名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ロバート・M・ベラーディの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・M・ベラーディのプロフィール

ロバート・M・ベラーディ。米国人経営者。東京スター銀行CEO(最高経営責任者)。米国出身。米国サウスカロライナ大学大学院修士課程修了後、シティ・バンク、グローバル・コンシューマー・バンク・ヴァイス・プレジデント兼ヴァーチャル・バンキング・ヘッド、日興ビーンズ取締役などを経て東京スター銀行に入行。取締役兼企画本部長、取締役兼個人金融本部長、代表取締役専務兼個人金融本部長兼法人金融本部長、代表執行役専務リテール金融本部長、取締役兼専務執行役、取締役兼代表執行役、CMO(最高マーケティング責任者)、ブランドディベロップメントグループリーダーなどを経てCEOに就任。

ロバート・M・ベラーディの名言 一覧

計画通りに行くことは不可能です。繰り返し修正が必要です。でも、そのとおりにいかなくても、計画は決して無駄にはなりません。計画を立て、自分の意志で人生をつくろうとすることこそ、不安に対する最も効果的な対策だと思っています。


人生の支出計画は、そのまま人生設計と言い換えられます。ですから、最初に取り組むべきなのは、「自分はどんな人生を送りたいのか」という人生の目標を考えることです。


いい借金とは、「利息よりも大きな価値を将来的に得られる可能性が高い」そんな出費に関する借金です。
悪い借金とは、「将来的な価値を生み出さない、ただ目の前の欲求を満たすためだけ」の借金です。


人生の支出計画を立てれば、いつまでにいくら貯めればいいかが見えてくるので、対策が講じられます。なんといっても、お金に対する漠然とした不安を取り除くことができ、「とにかく貯金をしなければならない」という強迫観念に悩むことがなくなります。うまく計画を立てれば、買いたいものを着実に手に入れられるようになり、人生も豊かになるはずです。


「これだけでは足りないのでは?」という不安にとらわれると、お金を使うことに罪悪感を覚えるようになります。すると、無駄遣いだけでなく、使うべきときにも出費を惜しむようになります。それは、長い目で見て、損をすることにつながります。自己投資にお金を惜しんで仕事の能力があがらない。住宅価格が安くなっているのに買い渋って数年後に高値でつかんでしまう。これでは、生活は豊かになりませんし、お金に対する不安も消えることはないでしょう。


「出費計画」「貯金計画」「借金計画」ともうひとつ「投資計画」を考慮すべきです。人生の目標を達成する、あるいは定期収入以上の所得を増やすためには、株や債券への投資、事業への投資、企業などを考えてもいいかもしれません。「使う」「貯める」「借りる」「投資する」の4つを組み合わせた計画を立てることで、お金に対する不安はきっと軽くなるでしょう。


日本人は借金に抵抗がある人が多いようですが、私は「自分の人生の所得を均(なら)す手段」として前向きにとらえています。知的に借りれば、必ずしも悪いことではありません。法人という観点で見れば、ほとんどの日本企業は借金をしています。借金は事業を拡大させるために必要な手段です。同様に個人でも計画的に「いい借金」をするべきです。


無計画に貯金している人は、人生の目標があやふやなのではないでしょうか。落ち着いて考えてみれば、誰にでも実現したい将来像があるはずです。おそらく、忙しさで忘れてしまっているだけなのです。ですから、まずはじっくり想像することが大切です。自分の実現したい将来像が見えてきたら、それを踏まえて「何を手に入れたいのか」を書き出していきます。それが出そろったら何をいつ買うか、具体的な支出計画にしていきます。


本来、貯蓄とは将来の支出であって、家やクルマ、子供の学費など、何かに使うという明確な目標があるからはじめるものだと思うのです。多くの日本人は「何に使う」という点があやふやなまま、無目的にお金を貯めています。人生を通した支出計画がないと、どれだけお金を貯めればいいのかわかりません。だからいくらお金があっても「これだけでは足りないのでは?」と不安になってしまいます。


貯金をすることは決して悪いことではありません。私も幼いころ両親に、貯金するように教えられました。ただ、多くの日本人は間違った貯金の仕方をしていると、私は感じます。お金と貯めることばかり考えていて、「貯めたお金をどう使うか」という観点がすっぽり抜け落ちているところです。つまり、貯蓄計画は立てても、支出計画を立てていない人が多いように感じます。


