名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ロバート・ホートンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・ホートンのプロフィール

ロバート・ホートン。イギリス生まれの経営者。イギリスの大手石油会社のブリティッシュ・ペトロリアム(BP)会長。セイント・アンドリュース大学卒業後、ブリティッシュ・ペトロリアムに入社。その後、関連会社でキャリアを積み、CEOを経て会長となった。世界最古の学校の一つとされるキングズ・スクール、スコットランドにあるダンディー大学、マサチューセッツ工科大学をそれぞれ卒業

ロバート・ホートンの名言 一覧

リーダーシップとは、どんなに悪いニュースであっても、最終的にはいい結果になるだろうと、人々を納得させられる能力である。


ロバート・ホートンの経歴・略歴

ロバート・ホートン。イギリス生まれの経営者。イギリスの大手石油会社のブリティッシュ・ペトロリアム(BP)会長。セイント・アンドリュース大学卒業後、ブリティッシュ・ペトロリアムに入社。その後、関連会社でキャリアを積み、CEOを経て会長となった。世界最古の学校の一つとされるキングズ・スクール、スコットランドにあるダンディー大学、マサチューセッツ工科大学をそれぞれ卒業

他の記事も読んでみる

梅森浩一

残業しないで済ませるためには、それまで完璧に仕上げなければと頑張っていたところを、8割で「サクッ!」と区切りをつけてしまえばいいんです。仕事ができるというのは、要領がいいということなんですから。


藤田晋

多くの苦境は、意外と「自分の努力」で何とかなるものです。それなのに、あれこれ言い訳を重ね、自分で「負ける流れ」を作り、それに乗ってしまう。これが「負ける人」のパターン。


加藤弘康

飲食店の場合、食材原価と人件費がコストの大半を占め、収益を圧迫します。そんな中で天候の読み違えなどにより、人件費がかさんだりしてしまうこともあると思いますが、当社の場合は標準店で13坪とコンパクトながら、席数を最大40席まで増やしています。そのため、これなら3名から4名のスタッフで回すことができますし、平日であっても週末であっても人員の差がなく、人件費のロスがなくなるのです。


藤井孝一

始業前の時間は、社内の誰よりも早く社内外の情報を入手できる貴重な時間です。誰よりも先に情報を取ることは、仕事をする上で有利です。ネガティブな情報であればなおさら事前に察知することで、上司に指示される前に対策を練っておくことができます。早朝は他部門の上司から電話がかかってくることも多く、社内外での動きを察知するのにも格好の時間です。


津田秀晴

営業マンとしての自分の特徴はどうすれば把握できるのか。まずは、そもそも自分がどんな人にどんな価値を提供したくて、いまの営業の仕事に携わっているのか、誰にどのように喜んでほしくて、いまの商品を売っているのか、そうした営業の仕事への思い入れについて、改めて書き出してみることである。


木村皓一

僕は、経営は世の中から支持されて、その結果、株式を上場するというのが正しいと思うんです。経営の目的が株式を上場して儲けたろう、というのは邪道です。第一、上場したらできないことがいっぱい出てくるんですよ。


キャロル・ドゥエック

成功者を見ていると、我々は「成功」という最終結果にばかり目がいきます。彼らには才能があったから成功した、と単純に考えてしまいがちです。しかし、成功するまでの長い間数々の障害に直面し、それを克服してきたことは我々には見えないことが多いのです。


川村隆

2011年度から、年間1000人の若い社員を最長3カ月、海外経験させるプログラムをスタートさせました。対象は日立本体とグループ会社の従業員。日立の中枢ですが、日本人だけで凝り固まってきた部分です。四の五の言わず、とりあえず海外に出てこい、という趣旨です。20代後半から30代前半の総合職で主任とか技師のクラスの若手が対象となります。現地でのミッションは約90のコースがあります。海外現地法人で実際の業務に当たったり、特定のプロジェクトに投入されるほか、業務外で語学学校に通ったり、ボランティアに参加するなど様々です。


齋藤正勝

普通なら20年くらいかかるのを10年ぐらいで到達できたのは、相手に5を求められたら、必ず7とか10にして返してきたからです。


佐々木圭一

どんなに好きな事でも人はやがて飽きてしまうものです。ならば飽きる自分を無理に修正するのではなく、意識的にスイッチを入れ替える機転が大切。


大竹真一郎

気温の変化などの環境の変化も、そして体が押されるなどの物理的なプレッシャーもストレスなんです。なので、満員電車の中は、実際にカラダが押され、夏であればクーラーが効きすぎて外との気温差が激しく、精神的にも「イヤだな」と思う、まさにストレスの3重奏というわけです。


落合信彦

仕事をやるときは、人にチャンスを与えなくてはいけない。オレも編集者に「ちょっと、こういう資料を探してくれないか」と頼んだりするが、一発で満足できる資料を手にすることはほとんどない。だからといって「ダメじゃないか、こんな資料じゃ……」とは決していわない。逆に「いやぁ、この前の資料もよかったけど、今度はこの角度のほうから集めてみてよ」ということで、こっちの意図が段階的に伝わっていく。初めから、すべてがうまくいくなどということは、絶対ないのだから。