名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ロベルト佃の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロベルト佃のプロフィール

ロベルト佃、ろべると・つくだ。サッカー代理人。「スポーツコンサルティングジャパン」代表。アルゼンチン・ブエノスアイレス出身、日系3世。横浜マリノス専属通訳などを経て「スポーツコンサルティングジャパン」を設立。多くのトップ選手の代理人を務めた。著書に『サッカー代理人 世界を飛ぶ移籍交渉の舞台裏』。

ロベルト佃の名言 一覧

「きめ細かさ」は日本らしさで強みだと思うんです。僕は日本と海外を行き来しているから言うけど、本当に日本のものづくりとサービス業のきめ細かさは、世界に誇れる。


海外クラブとの交渉は本当にハードです。交渉はきれいごとだけじゃすまない世界。それでも交渉の基本は「相手が欲しいものを売る」ことなんです。


私が代理人契約をしている選手全員の共通点は、「絶対に負けない」という気持ちを内に秘めていること。競争心がある選手しか上にはいけないと思うんです。


最近「日本は終わった」「日本ブランドは廃れた」なんて声が聞こえてくる。しかし、そんなこと言うのは日本人ばかりですよ。海外の人は本当に日本のものづくりやサービスの素晴らしさ、いわば日本の「強み」をリスペクトしている。ようは欲しい相手に欲しいものが届いてないだけなんです。もっと自信をもっていい、日本は外に出ていいんです。


イタリアでもドイツでもスペインでも必ず通訳を入れずに自分で交渉します。通訳を介すと交渉相手の些細な言葉のニュアンスや表情がつかめませんから。


選手と契約を結ぶ際も、1年以上かけることもある。「サッカーで何を目指しているか」「どんな選手になりたいか」と話し合いながら、お互いに目指す場所を見定めるんです。


契約前には「負けん気」も見極めますね。まず「自分との闘い」なんて言葉を使う奴は駄目。それは他者と競り合いたくないという言い訳。あとはケガをした時の態度です。自分が試合に出場できない時、早く治そうとリハビリに専念するだけの選手は難しい。上にあがってくる人間はその間に出ている選手を見て、貪欲に研究しています。たとえば、中村俊輔なんか皆さんが思われている以上に負けず嫌いですよ。何せ彼は僕をこの仕事に引っ張り出した、張本人ですしね。


「うちにはこれだけ良い選手がいる」と、選手リストをクラブに送りつけるだけの代理人も少なくない。しかしディフェンダーが欲しいチームに、フォワードの選手を売り込んでも意味ないでしょ。だから僕は選手との関係に長く深く時間を割くように、クラブへのリサーチも入念にします。そしてクラブのニーズにふさわしい選手を選び、選手の得意プレーと、クラブにマッチしそうなプレーをまとめた動画を編集してプレゼンする。


うちは契約選手を20人程度に抑えています。100人も200人も抱えていたら選手の試合をすべて見れない。選手20人でも年間約400試合ですからね。もちろん、「試合中の走行距離」「パス成功率」「得点率」などのデータは試合を見ずとも手に入ります。しかし、数字だけでは見えてこないプロセスがサッカーの勝敗を分ける。ボールを持っていないときにどう判断し、どんな走り方をしたか。ときに数字には表れないプレーでもチームを勝利に導いた要素が潜んでいる。それを知っておくことが交渉の場で武器になります。


僕らは何よりもまずサッカーでの日本人の市場を伸ばす必要がある。そのためにJリーグで育った選手が、海外のビッグクラブでしっかりと活躍し、まずはその経験を日本代表に活かすというサイクルを創り出したいんです。そして将来はJリーグに選手なり指導者なりで戻る……。すると、選手の姿をみた子供たちが、「自分もJリーグで活躍しよう!」という夢を描く。こうして日本サッカー全体が盛り上がれば、僕ら代理人の仕事が増える。つまりキレイごとじゃなくて、日本ではまだ代理人はカネだけで動ける段階じゃない。日本サッカー全体を大きな市場にできるよう考えるのが先決なんです。


マリノスで通訳をしていたとき、日本人選手に触れながら「彼なら海外でも活躍できるのに……、もったいない」と思うようになっていった。そんな時、マリノスに(中村)俊輔が入ってきたんですよ。当時からテクニックはズバ抜けていた。また海外志向もあったので、すぐに仲良くなりました。僕がマリノスを辞めた後、無計画だった僕に突然「代理人やってくれない?」と電話をかけてきました。30歳になる直前、「彼の才能を信じよう!」と、リスクをとった。そして父親の国籍があるパラグアイでFIFA代理人のライセンスをとりました。俊輔がいたから代理人になったわけです。そしてセリアAのレッジーナと契約。その後、スコットランドのセルティックFCで活躍し、憧れていたスペインのエスパニョールを経て、いまマリノスに戻ってきた。日本サッカーのためにね。


