ロベルト・シンヤシキの名言

ロベルト・シンヤシキのプロフィール

ロベルト・シンヤシキ。ブラジルの精神科医、メンタルトレーナー、作家。サンパウロ州出身。日系三世。医師をしながらサンパウロ大学でMBAと博士号を取得。また、五輪ブラジル代表選手団メンタルトレーナーなどを務めた。

ロベルト・シンヤシキの名言 一覧

1 / 11

人と違う結果を生み出したければ、みんなと同じことをしていてはダメ。

ロベルト・シンヤシキの名言|みんなと同じことをしていてはダメ


変化に挑戦することは、変化を楽しむこと。どんな経験も、それは過去のもの。手放せたときに本当に活かされるもの。常に前に進んで行きましょう。

ロベルト・シンヤシキの名言|変化に挑戦することは、変化を楽しむこと


より良い結果を得るために、それまでのやり方や習慣を手放し、自分を引き離すことが必要。

ロベルト・シンヤシキの名言|より良い結果を得るために、それまでのやり方や習慣を手放し、自分を引き離すことが必要


夢が魔法のように実現するといった幻想は、あなたをどこにも運んではくれない。

ロベルト・シンヤシキの名言|夢が魔法のように実現するといった幻想は、あなたをどこにも運んではくれない


その他大勢と自分を比べても益はありません。残念ながら、彼らはあなたにとっての成功例ではないのですから。

ロベルト・シンヤシキの名言|その他大勢と自分を比べても益はない


文句や不満が本当の現実を見えなくさせてしまうことがある。文句を言う前に、自分の魂を見つめましょう。

ロベルト・シンヤシキの名言|文句や不満が本当の現実を見えなくさせてしまうことがある


愛するとき、人はあらゆるリスクを引き受け、自惚れすら捨てなければならない。自分をしっかり見つめる勇気がなければ、愛は大いなる脅威に変わる。

ロベルト・シンヤシキの名言|自分をしっかり見つめる勇気がなければ、愛は大いなる脅威に変わる



私にとってノートパソコンは旅行に欠かせないものですが、それが登場したときは、「この機械からは手書きの喜びは得られない」と考え、手を出しませんでした。パソコンを受け入れるためには、慣れ親しんだ紙とペンの質実な感覚から自分を引き離す必要があった。

ロベルト・シンヤシキの名言|変化するには慣れ親しんだ感覚から自分を引き離す必要がある


規律、一定のやり方に従って行動することはエネルギーの無駄を避ける技術。一から道なき道を行くのではなく、先達から学び、切り開かれた道を歩けば、その途切れたところから自分の道を始められます。

ロベルト・シンヤシキの名言|先達から学び、切り開かれた道を歩けば、その途切れたところから自分の道を始められる


愛する人とともに何かを築き上げることほど、この世で素晴らしいものはありません。愛とは、無知から叡智への長い旅路です。その道のりを喜びとともに進むことができないのなら、その愛はただの幻想に過ぎないでしょう。

ロベルト・シンヤシキの名言|愛とは、無知から叡智への長い旅路


「そして2人はいつまでも幸せに暮らしましたとさ」といって終わるのはお伽噺に過ぎない。現実を生きる私たちは、成長を続け、次々に現れる困難を克服していかなければならない。

ロベルト・シンヤシキの名言|現実を生きる私たちは、成長を続け、次々に現れる困難を克服していかなければならない


夢を叶えるための4つの「D」。

  1. Detachment(分離)。より良い結果を得るために、それまでのやり方や習慣を手放し、自分を引き離すこと。
  2. Determination(決意)。確信を持って「これが私の夢だ」と言える内面の強さ。
  3. Dedication(専念)。目標達成のために夢中になれる能力。
  4. Discipline(規律)。一定のやり方に従って行動する能力。

ロベルト・シンヤシキの名言|夢を叶えるための4つの「D」


ロベルト・シンヤシキの経歴・略歴

ロベルト・シンヤシキ。ブラジルの精神科医、メンタルトレーナー、作家。サンパウロ州出身。日系三世。医師をしながらサンパウロ大学でMBAと博士号を取得。また、五輪ブラジル代表選手団メンタルトレーナーなどを務めた。

おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

1 / 11

ページの先頭へ