名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ロバート・マクナマラの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・マクナマラのプロフィール

ロバート・ストレンジ・マクナマラ。アメリカの政治家、米国国防長官、世界銀行総裁。カリフォルニア大学バークレー校卒業後、ハーバード大学でMBAを取得。卒業後は、世界最大級の会計事務所プライス・ウォーターハウスに入社するも、ハーバード大学へ戻り教鞭をとる。太平洋戦争中は陸軍航空部隊で戦略爆撃の解析と立案の仕事を行った(東京大空襲の無差別爆撃には反対意見を表明していた)。戦後はフォード・モーターに入社し、社長に就任。ケネディ政権で国防長官を務めたのち世界銀行総裁を務めた。

ロバート・マクナマラの名言 一覧

企業の戦略についての重要な決定の責任は、政治戦略の責任のときと同じく、当然トップに立つ者が行うものである。それが彼の存在理由である。


マネジメントとは、社会的、経済的および政治的ないろいろな変化、つまり人間社会のあらゆる変化を合理的に組織し、それを社会全体に行きわたらせることのできる手段である。


マネジメントがよければ、企業や集団は戦略を決定するまでの手順をうまく組み合わせることができる。マネジメントの持つ最も根本的な役割は、変化というものにただ押し流されるのではなく、頭脳的にそれに立ち向かっていくことである。


経営トップが合理的な決断を下せるかどうかは、彼個人の能力によるものではない。それはひとえに彼の前に揃えられた資料が、適正な決定を下すためにどの程度明確なものかどうかにかかっている。


ロバート・マクナマラの経歴・略歴

ロバート・ストレンジ・マクナマラ。アメリカの政治家、米国国防長官、世界銀行総裁。カリフォルニア大学バークレー校卒業後、ハーバード大学でMBAを取得。卒業後は、世界最大級の会計事務所プライス・ウォーターハウスに入社するも、ハーバード大学へ戻り教鞭をとる。太平洋戦争中は陸軍航空部隊で戦略爆撃の解析と立案の仕事を行った(東京大空襲の無差別爆撃には反対意見を表明していた)。戦後はフォード・モーターに入社し、社長に就任。ケネディ政権で国防長官を務めたのち世界銀行総裁を務めた。

他の記事も読んでみる

西田文郎

危機的な状況に置かれたとき、誰かを責めるのではなく、「これは私を強くするチャンス。神様からのプレゼントかも」と肯定的にとらえましょう。すると、感情脳(大脳辺縁系)が不快から快へと切り替わります。眠っている間に、否定的な記憶が脳に固定化されないよう、眠る前に記憶の塗り替えを行うことをお勧めします。


宋文洲

華僑でも中国だけに資産を集中しません。あちこちの国に分散します。日本でも東日本大震災という誰も予測できないことが起きた。昔は中国にはカントリーリスクがあるという人が多かったけど、日本にも違う形でカントリーリスクがあるわけです。どれだけ分析したって、人間が予測できないリスクは存在する以上、投資対象を分散し、リスク管理は必要。


守屋淳

歴史・古典に学ぶことは少なくない。古今の動乱期にはまさに生きた知恵が集約されているし、マインドが卓越した人物が数多く活躍している。現代人の悩みの多くは、すでにそんな先人たちの通った道なのだ。


松井忠三

日付の下には毎日天気を書いています。これは、良品計画時代に始めました。天候は、毎日の商品売上げに大きく影響する事項だったからです。今年と前年の同日の売上げを比較するとき、「去年の今日は台風が来ていた」などの情報は不可欠。現在は単なる習慣として書いていますが、当時は最重要と言えるデータでした。


ペレ

私にとって背番号10というのは特別な意味を持っている。
【覚書き:ブラジル代表チームのキャプテンナンバー背番号10番について語った言葉。】


宮内義彦

深く突き詰めて考えるために、あえて考えない時間をつくることも大切。そのバランスを取らないと。


田中和彦

何歳になっても落ち着いたら駄目です。昨日と同じ今日を過ごせば、明日も変わりません。そんな慣性の法則から脱し、新しいエネルギーを発揮しましょう。


唐鎌謙二

お客さまにうそをつくのは倫理的にダメ。また、相手をだましている自覚があると、手がける商品・サービスに自信が持てません。それはお客さまにも伝わり、結局、仕事が取れなくなる。


羽生善治

棋士の生活はマラソンに似ています。一般に、競技生活が長いですから。私はプロになって26年目ですが、「まだあと30年あります」といわれたら、気持ちが萎えてしまいます。あまり先のことまで考えると、道のりが途方もなさすぎて辞めたくなる。むしろ「とりあえず1キロ走ろう」という気持ちでやっていくほうが、自然に続けられるのではないでしょうか。


石田智子

私はもともとスタートが得意ですが、それは脚が短く、脚の外側の筋力が強いので低い姿勢で前に飛び出せる、という身体的な資質によるもの。でも、資質だけでは限界がある。その先は技術が重要になってきます。スターティングブロック(足を置く台)をうまく使って、いかに重心を低く抑え、前方に力を出せるか、という技術です。技術がないと、力が上にいき、体が立ち上がってから走るので、遅れてしまうんです。


酒巻久

「なんでこんなつまらない仕事を、俺がやらなきゃいけないんだ」と上司の指示を無視して、ズルズルと先延ばしする。これは部下が一番避けなくてはいけないことです。指示を与えた上司は、できるだけ早いタイミングでの報告を期待しています。今日指示を出したら、本当は翌日にでも報告が欲しいぐらいです。すぐ成果を求めているわけではありません。上司は途中経過が知りたいんです。


及川智正

農作物の流通を今取り仕切っている農協に対しては色々な批判があります。ですが、農家を3年、八百屋さんを1年やった僕から見ると、農協の仕組みって悪くないんですよ。良いところもたくさんあって、今の時代に合ったところもある。では、何が問題なのか。それは農家にとっての選択肢が農協しかなかった点です。