名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ロバート・マートンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・マートンのプロフィール

ロバート・マートン。アメリカの経営学者。ノーベル経済学賞受賞者。ニューヨーク州出身。コロンビア大学で学士号取得、カリフォルニア工科大学で修士号取得、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号を取得。マサチューセッツ工科大学スローン・ビジネススクール教授、ハーバード・ビジネススクール教授などを務めた。

ロバート・マートンの名言 一覧

投資にフリーランチはない。リスクが低いと喧伝されている投資には手を出してはならない。


金利が非常に低い状況は今だけでなく、過去にもあった。将来にもあるだろう。それでもベストを尽くすことだ。


投資家は現実と向き合わなければならない。市場がもたらすものをコントロールすることはできず、付き合っていくしかない。


「株式に長期投資すれば必ず報われる」といった甘言に惑わされてはならない。


現代の投資はチェーンソーのようなものだ。木を切るには非常に効率的な道具だが、とても危険だ。使い方に習熟してから使用することが求められる。


信頼のできるアドバイザーに助言を求めるべきだ。もし膝が悪くて手術が必要だったら、患者のことを考え、かつ腕のいい外科医を探すだろう。手術の費用が安いからといって、患者の治療を最優先せず、腕もよくない外科医には頼まないはずだ。投資も同じだ。


年収は昇進や降格などに伴っても増減する。変動する年収に生活レベルを合わせるために、現役のうちは貯蓄に回す額の割合、すなわち貯蓄と生活費の割合は一定に保つようにするのがいい。そうすれば、生活水準と貯蓄は、おのずと自分の収入に応じたものになる。


大切なのは、リタイアする前にいくら貯めるかということではなく、リタイアした後に毎年いくら必要なのかを把握し、その収入が確実に得られるよう手立てを講じておくことだ。


マジックはあり得ない。「貯蓄を増やすか」「長く働くか」「資産運用でもっとリスクを取るか」。そして、「所有している資産を活用して、それを安定した老後収入につなげるか」だ。


ロバート・マートンの経歴・略歴

ロバート・マートン。アメリカの経営学者。ノーベル経済学賞受賞者。ニューヨーク州出身。コロンビア大学で学士号取得、カリフォルニア工科大学で修士号取得、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号を取得。マサチューセッツ工科大学スローン・ビジネススクール教授、ハーバード・ビジネススクール教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

リード・ホフマン

SNS上には、自分の可能性を広げてくれる人が何人も存在しているはずです。その人たちとつながる確率を上げる方法は、素性を開示することだと私は思います。仕事のプロとして人脈を構築しようと思うなら、なおさらのこと。名前や勤務先、仕事内容、スキルなどを詳しく書けば書くほど、ピンポイントの情報が集まってきます。つながっている人々に時に力を貸し、時に力を借りて信頼関係を構築していく。すると、挑戦してみたかった仕事の情報がもたらされたり、大きなチャンスが舞い込む可能性も生まれます。


西本幸雄

イワシも大群になると力が出る。みんなが心底から力を合わせることによって、何かが可能になる!


天野浩

研究をして人の役に立つということが最終的な目標。


丹羽宇一郎

若い人には、世界で一流の人とつきあうように言っています。日本人だけを相手にしているようでは視野が狭い。仕事の本当の深さを知ることができません。若い人には、ぜひ世界の現場に出て、本物の一流を知ってほしい。


小林陽太郎

学生時代は別にして、社会人になってから正面を切って古典にふれる人は、おそらく少ないのではないか。極端な話、古典はホコリをかぶって本棚に置かれているようなイメージを抱いている人が多いが、決してそうではない。現代に生き続けている古典とは、いくつもの時代を越えて、非常に長い「旬」を持ち続けている考え方であり、思想なのである。


いぬかいはづき

今はリスクマネジメントの観点からも、企業に属しつつ資格を取得し、勤務しながら資格を活かす働き方が主流です。今後、ますますこの潮流は強くなるはずです。そうしてキャリアの中で取得した資格は、転職を考えるときにも役立つ場面が大いにあります。


橋本和良

掃除や環境整備をやればすぐに会社が儲かるというわけではありません。それは薄い紙を一枚一枚重ねていくようなものです。


仲暁子

米国の社会学者、グラノヴェッター博士は、日頃から密に接している同僚や親しい友人といった「強い紐帯」より、知り合いの知り合いなどの「弱い紐帯」の方が、魅力的な転職先情報など、新規性が高くて価値ある情報を提供しやすいという仮説を発表していますが、実生活でも腑に落ちる人は多いのではないでしょうか。「弱い紐帯」をうまく構築できるかどうかが、今後のキャリアアップの成否のカギとなっていきそうです。


ケインズ

財政支出は浪費的かつ消耗的であればあるほど景気対策としては好都合だ。どんどん無駄金を使うべきだ。


松田憲幸

日本IBM時代、とにかく分からないことは、すべてなくそうとしていました。SE(システムエンジニア)という仕事には、サーバーや通信、ハードウェアなど膨大な知識が必要ですが、すべてを覚えるのはとても大変なことなんです。それで多くのSEは、大型汎用機のことは詳しくても、パソコンのことは分からないといった人が多い。それでも私は分からないことがあれば、都度、自分で調べ吸収していました。


米光一成

本を1冊読み終えたら、気になった事実や著者の意見などを書き出し、そのメモを次に読む関連本に貼っておくようにしています。これが、まとめ読みの効果をぐんと高めます。


酒巻久

「オレは知らなかった、早く言えばオレが何とかできた」と怒るのは自分の不甲斐なさに言い訳をしているだけ。優秀と言われる人が集まる会社でもこういう上司は多い。普段から部下の人間性をよく理解し、コミュニケーションがとれていれば、そんな言葉は出ませんし、そもそも降ってわいたようなトラブルも起きないはず。一流の上司は常に「こんな問題が起きる可能性がある」「問題が起きたときは一緒に考えよう」と部下に声をかけていますから。