僕たち代理人の仕事は選手とクラブチームとの間に立ち、契約交渉をすること。その代理交渉に関して得るフィーが、僕らの収入になるわけです。当然、契約金は大きいほうがいい。けれど、僕は選手が確実にステップアップできる環境でなければ、いくら契約金が高くても、ビッグクラブでも移籍させません。たとえば、日本企業のスポンサード目当てで選手を欲しがるチーム、試合に出る機会も得られないチームには絶対に選手を入れないんです。なぜなら、それが日本サッカーのためにならないからですよ。南米や欧州の代理人なら、そんなことは考えません。毎年のように若く才能のある選手が現れ、多くのクラブが早い時期から目をつけ始めるから。


ロベルト佃の経歴・略歴

ロベルト佃、ろべると・つくだ。サッカー代理人。「スポーツコンサルティングジャパン」代表。アルゼンチン・ブエノスアイレス出身、日系3世。横浜マリノス専属通訳などを経て「スポーツコンサルティングジャパン」を設立。多くのトップ選手の代理人を務めた。著書に『サッカー代理人 世界を飛ぶ移籍交渉の舞台裏』。

他の記事も読んでみる

石川直樹

冒険家や探検家と呼ばれる人たちは、多くの場合、極端な生き方をしています。世間から見れば、はみ出しているところもあるかもしれませんが、彼らは日常の安定のために自分を押し殺すのではなく、そこから一歩踏み出して、自分の信念に従っています。それが冒険家と呼ばれる人たちの魅力だと思うし、僕もそれに憧れるのです。


佐伯泰英

死ぬまで書き続けられれば、作家として、これほどの幸せはないでしょうね。


小笹芳央

新人に「10点満点で自己評価してみなさい」というと、時折、9点をつけるヤツが出てきて驚かされます。普通は5点とか6点ですから。自己評価が高すぎるのは、「できている」という認識のレベルが低すぎるということです。逆に2点とか3点をつけるヤツもいる。これはこれで考えものです。自責性が強すぎる。こういう人たちは、他人の仕事を見てみるべきです。そして話を聞いてみる。そうやって周囲のフィードバックを浴び続けることではじめて、マシな自己評価ができるようになります。その点、上司の評価と自己評価が擦り合わせやすい性格の人は比較的、自分を客観視できているので、安心して仕事を任せられる。


川上量生

僕らはいろいろな矛盾を世の中に見せたいという愉快犯的なところもある。その先にどんな目的が、と聞かれると、すごく困るんですけれども。


冨安徳久

全ての出会いは縁によって成り立っている。


山口晋二(経営者)

言われたことをやるだけではダメ。「Aという部品がほしい」と言われて、A部品をお届けするだけでは仕事ではありません。「A部品の交換作業に付随してB部品も必要なのではないか」と考え、それをご提案する。ここまでやって、ようやく“仕事”と呼べるのではないでしょうか。


本田有明

もしあなたが「自分の短所を直さなければ」と真剣に考えているのであれば、ノートを使って改善方法を考えてみるのも一法でしょう。ノートに縦に2本の線を引き、ページを3つに分けて、自分の長所、短所、短所の改善法を考えて書き込みます。「頭にきたと思ったら、こめかみに手を触れて5秒間だけ我慢してみる」など、具体的な対策を考え、ノートに列挙して、実践してみましょう。


サム・ウォルトン

過去数年間、私が本当に気にかかっているのは株価ではない。いつか、わが社がお客を大切にすることを忘れたり、幹部が従業員のことを気にかけなくなる日が来るのではないか、ということである。また、成長するにつれて、チームワークの精神が失われたり、わが社独特の家族主義が働く人々にとって実感を伴わない、空疎なものになるかもしれない、という心配もある。こうした試練のほうが、ウォルマートは方向性を間違っている、と指摘する評論家の言葉よりはるかに重大である。


井阪隆一

物欲でも精神的な欲求でもいい。「自分はこうなりたい、こうしたい」ということを、まず持ってみる。それが最終的に自己実現の欲求につながり、人としての進歩につながる。


鳥越淳司

実は「渚のハイカラ豆腐」という商品を出し、そこそこ売れたこともある。しかし、「しょせんは人まね。ナンバーワンを取れるわけがない」と早々に打ち切って、ボリュームゾーンの価格帯の木綿と絹に全力投球してきた。
【覚書き|男前豆腐店のヒット豆腐「豆腐屋ジョニー」に触発されてつくった商品を早々に打ち切った理由について語った言葉】


テリー伊藤

再確認したのは、動くことの大切さ。チャレンジしないとお金は降ってこない。深刻な顔をしててもしょうがないから、動いてみようよ。


犬丸徹三

自分はこれまでただ自分のためにのみ働いてきた。そのためにロンドンに一人知己もなく、わびしいクリスマスを味わねばならなかったのだ。今後は可能な範囲で人のためにも働こう。
【覚書き:ロンドンでのホテルマン修業時、クリスマスで寂しい思いをしその後の人生哲学を確立したことを振り返っての発言。】