ロバート・ルイス・スティーブンソンの名言

ロバート・ルイス・スティーブンソンのプロフィール

ロバート・ルイス・スティーヴンソン。ロバート・ルイス・バルフォア・スティーブンソン。イギリス、スコットランド生まれの小説家、詩人、エッセイスト。エディンバラ大学土木工学科入学後、法科に移り弁護士資格を取得し卒業。生まれつき体が弱く各地を転々としながら多くの冒険小説を残した。主な作品に『宝島』『ジキル博士とハイド氏』『バラントレーの若殿』『プリンス・オットー』『難破船』『南海千夜一夜物語』『誘拐されて』など。

ロバート・ルイス・スティーブンソンの名言 一覧

誰でも、今いる場所にたどり着くためには、かつていた場所から歩き始めなければならなかった。


我々の務めは成功にあらず。失敗にたゆまずして、さらに前に進むことにある。


多忙は生気が欠乏する兆候である。そして、怠ける能力は大いなる嗜好欲と、強い個性の意識とを意味する。


我らの目的は成功することではなく、失敗してもたゆまず進むことである。


希望は永遠の喜びである。人間の所有している土地のようなものである。年ごとに収益が上がって、決して使い尽くすことのできない確実な財産である。


どんな重荷も夕暮れまでならだれでも背負える。どんなにきつい仕事でも一日だけならだれにでもできる。日が沈むまでなら誰でも優しく辛抱強く愛に満ち溢れ、純粋に生きることができる。これこそ人生というものだ。


ロバート・ルイス・スティーブンソンの経歴・略歴

ロバート・ルイス・スティーヴンソン。ロバート・ルイス・バルフォア・スティーブンソン。イギリス、スコットランド生まれの小説家、詩人、エッセイスト。エディンバラ大学土木工学科入学後、法科に移り弁護士資格を取得し卒業。生まれつき体が弱く各地を転々としながら多くの冒険小説を残した。主な作品に『宝島』『ジキル博士とハイド氏』『バラントレーの若殿』『プリンス・オットー』『難破船』『南海千夜一夜物語』『誘拐されて』など。

他の記事も読んでみる

伊藤一郎(経営者)

カリスマやプロ経営者でなくても成長できる会社にするには、組織としてしっかり経営ができるようにしなければいけない。そのためにも、ガバナンスの体制をきちんと整えなければいけない。


永井孝尚

夜の疲れた頭で1時間、2時間使ってアウトプットしようとしても、ろくなものにはならない。夜の間は、頭の中を整理するだけに留めておく。そして翌朝に15分でアウトプットしたものが、夜間の低品質なアウトプットを凌駕するのです。一日働いて疲労した頭にさらにムチ打って働くのと、朝起きた真っさらな頭で仕事をするのと、どちらがよいか、ということです。


古川裕倫

軸ブレする上司では部下はやりにくい。でも、軸をブレさないことにこだわり、頭が固くなるのは本末転倒。ほかの人の意見をまったく聞かなかったり、状況変化に対しても、当初の予定を変更しないのは困る。柔軟性を保ちながら、部下が納得する一貫性を持つことが大事。


中嶌武夫

私の会社の場合、メルセデス・ベンツの販売台数では日本一になりました。しかしそれは、私の考える日本一ではない。「あのシュテルン中央という会社のお店でベンツを買いたい」とお客様に思っていただけるようになって初めて日本一だということです。


鈴木貴博(コンサルタント)

確かに思考力を鍛えるためには、情報を集めるだけではなく経験の量も重要です。私もコンサルティングファームで数々の修羅場や失敗を経験し、そこから学ぶことが多くありました。ただ、これについては、本を読んで間接体験することで、補うことができると思います。


井上貞治郎

世の中で理想の女房、あるいは夫というものはない。夫婦はむしろお互いがつくるものなのだ。私は太ってすっかり出不精になった妻を仕事や旅行にも引っ張り出し、私と同じように見聞を広める機会を与えるようにしている。放浪を続けた私だったが、いまさらのように、家庭こそ、夫婦が力を合わせて築いていくべき砦だとつくづく思うのである。


東国原英夫(そのまんま東)

読み返すことを大前提としてノートを書いているので、主語や述語を意識し、AだからB、BだからCと、論理的に書くように努めています。書くことが、自分の意見をまとめ、人に話すためのロジックを組み立てる訓練にもなっていますね。だから、人から急に意見を求められても、ぱっと答えられる。ノートに書いた内容が脳裏に浮かび、瞬時に話の起承転結を組み立てることができるのです。


藤沢武夫

流通の管が細ければ、問屋の方は儲かります。品不足という状況ならば、販売の方は努力しなくても金が入ってくる。ところが、それではメーカーは飛躍できません。売る努力をさせなければいけない。そのためには、ルートをたくさんつくって、競争原理を導入しなければならない。そうしない限り、どんな大きな夢を持ち、それが実現しかけても、流通の管がネックになってしまう。


井上真央

演じることは最終的には自分との戦いなので、柔軟でありたい。


田久保善彦

自社の経営理念をこよなく愛し、自分の体の中に取り込んで仕事をしている社員が多いほど、企業は強くなると私は思います。


松本晃(経営者)

カルビー入社以来いろんな変革を一つひとつコツコツと進めている。その変革はどれをとっても会社の成果につながることだけだ。


オマル・エル=アッカド

自分はずっとフィクションの書き手になりたいと思いながら記者の仕事を続けていて、たまたま10年たってこの本(『アメリカン・ウォー』)を出せた。世の中には1年でデビュー作を出版する人もいれば、20年たってもまだ出せない人もいる。それは、人それぞれです。


安田道男

上司を困らせる部下の対応は、頼んだ仕事をやらずに放っておくパターンです。「自分はそうは恩わない」といった理由で放置しているのかもしれませんが、そうすれば上司がいつか忘れてくれるのではと思っているところが問題ですね。その人は、お客様のことでも会社や上司のことでもなく自分のことばかり考えているのです。


昆政彦

部下が何をしているか上司が知る必要はありません。経験豊かな上司が知れば、あれこれ指示したくなるので、部下のやる気を失わせることにもなりかねない。あくまでも社員のやる気、積極性が前提。


山崎将志

いいリーダーは、社外の人に自分の会社のことを話すとき、「うちのスタッフは皆、優秀で」と話す。部下が同席しているときにも、あえて「うちは最強のチームですから」と言うようにする。「君は優秀だね」と直接褒められるのもうれしいが、他者の前で「こいつ、すごいんです」と言われたほうが、言葉の信憑性が高まり部下のやる気にもつながる。社内で話すときも同様だ。「うちのチームは優秀だよね。これができるんだから、何でもできるんじゃない?」「こんな優秀なメンバーが集まるのは珍しいよ」と、前向きな言葉を使いたい。


ページの先頭へ