名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ロベルト佃の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロベルト佃のプロフィール

ロベルト佃、ろべると・つくだ。サッカー代理人。「スポーツコンサルティングジャパン」代表。アルゼンチン・ブエノスアイレス出身、日系3世。横浜マリノス専属通訳などを経て「スポーツコンサルティングジャパン」を設立。多くのトップ選手の代理人を務めた。著書に『サッカー代理人 世界を飛ぶ移籍交渉の舞台裏』。

ロベルト佃の名言 一覧

「きめ細かさ」は日本らしさで強みだと思うんです。僕は日本と海外を行き来しているから言うけど、本当に日本のものづくりとサービス業のきめ細かさは、世界に誇れる。


海外クラブとの交渉は本当にハードです。交渉はきれいごとだけじゃすまない世界。それでも交渉の基本は「相手が欲しいものを売る」ことなんです。


私が代理人契約をしている選手全員の共通点は、「絶対に負けない」という気持ちを内に秘めていること。競争心がある選手しか上にはいけないと思うんです。


最近「日本は終わった」「日本ブランドは廃れた」なんて声が聞こえてくる。しかし、そんなこと言うのは日本人ばかりですよ。海外の人は本当に日本のものづくりやサービスの素晴らしさ、いわば日本の「強み」をリスペクトしている。ようは欲しい相手に欲しいものが届いてないだけなんです。もっと自信をもっていい、日本は外に出ていいんです。


イタリアでもドイツでもスペインでも必ず通訳を入れずに自分で交渉します。通訳を介すと交渉相手の些細な言葉のニュアンスや表情がつかめませんから。


選手と契約を結ぶ際も、1年以上かけることもある。「サッカーで何を目指しているか」「どんな選手になりたいか」と話し合いながら、お互いに目指す場所を見定めるんです。


契約前には「負けん気」も見極めますね。まず「自分との闘い」なんて言葉を使う奴は駄目。それは他者と競り合いたくないという言い訳。あとはケガをした時の態度です。自分が試合に出場できない時、早く治そうとリハビリに専念するだけの選手は難しい。上にあがってくる人間はその間に出ている選手を見て、貪欲に研究しています。たとえば、中村俊輔なんか皆さんが思われている以上に負けず嫌いですよ。何せ彼は僕をこの仕事に引っ張り出した、張本人ですしね。


「うちにはこれだけ良い選手がいる」と、選手リストをクラブに送りつけるだけの代理人も少なくない。しかしディフェンダーが欲しいチームに、フォワードの選手を売り込んでも意味ないでしょ。だから僕は選手との関係に長く深く時間を割くように、クラブへのリサーチも入念にします。そしてクラブのニーズにふさわしい選手を選び、選手の得意プレーと、クラブにマッチしそうなプレーをまとめた動画を編集してプレゼンする。


うちは契約選手を20人程度に抑えています。100人も200人も抱えていたら選手の試合をすべて見れない。選手20人でも年間約400試合ですからね。もちろん、「試合中の走行距離」「パス成功率」「得点率」などのデータは試合を見ずとも手に入ります。しかし、数字だけでは見えてこないプロセスがサッカーの勝敗を分ける。ボールを持っていないときにどう判断し、どんな走り方をしたか。ときに数字には表れないプレーでもチームを勝利に導いた要素が潜んでいる。それを知っておくことが交渉の場で武器になります。


僕らは何よりもまずサッカーでの日本人の市場を伸ばす必要がある。そのためにJリーグで育った選手が、海外のビッグクラブでしっかりと活躍し、まずはその経験を日本代表に活かすというサイクルを創り出したいんです。そして将来はJリーグに選手なり指導者なりで戻る……。すると、選手の姿をみた子供たちが、「自分もJリーグで活躍しよう!」という夢を描く。こうして日本サッカー全体が盛り上がれば、僕ら代理人の仕事が増える。つまりキレイごとじゃなくて、日本ではまだ代理人はカネだけで動ける段階じゃない。日本サッカー全体を大きな市場にできるよう考えるのが先決なんです。


マリノスで通訳をしていたとき、日本人選手に触れながら「彼なら海外でも活躍できるのに……、もったいない」と思うようになっていった。そんな時、マリノスに(中村)俊輔が入ってきたんですよ。当時からテクニックはズバ抜けていた。また海外志向もあったので、すぐに仲良くなりました。僕がマリノスを辞めた後、無計画だった僕に突然「代理人やってくれない?」と電話をかけてきました。30歳になる直前、「彼の才能を信じよう!」と、リスクをとった。そして父親の国籍があるパラグアイでFIFA代理人のライセンスをとりました。俊輔がいたから代理人になったわけです。そしてセリアAのレッジーナと契約。その後、スコットランドのセルティックFCで活躍し、憧れていたスペインのエスパニョールを経て、いまマリノスに戻ってきた。日本サッカーのためにね。


