名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ロバート・ホーマッツの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・ホーマッツのプロフィール

ロバート・D・ホーマッツ。アメリカのコンサルタント。タフツ大学卒業。コンサルティング会社キッシンジャー・アソシエイツ副会長、米国通商代表部次席代表、オバマ政権経済担当国務次官などを務めた。

ロバート・ホーマッツの名言 一覧

チャレンジすることは時につらいものです。しかし、多くの企業が立ち向かってきました。これからも立ち向かっていかなければなりません。


敗者復活の仕組みは重要ですね。優れた起業家といえども、最初から成功できるわけではありません。経験を積んで、2度、3度と挑戦する中で成功するわけです。


自由貿易の話が出ると、新たに競争にさらされるであろう人たちが必ず不平を言います。しかし、正しい対応は試練に立ち向かい、自分たちがいかに競争力を増すことができるかを考えること。


ロバート・ホーマッツの経歴・略歴

ロバート・D・ホーマッツ。アメリカのコンサルタント。タフツ大学卒業。コンサルティング会社キッシンジャー・アソシエイツ副会長、米国通商代表部次席代表、オバマ政権経済担当国務次官などを務めた。

他の記事も読んでみる

増田順

低価格訴求による顧客価値提供ではなく、病院で働く人たちの仕事を徹底的に理解し、その仕事自体をデザインすることで価値を生みだすことに専念しました。


矢﨑雄一郎(矢崎雄一郎)

医者を辞めてからは自分で営業を行いましたが、良い経験になりました。そのおかげで今があると思っています。医者だった時は、ビジネスに携わることは全くありませんでしたから。


中野裕哲

起業する前に最悪のケースを想定するといいでしょう。例えば、300万円借り入れて失敗し200万円の債務が残ったとします。「乗用車1台分」と思えば、怖さは薄らぐのではないでしょうか。


小林喜光

単純なモノ作りの時代は終わったわけです。そこでどう成長を遂げていくか。注力するのは「もうける仕掛けづくりが複雑なもの」と「社会的ニーズがあるもの」に絞っています。それぞれの事業の規模は売上高が年間数百億円規模と小粒かもしれませんが、そうしたものをいくつも手掛けていく。


井川幸広

わが社では他社との差別化戦略は一切行っていません。いかにクリエイターの夢を実現するか、クライアントの価値に貢献するかの二つしかありません。この二つを突き詰めていくと、結果として他社と差別化されますが、それを目的とはしていないのです。


大倉忠司

烏貴族を創業する時、居酒屋業界の中でも「一番大きい市場」を狙おうと決めていました。そして、当時は少なかった、若い人でも気軽に入れる価格、平均客単価3000円未満の焼鳥屋を実現したかった。こんな会社にしたい、こんな社会的な使命を果たしたい、そういう「思い」が値付けのベースにありました。


陰山英男

英語を聴く力はすぐに伸びます。もちろん、意味がわかるためには語彙が必要になるのは前提条件ですが、技術論としては、一見難しそうで簡単だったのは聴き取ることでした。一番難しいのは話すことですね。これはなぜかというと、日本語と英語では語順が違うから。単語を知っていても英語を話せないのは、語順の問題なんですよね。ただ、英語の語順というのは大事な順に並べればいいだけなので、とても合理的なんです。慣れてくるとすらすら出てくるようになります。


ロバート・キヨサキ

不幸な人は、どんなにたくさんお金があっても幸福にはなれない。また、物質的に貧しい人もいる。どんなに懸命に働いても、良い暮らしを送れるだけの収入を得られないでいる。いずれにしても彼らは貧しい人生を送っている。それもこれも、お金について理解しておらず、お金を自分のために働かせる方法について学んでいないからだ。


山本良一(経営者)

お客様のニーズや興味というのは瞬時に変わっていく。しかし、長い目で見れば、日本は人口が減少し、高齢化が進んでいく。そういう中でも、人々の不安や不満、ストレスというのはどんどん増えていきます。だったら、そういうところに着目すれば、何か新しいソリューションが開発されるはず。


安藤忠雄

極限の状況を乗り越えられるのは、「この先にもっと面白いことがあるぞ」と思えるからでしょう。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

最もやってはいけないのは「買っちゃった」「やっちゃった」という無計画な支出です。これは、「贅沢品を衝動買いしてはいけない」という意味も当然含まれてるのですが、それよりも「家やクルマなどの大きな買い物を勢いでやってしまうのは、絶対に避けねばならない」という意味の方が大きい。


秋山咲恵

私もすべての試みが成功したわけではないんです。失敗もたくさんしています。でも、成果を上げる人というのはみんな、最初からこの方法だと決め打ちをするのではなく、たくさんのことを試していると思うんです。もちろん、失敗も数多くしています。ただ、上手くいったことだけがクローズアップされるので、失敗が目立たないんだと思います。