名言DB

9425 人 / 110833 名言

ロバート・ルイス・スティーブンソンの名言

twitter Facebook はてブ

ロバート・ルイス・スティーブンソンのプロフィール

ロバート・ルイス・スティーヴンソン。ロバート・ルイス・バルフォア・スティーブンソン。イギリス、スコットランド生まれの小説家、詩人、エッセイスト。エディンバラ大学土木工学科入学後、法科に移り弁護士資格を取得し卒業。生まれつき体が弱く各地を転々としながら多くの冒険小説を残した。主な作品に『宝島』『ジキル博士とハイド氏』『バラントレーの若殿』『プリンス・オットー』『難破船』『南海千夜一夜物語』『誘拐されて』など。

ロバート・ルイス・スティーブンソンの名言 一覧

誰でも、今いる場所にたどり着くためには、かつていた場所から歩き始めなければならなかった。


我々の務めは成功にあらず。失敗にたゆまずして、さらに前に進むことにある。


多忙は生気が欠乏する兆候である。そして、怠ける能力は大いなる嗜好欲と、強い個性の意識とを意味する。


我らの目的は成功することではなく、失敗してもたゆまず進むことである。


希望は永遠の喜びである。人間の所有している土地のようなものである。年ごとに収益が上がって、決して使い尽くすことのできない確実な財産である。


どんな重荷も夕暮れまでならだれでも背負える。どんなにきつい仕事でも一日だけならだれにでもできる。日が沈むまでなら誰でも優しく辛抱強く愛に満ち溢れ、純粋に生きることができる。これこそ人生というものだ。


ロバート・ルイス・スティーブンソンの経歴・略歴

ロバート・ルイス・スティーヴンソン。ロバート・ルイス・バルフォア・スティーブンソン。イギリス、スコットランド生まれの小説家、詩人、エッセイスト。エディンバラ大学土木工学科入学後、法科に移り弁護士資格を取得し卒業。生まれつき体が弱く各地を転々としながら多くの冒険小説を残した。主な作品に『宝島』『ジキル博士とハイド氏』『バラントレーの若殿』『プリンス・オットー』『難破船』『南海千夜一夜物語』『誘拐されて』など。

他の記事も読んでみる

北村守(経営者)

両親共に健康で、父はいつも通り床に就き、翌朝布団の中で亡くなっていました。正にピンピンコロリの最期。私が健康診断の異常もなく、心身共に健康に暮らせているのも両親のおかげと感謝しています。


本村健太郎

弁護士でも、仕事は速いけど「うっかり」も多いという人は結構います。たとえ資料をつくるのが速くても、あとからチェックや修正に時間がかかったり、全部やり直しということになったら帰って時間がかかることになります。基本的にはミスのないものをつくることが一番。スピードは二の次です。


小山昇

当社は、いわゆる「優秀な人材」は採用しません。飛び抜けて優秀な人がいると、他の社員が落ち込んで、やる気を失ってしまうからです。当人も周囲とペースが合わず、ストレスを溜めて、退社することになるでしょう。


三浦孝之(職人)

私が職人としてのスタートは遅かったのですが、それまでに経験してきた事は何ひとつ無駄にはなっていないと感じています。小さな頃から動植物が好きで良く観察していた事、専門学校で習った絵の勉強、パソコンで図形を描いていた仕事、髪飾り会社で教わった簪(かんざし)の流通面。これらの経験が全て今の仕事に結びついている事であり、その経験を自分なりに応用して無駄にしない事が大切なんだと思います。


ペリクレス

アテナイの住民は富を追求する。しかしそれは可能性を保持するためであって、愚かしくも虚栄に酔いしれる為ではない。


宮嶋宏幸

販売の喜びとは、まずお客様から直接感謝の言葉をいただける点。それから、結果が数字で表れるので、過去の実績や他店と比べることが容易だということ。ゲームをやっている感覚を毎日味わえるのです。もうひとつ、品ぞろえやディスプレイに自分の創意工夫が発揮できて、それに対する反響を自分で確認できる。大きくいうと、この3つです。


中村獅童(二代目)

演じることが好きで役者をやっていますから、仕事が辛いと思ったり、投げ出したいと思ったりしたことはありません。どんなことがあっても芝居に出るのは、僕にとって当たり前のこと。


ジョセフ・マーフィー

起こったことをすべて受け入れてしまいなさい。それも、よいこととして受け入れなさい。それが成功への第一歩です。


森川亮

何千万人というユーザー目線で考えて、老若男女が好むものを生み出そうとすると、結局、既にある同じようなものになりがちです。もちろん、何千万人が好む独自のものが作れれば最高ですが、多くの人はできません。「自分目線」で、自分にしかできない特徴を出せないか、そこの検討に注力しましょう。それが強い競争力になります。自分にできることで、「最大公約数」のユーザーを引きつけるのです。それが結果を出す秘訣です。


山本亮(コンサルタント)

相手からいい話を引き出すコツは、いい質問をぶつけること。というと、つい格好をつけて気取った質問をしてしまいがちなのですが「困っていること」「疑問に思っていること」を素直に感じたままにぶつけてみましょう。「成功したいけれど、何から始めたらいいのかわからなくて困っている」「この問題を解決しないといけないけれど、その方法がわからない」とストレートに質問をしてみる。もちろん相手によっては「そんなこと自分で考えろ」と突き放される可能性もありますが、自分のことのように真剣に考えてくれる可能性のほうが高いのです。要は聞いたもん勝ち。少しの勇気と困っていることさえあれば、短時間でも濃い内容の話を聞くことができるというわけです。「困っている」ことを明確にしておくことが、人からお得な情報を引き出す秘訣なんです。