僕たち代理人の仕事は選手とクラブチームとの間に立ち、契約交渉をすること。その代理交渉に関して得るフィーが、僕らの収入になるわけです。当然、契約金は大きいほうがいい。けれど、僕は選手が確実にステップアップできる環境でなければ、いくら契約金が高くても、ビッグクラブでも移籍させません。たとえば、日本企業のスポンサード目当てで選手を欲しがるチーム、試合に出る機会も得られないチームには絶対に選手を入れないんです。なぜなら、それが日本サッカーのためにならないからですよ。南米や欧州の代理人なら、そんなことは考えません。毎年のように若く才能のある選手が現れ、多くのクラブが早い時期から目をつけ始めるから。


ロベルト佃の経歴・略歴

ロベルト佃、ろべると・つくだ。サッカー代理人。「スポーツコンサルティングジャパン」代表。アルゼンチン・ブエノスアイレス出身、日系3世。横浜マリノス専属通訳などを経て「スポーツコンサルティングジャパン」を設立。多くのトップ選手の代理人を務めた。著書に『サッカー代理人 世界を飛ぶ移籍交渉の舞台裏』。

他の記事も読んでみる

風間八宏

僕は、何かを始めるとき、実現可能かどうかはあまり考えないんです。むしろ、本気で望んでいることかどうかを考える。本気じゃないと、実現できない壁ばかりに目がいってしまう。逆に、本気で望んでいることなら、「どうすれば実現できるか」を必死に考えるでしょ。


小山昇

具体的に、何がどういけなかったのかを考えることも、メンタルを傷つけないために重要。


佐々木常夫

出世はしないよりしたほうが良いに決まっています。課長より部長、部長より取締役、取締役よりも社長のほうが面白いに決まっているんです。だって、社長になれば、誰もが自分の命令を聞いて、誰よりも高い給料がもらえるんですよ。こんなに良い仕事は他にないでしょう。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)

定年後の再雇用への備えは50歳前後から始めます。まず、職場では部下でも年下でも「さん」づけで話すようにします。定年後、年下の上司を「○○くん」と呼ぶような勘違いは最悪です。見た目にも気を使う。ジム通いなどで黒い肌、白い歯、引き締まった肉体を維持する。白髪は染めて、老眼鏡はやめる。服装はいつも身ぎれいにし、会話でも病気、孫自慢、昔話は三大駄目話題です。


福原義春

私たちは現在、価値観の大転換時代の渦中にあります。バブルに沸いた1990年代を失われた10年と嘆く向きもありますが、私は違うと思います。虚栄の時代を経験した人々は「人間はお金だけでは幸せになれない」というごくまっとうな結論にたどり着きました。多くの日本人がお金以外の幸せを探しはじめ、日本社会は成熟化の段階を迎えています。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

保険商品はますます簡単なものになっていき、一言でいえばコモディティ化していきます。そうなれば当然価格競争にさらされます。このゲームから逃れられないのであれば、いかに原価を安く抑えられるかということに尽きます。


畑中好彦

CEO(最高経営責任者)の仕事は次の世代に何を残すかを毎日考えること。後継者の育成も大事でしょうが、事業やパイプライン(開発候補品)など新しく何かを始めるなら代わりに何をやめるべきかというトレードオフを日々考えていますね。経営会議で新しい提案が上がるたびに必ず「それでは代わりに何をやめる?」と尋ねます。


広岡達朗

人間はその潜在能力を引き出すことで、素晴らしく変化する。


日向野幹也

権限や役職に関係なく、目標を達成するために、自然発生的に他者を巻き込み行動するリーダーシップが、世界標準になりつつある。権限や役職に関係なく、ということは、リーダーシップを発揮する人が多数存在することになります。日本には「船頭多くして船山に上る」ということわざがあるように、リーダーが複数いると組織がうまく動かないのではないか、と思う人もいるかもしれません。確かに、号令することだけがリーダーシップだと考えれば、そうなるでしょう。しかし、権限と関係ないリーダーシップを持った船頭であれば、船を目的地まで安全確実に運航するという共通の目的のために、自分は何をすべきかを考え、その役割に徹した仕事をします。したがって、リーダーシップを持っている人が多ければ多いほど、目標を達成しやすくなります。


鈴木典比古

どんなに難しくてもやらざるを得ない。脱皮をしていかないと、日本のガラパゴス化は避けられない。


加藤智治

この商売においては現場である店舗がすべてです。いわば組織の最前線で働いているのが店舗の社員なので、その重責を担っていることへの敬意を日ごろから口に出すように心がけています。


福里真一

とくに、世の中のことが分かりそうなノンフィクション本をよく読みます。CMは、世の中に受け入れてもらわなければ意味がありません。奇抜なものを作って強い印象を残しても、商品のことが伝わらなかったり、嫌悪感を持たれたりしては逆効果なんですね。だから現在、世の中でどんなことが起きていて、世間の人はどんなことに関心があるのかを知っておいたほうがいい。新聞も読みますけれど、それでは足りない。そこでノンフィクションが参考になるんです。