名言DB

9490 人 / 112001 名言

ロバート・マクナマラの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・マクナマラのプロフィール

ロバート・ストレンジ・マクナマラ。アメリカの政治家、米国国防長官、世界銀行総裁。カリフォルニア大学バークレー校卒業後、ハーバード大学でMBAを取得。卒業後は、世界最大級の会計事務所プライス・ウォーターハウスに入社するも、ハーバード大学へ戻り教鞭をとる。太平洋戦争中は陸軍航空部隊で戦略爆撃の解析と立案の仕事を行った(東京大空襲の無差別爆撃には反対意見を表明していた)。戦後はフォード・モーターに入社し、社長に就任。ケネディ政権で国防長官を務めたのち世界銀行総裁を務めた。

ロバート・マクナマラの名言 一覧

企業の戦略についての重要な決定の責任は、政治戦略の責任のときと同じく、当然トップに立つ者が行うものである。それが彼の存在理由である。


マネジメントとは、社会的、経済的および政治的ないろいろな変化、つまり人間社会のあらゆる変化を合理的に組織し、それを社会全体に行きわたらせることのできる手段である。


マネジメントがよければ、企業や集団は戦略を決定するまでの手順をうまく組み合わせることができる。マネジメントの持つ最も根本的な役割は、変化というものにただ押し流されるのではなく、頭脳的にそれに立ち向かっていくことである。


経営トップが合理的な決断を下せるかどうかは、彼個人の能力によるものではない。それはひとえに彼の前に揃えられた資料が、適正な決定を下すためにどの程度明確なものかどうかにかかっている。


ロバート・マクナマラの経歴・略歴

ロバート・ストレンジ・マクナマラ。アメリカの政治家、米国国防長官、世界銀行総裁。カリフォルニア大学バークレー校卒業後、ハーバード大学でMBAを取得。卒業後は、世界最大級の会計事務所プライス・ウォーターハウスに入社するも、ハーバード大学へ戻り教鞭をとる。太平洋戦争中は陸軍航空部隊で戦略爆撃の解析と立案の仕事を行った(東京大空襲の無差別爆撃には反対意見を表明していた)。戦後はフォード・モーターに入社し、社長に就任。ケネディ政権で国防長官を務めたのち世界銀行総裁を務めた。

他の記事も読んでみる

渕脇正勝

健康に対する考え方を変えるきっかけにもなればと、様々な会場とタイアップして、私たちの製品を知っていただく場を設けています。3世代、4世代で見に来てくださるうえ、それまで地域の人が集まる機会が少なかった町などでは、コミュニティの場として会話が広がり、地域活性になると喜んでいただいています。


南部靖之

会社というのは、経営者の器以上には大きくならないもの。目の前の仕事に追われずに、自らに投資し、自らを成長させる時間をもつ重要性を痛感しましたね。


セオドア・ルーズベルト

閉じた口にはセミは飛びこまない。このフィリピンのことわざには、いつも感心させられる。


高城幸司

苦手だろうとも、会社としては、社内外の人とコミュニケーションをとって、きちんと仕事をしてもらい、利益を生んでもらわなければなりません。ですから、僕は人づき合いが苦手という社員にはこうアドバイスしているんです。普段は無愛想でも、だらしなくても何をしてもいい。ただ、仕事のときだけはテキパキとこなし、どんな人とも笑顔で接する、爽やかなサラリーマンに変身する。割り切って、演じるんです。男性は変身モノが好きでしょ? 案外、できるものですよ。


小倉広

自分の仕事だけでなく、手帳には「他人が喜ぶ事」もリストアップしましょう。例えば、「プレゼンで悩む同僚のロープレを手伝う」「送別会の幹事を買って出る」といったことでもいいです。そして、日程を決め、スケジュール欄に書き込む。続けていけば、他人のための行動が取れるようになるし、きっと他人の目は変わってきます。


小笹芳央

人生は常に「過去の自分の総決算」です。今の境遇に不満があるとしても、それが現時点での総決算。誰かのせいではありません。現状を打破しようとする「良き習慣」を身につけてこなかったから、そうなっているに過ぎないのです。


西成活裕

ある程度意見を集めたら、あとはキッパリ遮断すること。信頼できる人物や情報源、書籍などを数件あたり、「賛成or反対」「推奨or批判」など、相反する意見を両方確認したら、あとは自分で考える時間となります。自身の価値観や基準に応じて決断しましょう。


犬養岬太

印刷業のポイントは、色と価格と納期の3つしかありません。ですから、他社と差別化しようと思えば、他の分野を取り入れる必要もあります。そのひとつがマーケティングであったり、デザインであったりします。


常見陽平

採用担当者はネット上に書かれた悪い情報を見る。良い情報は面接時に話してもらうのであまり見ない。


田崎正巳

私の実感ですが、経験にムダはひとつもないんです。たとえば、コンサルタントという私の現職だけをみると、大学を出たらすぐにアメリカの大学でMBAを取って、大手のコンサル会社に就職するというのがもっとも効率的なキャリアかもしれません。でも、実際には味の素に就職して、九州のスーパーマーケットを回っていた経験が非常に役に立っているんですよ。店の倉庫整理を手伝ったり、ポスターを貼ったり。そういう経験を積んでいると、たとえばメーカーにコンサルティングをするときに「小売店のフォローが大事ですよ」といったときの重みが違う。「こいつはちゃんと裏づけがあっていっているな」と経営者の方が感じてくれるんです。これは、いわゆるエリート然としたコンサルタントにはない私の強みでしょうね。「いい経験をしてきたなあ」とつくづく思います。


南場智子

困難にある時や負けている時は、悔しいですから、元に戻る時までに何かプラスになる拾い物をしてやろうと思っています。転んでも決してただでは起きない。それは、厳しい状況であればあるほど、強く感じます。


岡本太郎

若い人たちに言いたい。ただの生ぬるいサラリーマンになることは容易だ。しかし、そこでは本当の自分を誤魔化して、画一化するよりほかはないのだ。それよりも、自分の目、手で触れる、だからこそ危険な道を切り拓いていくべきだ。決して遅くはない。諦めて、投げてしまってはならない。あえて敗れることを決意して、社会にぶつかるのだ。それによって、さらに大きな、輝かしい人間像を形成していくのである。