名言DB

9429 人 / 110879 名言

ロバート・マートンの名言

twitter Facebook はてブ

ロバート・マートンのプロフィール

ロバート・マートン。アメリカの経営学者。ノーベル経済学賞受賞者。ニューヨーク州出身。コロンビア大学で学士号取得、カリフォルニア工科大学で修士号取得、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号を取得。マサチューセッツ工科大学スローン・ビジネススクール教授、ハーバード・ビジネススクール教授などを務めた。

ロバート・マートンの名言 一覧

投資にフリーランチはない。リスクが低いと喧伝されている投資には手を出してはならない。


金利が非常に低い状況は今だけでなく、過去にもあった。将来にもあるだろう。それでもベストを尽くすことだ。


投資家は現実と向き合わなければならない。市場がもたらすものをコントロールすることはできず、付き合っていくしかない。


「株式に長期投資すれば必ず報われる」といった甘言に惑わされてはならない。


現代の投資はチェーンソーのようなものだ。木を切るには非常に効率的な道具だが、とても危険だ。使い方に習熟してから使用することが求められる。


信頼のできるアドバイザーに助言を求めるべきだ。もし膝が悪くて手術が必要だったら、患者のことを考え、かつ腕のいい外科医を探すだろう。手術の費用が安いからといって、患者の治療を最優先せず、腕もよくない外科医には頼まないはずだ。投資も同じだ。


年収は昇進や降格などに伴っても増減する。変動する年収に生活レベルを合わせるために、現役のうちは貯蓄に回す額の割合、すなわち貯蓄と生活費の割合は一定に保つようにするのがいい。そうすれば、生活水準と貯蓄は、おのずと自分の収入に応じたものになる。


大切なのは、リタイアする前にいくら貯めるかということではなく、リタイアした後に毎年いくら必要なのかを把握し、その収入が確実に得られるよう手立てを講じておくことだ。


マジックはあり得ない。「貯蓄を増やすか」「長く働くか」「資産運用でもっとリスクを取るか」。そして、「所有している資産を活用して、それを安定した老後収入につなげるか」だ。


ロバート・マートンの経歴・略歴

ロバート・マートン。アメリカの経営学者。ノーベル経済学賞受賞者。ニューヨーク州出身。コロンビア大学で学士号取得、カリフォルニア工科大学で修士号取得、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号を取得。マサチューセッツ工科大学スローン・ビジネススクール教授、ハーバード・ビジネススクール教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

藤森義明

連結売上高3兆円の大目標を達成するためにまさに大きな変革が必要なわけですが、私はそれを「統合の基盤づくり」「成長の基盤づくり」「真のグローバル・カンパニー化」という3つのステップによって達成しようと考えています。


宋文洲

投資は大事なことです。中国人はみんな投資をしています。でも、私がそういうと「お金が無いから難しい」と言い訳をする人がいる。そういう人は投資を誤解しているんですね。お金を使った投資だけが、投資ではありません。自分の労力、時間、気持ち……など全部投資できるんですよ。たとえば、田舎の実家から名産の果物が届いたとします。私なら自分は食べないで、皆に配るよ。それも自分にとって大事な人間に配る。将来、自分の商売を助けてくれる人。ノウハウを教えてくれる人。自分を引っ張って出世させてくれる人。そういう人々に配ります。これが投資の発想です。お金だけじゃない。時間、労力、気持ち、自分が大事にしているもの全部を投入して、将来大きくなるために使うことが投資なんです。


藤原洋

既存の企業も何も変わらなければ、段々衰退していき、いずれはなくなってしまう。


中村伸人

体操が苦手で、自信がなくなった子供たちに楽しさを教えることができれば、生徒は増えていきます。当社の教室の特徴は、最初にトランポリンを体験してもらうことにあります。トランポリンで飛び跳ねることで誰でも体操の楽しさを体感し、高くきれいに飛ぶためのバランス感覚や身体の使い方を学べばもっと楽しくなります。その時に重要なのが教える先生の体操理論に基づいた指導法です。


田中雅子(コンサルタント)

会話の進め方についてもほかの人の力を借りて作戦を練るのが有効です。社長にプレゼンをするなら、社長に近い役員に効果的な提案法を事前調査します。そこで得た情報から、社長が論理的で長い話を嫌うタイプの人だとわかれば、裏付けとなる細かい数字を並べた資料を用意したうえで、3分以内で簡潔に要点を伝えられるよう話をまとめます。ただし、これらの作戦を成功させるには、同行してもらう人やアドバイスをもらう人と、事前に人間関係づくりをしておく必要があります。


庄野直之

企業は人が全て。会社にはいろいろな人がいますから、トップは社員にチャンスを与えて、向き不向きを見極める目が必要。今後、ますます経営者の役割は重要になってくると思います。


オグ・マンディーノ

もしあなたの求めているものが、仕事ではなく、豊かに時を過ごすための余暇であるなら、勇気を奮い起こして行動しなさい。行動すればするほどもっと行動できるようになり、忙しくなればなるほどますます多くの余暇を楽しめるようになる。


箱田忠昭

聞き役といっても難しく考える必要はありません。うなずくだけでも、コミュニケーションの効果が十分にUPできる。私も講演やセミナーでは、ニコニコとうなずいてくれる人を探して、その人に話しかけるようにしています。


中村史朗

社員に向けた文書だと、意図的に感性に訴える表現をしたり、生活感のある言葉を選んだりしています。文字数を少なくしたり、ときにはイラストを入れたりして、見た目が堅苦しくならないようにする工夫もしています。同じ内容の文章でも、銀行向けに書く場合は数字や文字を多くし、少し堅い感じにします。銀行に対してはそのほうが伝わりやすいからです。文書の味付けは相手によって変える必要があります。


徳重徹

本気の挑戦の結果としての失敗は、必ず自分のプラスにつなげることができるのです。自分はさて置き、過去の偉人はみんなその繰り返しで、大事を成し遂げていますから。