名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ロバート・ブラウニングの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・ブラウニングのプロフィール

ロバート・ブラウニング。イギリスの詩人。ビクトリア朝の最盛期の詩人。父から譲り受けた財産をもとに、人生を詩作のみにささげた人物。

ロバート・ブラウニングの名言 一覧

心が切望する充実感を与えてくれるものがある。それは愛情を示すことによって、自分自身を超えて生きることである。このことを実践できれば、喜びを得られる。しかし、この教訓を学ぶことには、ゆっくりとした難しいプロセスが必要である。


ロバート・ブラウニングの経歴・略歴

ロバート・ブラウニング。イギリスの詩人。ビクトリア朝の最盛期の詩人。父から譲り受けた財産をもとに、人生を詩作のみにささげた人物。

他の記事も読んでみる

古森重隆

情報には三つの種類がある。まず一つ目は明白なメッセージ。完全に見えている情報だから、誰にでも読み取れ、理解できる情報だ。二つ目がかすかな兆候といった、部分的にしか見えない情報だ。断片的に見えるが、全体像は不明確な状態で存在している。そして三番目は沈黙だ。何かあるはずなのに片鱗も見えない。経営者はこの三つの情報を感じ取って判断していく。


野副州旦

「おまえが今度後継だ」と黒川(博昭)社長からいきなり言われて、青天の霹靂としか言いようがなかったですね。社長になってどうですかって聞かれても、私という人間は急に変わりません。コップ一杯に入る水の量が2倍になればいいけれど、一杯の水をフル活用してやっていく以外にないんでしょう。


松井忠三

職人芸では経営が上手くいきません。職人は1つの事をやらせると素晴らしい能力を発揮しますが、どんどん広げて組織としてやっていく能力が低い。


若生正廣

最初の10年くらいは思うようにいかなかったですね。春の甲子園に3回出場しましたが、いずれも初戦で敗退。夏は県予選を突破できず、どうしたらもっと強いチームを作れるのかと悩みました。その末に考えたのは、監督である自分が先頭に立って指導するそれまでのやり方ではダメだということでした。


津田大介

自分は今もコミュニケーションが得意とは思わないし、人見知り。30代前半まで立食パーティーとか超苦手でしたから。何十人規模でも、とりあえずご飯をお皿に取ったら壁際の端っこで食べて、知り合いがいたらその人たちとだけ話すみたいなタイプ。誰も知り合いがいなかったら、すぐに帰っていました。でも、それじゃ仕事の質も変わらないし、人とのつながりも広がらない。誰の力も借りられない、と。仕事を通して、そう気づく機会があって、そこから10年。実感として、30代からでも自分を変えていくことはできるんだなと感じています。


波多野陽子

FC(フランチャイズ)に加盟すれば、通常なら10年以上かかるビジネスの貴重なノウハウを手に入れることができる。要するに事業が黒字化するまでの時間をお金で買うようなものです。


矢内理絵子

対局中は、誰も相談する人はいません。いまの状況を打破するためにはどうすべきか、それを一人で考え、決断し、その結果の責任は自分でとる。まさに私は、将棋をやっていた、といえる思います。
【覚書き|人生を変える決断をした当時を振り返っての発言】


鈴木喬(経営者)

セクションによって声かけの仕方も違ってきます。研究開発のグループなどは年中、頭をひねくり回している連中ですから、「死んじまえ」なんて乱暴なことを言ったら、シュンとしてお先真っ暗になってしまう。その点、営業の連中はメンタルタフネスですから、単刀直入に「おまえはアホか」と(笑)。


大谷將夫

経営改革では、目に映るものから変えていくことも大事です。
【覚書き|トラックの車体に絵を描いたり、事務用品をはじめ様々なものをコーポレートカラーの鮮やかなグリーンに統一したことについて語った言葉】


森川亮

時間を管理することは、目標を達成できたかどうか確認することにつながります。大切な目標を忘れず、達成できなかったら、反省する。それをどう仕組み化するかが大事。


小宮一慶

30代までは実務能力を磨いていればよかったのですが、40代からは、それに加えて、「リーダーとしての実力」を高めるための教養も必要です。リーダーとしての実力とは、ひと言で言ってしまえば、「人間観」を持つことです。40歳を過ぎると、役職が上がり、部下を持つ人が増えてきますが、人間とは何かを知っていなければ、人を動かすことなどできません。松下幸之助さんも「成功するためには人間観がなければならない」と言っていますが、役職が上がれば上がるほど、その重要性は高まっていきます。人間観は一朝一夕では身につきませんから、なるべく早く勉強を始めたほうがいいですよ。


吉永泰之

当然ですが、事業性については常に考えています。投資したら、回収する。当たり前のことではありますが、いざクルマ談義が始まると、採算性や投資回収が議論から漏れてしまうんですね。そうなると私は、「我々は商売をしているのだ」とクギを刺します。それが私の役割なんです。