いたのですが、非常に勉強になりました。バランスシートや損益計算書といったものを基礎から叩き込まれましたからね。他には資金繰りや与信といった企業の見方ですね。経営者として基本的な必要条件は大体銀行で学びました。


ハワード・シュルツ

正直に言うと最初のうちは自分に資金集めの才能があるとは思えなかった。しかし、経験を重ねているうちに、趣旨説明や質疑応答もうまくできるようになった。


高田明(ジャパネットたかた)

消費者の方々にメッセージを届けていく上で、満足していい段階はない。5年後か10年後に、もしお客様に飽きられ、信頼されなくなったら、そこで本当の経営リスクが浮かび上がってくる可能性がある。


坂本龍馬

天下において、何事かを成そうとする者は、膿(うみ)も良く腫れないうちには針で患部を突くことができないのと同じで、時期を判断することが大切です。


本庄八郎

子会社を再建するときは、トップは伊藤園から送り出しますが、役員は内部からどんどん引き上げていくというやり方です。現場の社員のやる気を出して、全体を盛り上げていくことが重要です。


森下一喜

制作スタッフから「これ以上やると、コストが……」などと言われたら、「大人の理屈を持ち込むな」「そんなことを言うならゲームなんて作るな」と言います。仮に、手元に刀があったら、抜いてしまうくらいの勢いです。


似鳥昭雄

「ロマン」「ビジョン」「意欲」「執念」「好奇心」の5つが当社の経営哲学。ロマンとビジョンがあるから、「意欲」が出る。ビジョンは100倍以上のことを発想しますから、当然、意欲や情熱、熱意が出てくる。しかし、時には失敗して、途中で挫折しそうになったりします。だから諦めないで最後までやりぬくと。それが「執念」。そして、物事を進めていくには、知識や技能や経験が必要。ありとあらゆるものを見たり聞いたり、実行したり、経験したり、そういう「好奇心」を持とうということ。


三木谷浩史

現在の状況に満足せず、常に改善を続けてきたこと、常に前進してきたことが、楽天をここまで成長させた本当の秘訣だと思う。改善を続けているからこそ、僕たちはインターネットの普及という千載一遇のチャンスをここまで活かすことができたのだ。


鈴木久仁

あのテロの経験以来、数字を見る際には日々最悪の状況を想定し、それがどう変わる可能性があるのか、その場合どんな対応ができるかを考えるクセがつきました。
【覚え書き|米国の9・11事件の対応に当たった当時を振り返っての発言】


北川登士彦

当社の仕事は賃貸管理ではない。お客様や社会のニーズを探り、解決することで、価値を創造することだ。


坂根正弘

製造コストが国際競争力を失って収益が悪化したわけではない。競争力は持っているのだから、固定費を抑え、もう一度やるべきことに集中すれば日本でモノづくりを続けられる。


折目光司

私が務めていた「折目」も含めて神奈川県の3社が一緒になり、Paltecの横浜支社が開設されました。今まで戦ってきた歴史も文化も違う会社が一つになるのですから、仕事のやり方も異なり、難しい部分も確かにあります。しかもその2年後、システム統合により、物流センターのシステムがオーバーフローするという大トラブルが発生しました。それを約1カ月間、横浜の3社のみんなが力を合わせ、家にもほとんど帰らずにがんばって復旧させたのです。これで戦友のような一体感が生まれました。


鷲田小彌太

何か一つ仕事をやると、またもう少しやりたくなる。軽い仕事をしたら、本格的なこともやりたくなる。慣れた仕事の合間に、長いものを書きたくなる。そういう振り幅があると、ずっと続けられるもんです。


芦田昭充

私は単純に負けたくない、ナンバーワンになりたい、一等賞がいいという気持ちは強いです。


三浦友和

僕だって不本意な言い方だけど、生活のためにやった仕事も何本もありますよ。ただし、絶対に手は抜かない。どんな事情の仕事であろうと、見てくれている人は必ずいるからね。そういうお客さんが次の作品も楽しみにしてくれるだろうし。監督やプロデューサーが僕の仕事ぶりを見て、「今度のあの役に使ってみよう」と思ってくれるかもしれない。


ページの先頭へ