ロバート・M・ベラーディの経歴・略歴

ロバート・M・ベラーディ。米国人経営者。東京スター銀行CEO(最高経営責任者)。米国出身。米国サウスカロライナ大学大学院修士課程修了後、シティ・バンク、グローバル・コンシューマー・バンク・ヴァイス・プレジデント兼ヴァーチャル・バンキング・ヘッド、日興ビーンズ取締役などを経て東京スター銀行に入行。取締役兼企画本部長、取締役兼個人金融本部長、代表取締役専務兼個人金融本部長兼法人金融本部長、代表執行役専務リテール金融本部長、取締役兼専務執行役、取締役兼代表執行役、CMO(最高マーケティング責任者)、ブランドディベロップメントグループリーダーなどを経てCEOに就任。

他の記事も読んでみる

高岡浩三

お客さんが全然気が付いてない問題をこちらが先に発見して、それを解決したときに初めてイノベーションが生まれる。一方、お客さんが認識している問題を解決することで生まれる成果はリノベーション。


杉村太蔵

普通は、逆境のときこそ、根回しでピンチを脱出したいものですが、私は経験から、それが逆効果だとわかりました。たとえば仕事で痛恨のミスをして、評価を大きく下げてしまったとき。そこでもし自分をよく見せようと「実はこれは私が悪いのではなく、状況的に仕方なかったのでありまして……」などと弁明しようものなら、ますます評価を下げるだけですよね。


大倉忠司

昔からよく誤解されるんです。「どんな仕組みによって、そんな低価格を実現したんですか」と。でも、それは、考え方の順番が逆です。まず、こういうことを実現する企業でありたい。だからこの値段で商品を出す。そのためには、こんな工夫や経営の仕方が必要だ、という順番で私はものを考え、行動してきました。値付けというのは、経営にとってそれくらい根源的な意味を持つものなんです。


渡辺實(経営者)

私の取り組んだ基準づくりはシンプルです。新入社員でもできるような仕組みにしてあります。そもそも人間は悩んでしまう生き物です。


永井浩二(経営者)

一発勝負で成功すればいいが、もし失敗して格付けがあと1ノッチ(格付けの最小単位)下がれば、この会社はどうなるか。海外から全面撤退して、ドメスティック(国内だけ)な証券会社に戻らないといけなくなる。そんなリスクは取れない。
【覚書き|「再建計画の期間が長すぎるのでは?」と問われての発言】


伊藤隆行

仕事とプライベートって本来そんなに切り離せないと思うんです。いままで自分が生きてきた歴史やバックボーン、彼女や奥さんや子供がいる・いないなんてことが、全部仕事に出るし、出るべきだと思う。そんな生活臭をうまく滲み出せない人は、話していてもったいないなと思います。


東英弥

大事なのは、若者が夢や構想を持つこと。私自身、早くから自分で起業をしようと思っていましたから、会社案内の仕事をしながら、いろいろな企業から学んでいきました。それと同じことを若いうちに教えた方がいいと思うのです。そうすることで社会が変わるのではないかと思っています。


奥田務

時代とともに消費者は変わり、それに合わせてビジネスモデルも変えなくてはなりません。「最適解」は刻々と変わり、変化に乗り遅れるととんでもないことになる。


伊藤嘉明(経営者)

私は転職のたびに前職とは違う業界を選び、あえて「よそ者」になろうとしてきました。会社の事業を伸ばす、あるいは再生するには、よそ者ならではの新しい視点や発想を持ち込み、業界の常識を覆すことが有効だと知っていたからです。


小西國義

直営店店長からFC店オーナーに独立した人の年齢は26から30歳。店長として優秀な成績を上げていた人ばかりです。ところが、独立してオーナーになった途端、その店の業績はさらにもう一段の伸びを見せるんです。オーナーになると、お辞儀の仕方ひとつ取っても違ってくる。閉店間際にお客様が入ってきても、嫌がるどころか、むしろ喜ぶ。そこにサラリーマンには越えられない壁があります。やる気のある若いオーナーが何百人も誕生すれば、業界内でも一つの大きな流れになるでしょう。


杉原博茂

日本オラクルは今年設立30周年になります。この30年間は大きく成長できました。しかし、次の30年も同じようなことが続くわけはない。


宮内義彦

有事の際に何を考えどう動くか、正しい判断を下すことが、経営者の最大の仕事でしょう。経営者の判断一つで会社を潰してしまうこともありますから。外部環境に悩まされる時期もありましたが常にベストを尽くしてきました。