名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ロバート・ルイス・スティーブンソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・ルイス・スティーブンソンのプロフィール

ロバート・ルイス・スティーヴンソン。ロバート・ルイス・バルフォア・スティーブンソン。イギリス、スコットランド生まれの小説家、詩人、エッセイスト。エディンバラ大学土木工学科入学後、法科に移り弁護士資格を取得し卒業。生まれつき体が弱く各地を転々としながら多くの冒険小説を残した。主な作品に『宝島』『ジキル博士とハイド氏』『バラントレーの若殿』『プリンス・オットー』『難破船』『南海千夜一夜物語』『誘拐されて』など。

ロバート・ルイス・スティーブンソンの名言 一覧

誰でも、今いる場所にたどり着くためには、かつていた場所から歩き始めなければならなかった。


我々の務めは成功にあらず。失敗にたゆまずして、さらに前に進むことにある。


多忙は生気が欠乏する兆候である。そして、怠ける能力は大いなる嗜好欲と、強い個性の意識とを意味する。


我らの目的は成功することではなく、失敗してもたゆまず進むことである。


希望は永遠の喜びである。人間の所有している土地のようなものである。年ごとに収益が上がって、決して使い尽くすことのできない確実な財産である。


どんな重荷も夕暮れまでならだれでも背負える。どんなにきつい仕事でも一日だけならだれにでもできる。日が沈むまでなら誰でも優しく辛抱強く愛に満ち溢れ、純粋に生きることができる。これこそ人生というものだ。


ロバート・ルイス・スティーブンソンの経歴・略歴

ロバート・ルイス・スティーヴンソン。ロバート・ルイス・バルフォア・スティーブンソン。イギリス、スコットランド生まれの小説家、詩人、エッセイスト。エディンバラ大学土木工学科入学後、法科に移り弁護士資格を取得し卒業。生まれつき体が弱く各地を転々としながら多くの冒険小説を残した。主な作品に『宝島』『ジキル博士とハイド氏』『バラントレーの若殿』『プリンス・オットー』『難破船』『南海千夜一夜物語』『誘拐されて』など。

他の記事も読んでみる

藤井美保代

最近、ニーズの高い研修のテーマは「事務ミス」に関するものですね。いくら企業努力を重ねても、ミスをすれば会社の信用失墜など取り返しのつかない事態につながる場合もありますから。


安田隆夫

私も自分の人生を考えた時に、平均寿命まであと20年ぐらいの命です。私の人生観としては、ラスト20年をどう生きてきたかが、その人の人生が幸せだったかどうかを決めるリトマス試験紙だと思うんですよ。


安渕聖司

仕事の判断を誤らないためにも、ストレスを溜めないためにも、「予測や計画は簡単に狂う」と強く意識しておいたほうがいいでしょう。


二宮尊徳(二宮金次郎)

貧富は分度を守るか分度を失うかによって生ずる。分度を守って、みだりに分内(予算)の財を散らさなければ富にいたるし、分度を失い、他から借財して分内に入れるようであれば、やがて貧に陥る。


山本真司

考える前の心構えも大事です。思考はとてもハードな作業なので、目標を高くしないと耐えられない。「この企画では絶対に他人に負けない」「みんながびっくりするようなものを出す!」と心を決める。適当に考えても、ろくなものはできません。


新井直之(執事)

幾度となく戦火に追われたユダヤ人が金(ゴールド)を重視し、金歯や指輪、ネックレス、時計などに形を変え、身につけていたように、お金持ちは燃えても残る資産を大切にします。実際、私がお仕えしているお金持ちの邸宅には、必ずと言っていいほど地下に金庫があります。それもホテルや旅館にあるようなボックス型ではなく、壁に埋め込んだ金庫です。そのなかには、金やプラチナの延べ棒が収められ、非常時の備えとなっています。


佐々木常夫

部下を残業させずにチームの成果を挙げるには、上司がプレイング・マネジャーをやめることが必要です。管理職の本来の仕事というのは、チームメンバー一人一人を指導して仕事のやり方を改善させながら、組織全体の効率を高めることです。これを本気でやろうと思ったら、プレーなんかしている余裕はないはずです。部下と一緒になってプレーしている管理職は、本業から逃げているだけです。


北条氏綱

万事について倹約を守るべきである。贅沢な生活を求めるには、下の人民から搾取しなければその出所がない。倹約さえ守れば、人民を困窮させず、侍から地下人や百姓にいたるまで富貴となる。国中が富貴になれば、大将も鋒先が強くなって、合戦の勝利は疑いない。


ロバート・キャプラン

経営幹部層は、戦略だけをテーマにした会議を定期的に、できれば毎月開くことが望ましい。業務に関する会議と、戦略に関する会議は分けるべきです。


新将命

時間の使い方で大切なのは長さではなく密度です。早起きをして時間を増やそうと考えるより、自分なりに集中できる時間帯を生み出す工夫の方が合理的です。早起きをしばらく続けてみて習慣化できれば、それに越したことはありません。朝がどうしても苦手であれば、夕方までにリカバリーできるような方法を考えてみればいいのです。


原田隆史

いまのようなコミュニケーション不足の時代こそ、自分で自分を高く評価して、やる気を高めていくことが必要です。自分褒めが上手にできるようになると、愚痴や弱音とは無縁の折れない心が形成されていきます。いつもプラス思考の自立型人間になるのです。


松岡修造

人は誰でも、挫折や失敗を繰り返すうちに、以前はできなかったことが少しずつできるようになっていきます。そうした過去の失敗があるからこそ、次に同じような事態になったとき正しい方法を選べるし、人にもアドバイスできるのではないかなと思います。