名言DB

9429 人 / 110879 名言

ロバート・マクナマラの名言

twitter Facebook はてブ

ロバート・マクナマラのプロフィール

ロバート・ストレンジ・マクナマラ。アメリカの政治家、米国国防長官、世界銀行総裁。カリフォルニア大学バークレー校卒業後、ハーバード大学でMBAを取得。卒業後は、世界最大級の会計事務所プライス・ウォーターハウスに入社するも、ハーバード大学へ戻り教鞭をとる。太平洋戦争中は陸軍航空部隊で戦略爆撃の解析と立案の仕事を行った(東京大空襲の無差別爆撃には反対意見を表明していた)。戦後はフォード・モーターに入社し、社長に就任。ケネディ政権で国防長官を務めたのち世界銀行総裁を務めた。

ロバート・マクナマラの名言 一覧

企業の戦略についての重要な決定の責任は、政治戦略の責任のときと同じく、当然トップに立つ者が行うものである。それが彼の存在理由である。


マネジメントとは、社会的、経済的および政治的ないろいろな変化、つまり人間社会のあらゆる変化を合理的に組織し、それを社会全体に行きわたらせることのできる手段である。


マネジメントがよければ、企業や集団は戦略を決定するまでの手順をうまく組み合わせることができる。マネジメントの持つ最も根本的な役割は、変化というものにただ押し流されるのではなく、頭脳的にそれに立ち向かっていくことである。


経営トップが合理的な決断を下せるかどうかは、彼個人の能力によるものではない。それはひとえに彼の前に揃えられた資料が、適正な決定を下すためにどの程度明確なものかどうかにかかっている。


ロバート・マクナマラの経歴・略歴

ロバート・ストレンジ・マクナマラ。アメリカの政治家、米国国防長官、世界銀行総裁。カリフォルニア大学バークレー校卒業後、ハーバード大学でMBAを取得。卒業後は、世界最大級の会計事務所プライス・ウォーターハウスに入社するも、ハーバード大学へ戻り教鞭をとる。太平洋戦争中は陸軍航空部隊で戦略爆撃の解析と立案の仕事を行った(東京大空襲の無差別爆撃には反対意見を表明していた)。戦後はフォード・モーターに入社し、社長に就任。ケネディ政権で国防長官を務めたのち世界銀行総裁を務めた。

他の記事も読んでみる

渡辺捷昭

意見と意見がぶつかり合い、火花が散ることも珍しくありません。しかし、議論をしているうちに問題意識が次第に共有され、部署ごとの垣根を越えてチームとしてベストの選択をすることができるのです。これを私は「仲良く喧嘩する」と呼んでいます。役員も常日頃からこの「仲良く喧嘩する」をやっています。常務や専務が大部屋に集まって侃々諤々(かんかんがくがく)議論を展開するのです。


長谷川和廣

企業レベルでも個人レベルでも効率を考えることは重要です。しかし、それが度を越すと、必ず落とし穴にはまります。私が請け負った赤字の再生会社の多くは近道や抜け道を探し、楽に儲けようとして顧客や世間の信用を失っていました。利益を最大化しようと、品質管理の手順を減らして不良品を頻発したり、強引な営業で取引先からソッポを向かれたり、あからさまな帳簿操作で銀行の信用を失ったり。だからこそ、成果をあげるためには抜け道などないと腹をくくり、丁寧に根気よく実績を積み上げることを真っ先に考えなくてはならないのです。


仮屋薗聡一

経営者の信頼度を測る私たちの基準は、第一に「設立の動機」です。稲盛和夫さんが言われるように、「動機 善なりや」がすべての出発点となります。


南雲吉則

夜は物事を考えるのに適していません。夜に考えようとすると、同じ考えがぐるぐる巡って、安眠できません。夜は何もかも忘れて寝る時間です。その代わり、朝は誰よりも早く起きて、自分にどういう技術が足りないのか、どういう考え方が欠落していたのかを深く考える時間に充てるとよいと思います。


真弓・ナタリー・ユエン

時は「金」なりと言いますが、華僑の方々は時間を「命」だと考えています。面会ひとつとっても、例えば一時間なら、その人の命の中の一時間を分けてもらっているのだと考えます。


清水浩(電気自動車)

注意しなければならないのは、せっかく開発したものをそのままにしていると、すぐに他国に取られてしまうということです。既に現状でもリチウムイオン電池が段々危なくなってきていますからね。大事なことは早く商売にしようとする視点です。日本の問題点は、世の中にない良いものをつくる点では他より勝りますが、そこから商品化するまでには桁違いにお金がかかることに無関心なことです。


杉山登志郎

発達の凸凹があるというだけで、教育や就労で潰れてしまう。実にもったいないことです。ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズがどれほどの富をアメリカにもたらしたことか考えてみてください。でも、もし彼らが日本の教育システムに押し込まれていたら、きっと幼少期に潰れていたでしょうね。人間の脳は5歳前後と10歳前後に飛躍的に発達します。脳神経のネットワークがほぼ完成し、使わないネットワークは剪定されていくのがこの時期だからです。この大切な時期に、個々人の成長に合った教育機会をどれだけ提供できるか。そこを考えていかないと、大げさでなく国家レベルの損失につながるのではないかと思っています。


池上彰

なかなかアイデアが浮かばなかったり、参考になる本がないかなって書店を歩いていたりすると、本の方から手招きするんですよ。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

あなたが気心の知れた友人をチームに迎えるときはくれぐれも注意してほしい。チームにはあなたと違った視点を持ち、あなたとの距離感もそれぞれ異なる様々な人が集まっている。そうしたチームの中にあなたが信頼もすれば相談もしやすい友人を無条件で入れたらどうなるか。実は私は過去にそれに近い事をしてしまったことがあった。結果はと言えば、チームは確実に割れる。自分にとって頼もしい人が、必ずしも他のメンバーにとってもそうであるとは限らないからだ。


寺脇康文

昔の自分をなぞるだけではダメですよ。あのときのあの感じでやろう、それでは進歩がないじゃないですか。そこで、ちょっと違うことをやることにしました。