名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ロバート・ホートンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・ホートンのプロフィール

ロバート・ホートン。イギリス生まれの経営者。イギリスの大手石油会社のブリティッシュ・ペトロリアム(BP)会長。セイント・アンドリュース大学卒業後、ブリティッシュ・ペトロリアムに入社。その後、関連会社でキャリアを積み、CEOを経て会長となった。世界最古の学校の一つとされるキングズ・スクール、スコットランドにあるダンディー大学、マサチューセッツ工科大学をそれぞれ卒業

ロバート・ホートンの名言 一覧

リーダーシップとは、どんなに悪いニュースであっても、最終的にはいい結果になるだろうと、人々を納得させられる能力である。


ロバート・ホートンの経歴・略歴

ロバート・ホートン。イギリス生まれの経営者。イギリスの大手石油会社のブリティッシュ・ペトロリアム(BP)会長。セイント・アンドリュース大学卒業後、ブリティッシュ・ペトロリアムに入社。その後、関連会社でキャリアを積み、CEOを経て会長となった。世界最古の学校の一つとされるキングズ・スクール、スコットランドにあるダンディー大学、マサチューセッツ工科大学をそれぞれ卒業

他の記事も読んでみる

工藤泰三

当社では半年間の入社研修プログラムで倉庫などの実際の現場で働いてもらっています。その後、船舶運航の実務を2年間義務付けています。現場の経験が豊富になると、お客様との商談でも迫力が違います。経験に裏打ちされた知識が自信につながっていくからです。


竹中平蔵

これまでは普通のことをやっていても人口が増えていくことによって食べていくことが出来た。特別美味いラーメンではなくても、人口が増えていく時は潰れることは無かったのです。しかし、現在では他と違う個性を出せるかなどマーケティングが上手くないと潰れてしまいます。


澤口俊之

やる気を出し、維持する力には個人差がありますが、日頃の行動や習慣を通して「やる気の出る脳」を育てることは可能です。最も簡単な方法は、有酸素運動をすることです。最近の実験では、有酸素運動が「脳由来神経栄養因子(BDNF)」という、神経細胞の成長を担うタンパク質を増やすことが判明しています。感情コントロール力がつくだけでなく、記憶を司る「海馬」が大きくなるなど、記憶力や学習力の向上が図れる、というデータもあります。ただし、あくまで「適度に」行なうことが大切。それには毎日10分~20分の早歩きがお勧めです。毎日の通勤で歩く速度を早めてみるだけで、十分に効果が出るでしょう。


ビル・マクナブ

ホームカントリーバイアス(ポートフォリオが自国の金融商品に偏る傾向)を引き下げることも重要。米国の投資家には「最低でも3分の1は米国以外の国に投資すべきだ」と言っています。いまのような環境こそ、国際分散投資が有効なのではないでしょうか。


伊藤嘉明(経営者)

筋トレで組織が一度破壊され、それを修復すべく筋肉がつくように、世界に勝つには競争という負荷が必要だ。


滝野一征

チャレンジする上では先を見通す力が大切です。私たちが創業した頃はリーマンショックの後で、誰もが自動化の話など聞く耳を持ちませんでした。それが徐々に技術力を向上させ、業界の中で認知度も上がって来た。すると今度はまた私が、「会社の半分のリソースを物流に割く」という経営判断をしました。時は14年で、やはり誰も物流が完全に自動化されるなど予想していなかった。しかし、結果はご覧の通りです。


伊藤明(伊東屋)

相手の立場を考えるとは、相手に万事合わせることではありません。相手を大事にするだけでなく、自分のことも大事にし、信念を持たなければ、相手の立場に立った発言はできません。


中西宏明

日立は技術の会社でして、工場が先にありきというようなところがあります。それは決して悪いことではありませんが、それだけじゃ足りない。さらにプラスして自分たちの製品がどういった環境で使われるのか、どういう貢献ができるのかと。そういうふうに頭を切り替えなくちゃいけません。


小久保裕紀

私はホームラン王になったことで、そのシーズンはなんとなく自分の目標を見失ったような気がしていました。そんなもやもやした気持ちを、その年のオールスター戦で会ったイチロー選手に話したところ、こんな答えが返ってきたのです。「小久保さんは数字のために野球をやっているんですか? 僕は野球を通して、胸の中にある石を磨き上げたいんです」。そのひと言で目が覚めました。野球を通して自分を磨き、人間力を高めていくことが大切だと気づかされたのです。あの時に受けた衝撃は、今でも忘れません。


村口和孝

どんな時代も、社会が同じところに留まることは無く、常に新しい大きな変化が起こっている。


藤本隆宏

経済学はこれまで「生産の立地」を論じることが多かったが、製品の差異化と規模の経済が利く現代の産業においては、結局はどこで設計するかが、どこで生産するかに大きく影響する。


鈴木英敬

「政治家とはどんな仕事か」と問われることが多いのですが、「決断と説明責任」と答えています。行政改革や少子化対策など、国や地方で論議されているもののほとんどは論点が出尽くしています。あとは、やるかやらないかだけなんです。