名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ロバート・ルービンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・ルービンのプロフィール

ロバート・ルービン、米国の銀行家・閣僚。ハーバード大学卒業後、投資銀行大手のゴールドマン・サックスに入社。26年間勤務し役員を歴任。手腕を買われホワイトハウスで国家経済会事務局長と財務長官を6年務める。退官後は金融大手のシティグループやフォード、マウントサイナイ医科大学などの経営陣となる

ロバート・ルービンの名言 一覧

物事はすべて確率論として見るべきで、絶対に正しいということはあり得ない。


選択肢があることは、それだけで好ましい。


意思決定においては、小手先の細工を用いてはならない。真剣な分析と配慮にまさるものはない。


実現不可能なことを保証するような言い回しは、してはならない。


効果的な政策は金で買えるものではないが、資金を渋るよりは余るほど投入するほうがよいときがある。


アメリカ合衆国は、何を支持しているかばかりでなく、何に反対しているかによって評価されることを進んで受け入れなければならない。


ドルは非常に重要な通貨であるため、貿易政策の手段として用いるべきではない。


市場主義経済は歓迎されるが、それですべての問題を解決できるわけではない。


一国の繁栄のためには、アメリカ合衆国、G7国際金融機関の援助よりも、その国の政策の信用と質のほうが大切である。


債務者は負債を負うとどうなるか、債権者は融資をするとどうなるかを心しておく必要がある。


私の生きてきた人生で世界経済は最もリスクの高い時代になった。


今のアメリカは、中国やインドのように教育水準が高く、労働コストが低い国との激しい競争にさらされている。


世間において常識とみなされていることに対して、疑問を呈する勇気を忘れてはならない。健全な猜疑心こそ、ものごとの裏に潜む本質を見極める近道である。


ロバート・ルービンの経歴・略歴

ロバート・ルービン、米国の銀行家・閣僚。ハーバード大学卒業後、投資銀行大手のゴールドマン・サックスに入社。26年間勤務し役員を歴任。手腕を買われホワイトハウスで国家経済会事務局長と財務長官を6年務める。退官後は金融大手のシティグループやフォード、マウントサイナイ医科大学などの経営陣となる

他の記事も読んでみる

アントニオ猪木

何かを始めたら、まずその初期からエネルギーのある成長期を経て、安定期、そして衰退期が来ます。多くの人は、安定期に入ると明日も明後日もそれが続くと思っていて、衰退期に入ってから独立するなどと言って動き出す。次のことは、勢いのあるうちに考えないと駄目。


夢枕獏

初めての単行本『猫弾きのオルオラネ』を出してから3年ほどは、読者から届いたファンレターにすべて手書きで返事をするくらい時間があったんですね。ところが、初版1万部で出版された『幻獣少年キマイラ』がすぐに増刷を重ね、その後、26年かけて完結することになる『魔獣狩り』の第1作も大ヒットとなって、状況ががらりと変わっていきました。次々と連載や書き下ろしの注文が入る一方で、自分が月に原稿用紙にして何枚書くことができるのか。限界がわからない。こちらには「断ったら次に仕事がこないのではないか」という心配があり、とにかく引き受けた。すると、ある月の注文はついに200枚に。これが書けてしまったんですね。それで翌月、さらに注文を引き受けた。そして、知らない間に月の枚数は日を追うごとに増えていっちゃったんです。その結果、気づいたら月に800枚の原稿を書くという日々に突入していて、約束を果たすには、死なないものから削るしかありませんでした。


ダン・ケネディー

相手がだれであろうと、臆することなく自分を売り込む勇気がなければ、なめられて追い返されるだけだ。ドアを思い切り強く叩いて、腹の底から大きな声で叫び、弱きの虫を頭から追い払い、話に耳を傾けてもらうためならなんでもやるという覚悟を持たなければ、顧客や消費者は見向きもしてくれない。


リチャード・ドッブス

まずは都市化の拡大に伴う新興国市場の成長を考慮して、経営資源の配分が適切かどうかをチェックすることが求められる。日本企業はこれまで東南アジアや中国に経営資源をうまく配分してきたと思うが、その日本企業でも、今後30年の人口増加の4分の3が新興国市場で起きることを考えれば、今の経営資源の配分は適切ではないだろう。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

最近は間接金融より直接金融だとかいって、簡単に上場する企業もあるようですが、資本市場から調達した金もタダでもらった金じゃない。支払うべき税金や配当などを考えると、それ以上の利益を上げ続けなきゃいけないということです。むしろ銀行から借りた方が安くつくこともある。


熊谷直彦(経営者)

バブルの後処理というと経済に限った問題と思いがちですが、心の持ち方の問題もあるような気がします。戦争に敗れ、新しく国際社会の中で生きていかなくてはならないということで我々も努力してきたわけですが、今度は努力しすぎて日本人は自分を見失ってしまった。欧米から学ぶものは何もないとか、バブルのときにはそういう雰囲気もありましたよね。


坂東眞理子

女性にとって10年、20年先のキャリアパスを描くことは難しいことかもしれません。結婚や出産のタイミングも自分一人では決められないものです。こういった厳しい経済環境では、なおさら難しいと感じるでしょう。でも、だからこそ夢を描いてほしいと思います。


高島徹治

自分のこれまでのキャリアと直結する資格に飛びつきやすいものですが、よくよく考えてみると自分の意外な特技や興味関心が見えてくることもある。私の場合は、53歳で宅地建物取引主任者(宅建)を取得しました。不動産とは縁もゆかりもない業界で長く働いていましたが、自分で出版プロダクションを経営していたこともあり、多少なりとも法律を意識する場面もありました。一見キャリアとは直結していませんが、私の様々な経験や強みに紐付いた、ぴったりの資格でした。その後、行政書士、社会保険労務士、中小企業診断士……と資格を取得していくうちに自信が生まれ、経営者時代の苦労や不安が過去のものとなりました。資格にはそんな力もあるのです。


古森重隆

仕事の周りをウロチョロしている程度の働き方では駄目だ。半年でいいから、一度、死ぬほど働いてみろ。そうすればわかる。
【覚書き|部下に人生の目標と仕事をどうすれば両立できるのかと問われての発言】


三谷宏治

意思決定のための正しい思考法を身につければ、いまより短時間で、なおかつ正しい判断が必ずできるようになります。それを可能にしてくれるのが重要思考です。所与の状況の中で求められている「一番大事なこと」を見極め、「大戦略(大きな方向性)「効用(中目標)」「手段(最終的に選ぶツールや戦術の優先順位・取捨選択)」の三段階で考えるのです。


岩田松雄

スターバックスに入ったとき、レジで注文を受けた後、パートナー(店員)がバーカウンターでお客さまに商品を手渡す時が、この仕事の火花の散る(付加価値が発生する)瞬間であるはずです。偶然にも、スターバックスのコミットメントに、「Moments of Connection(顧客とつながる瞬間を大切にする)」があります。全社員の意識をその火花の散る瞬間(Moments of Connection)に向けなければならないと感じました。それが「経営者の一番大事な仕事」と言っても過言ではないのです。


グレン・ガンペル

私たちはとても多くのデータを根拠にしたやり方で物事を決めている。