名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ロバート・フルガムの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・フルガムのプロフィール

ロバート・フルガム。米国のエッセイスト。ユーモアなエッセイに定評のある作家。世界的ベストセラー『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』の著者。そのほかの著書に『気がついたときには火のついたベッドに寝ていた』『オッオ~! 冷蔵庫のドアの内と外からの眺め』ほか。

ロバート・フルガムの名言 一覧

未来に希望があるとわかれば、励みになる。


ある大衆紙に、その記事は載っていた。なんのことはない、ある小さな町の消防隊が2階の窓から煙が出ている家に招集をかけられたというだけの話だ。消防隊はなかに突入し、くすぶっているベッドにいた男を発見した。その男が救出され、マットレスに水がかけられると当然のごとく、こんな質問が出た。「どうしてこんなことになったんですか?」「わからんよ。気がついたときには、火のついたベッドに寝ていたんだ」

気がついた時には、火のついたベッドに寝ていた。

これを自分の墓碑銘にされても、あえて文句を言わない人は大勢いるはずだ。一文で人生をよく表している。一難去ってまた一難。わたしなどは自ら災いを招くようなまねをして、それに出くわしたとたんに巻きこまれてきた。最初は悪魔がそうさせたのであり、あとは自分でしたことだ。


ロバート・フルガムの経歴・略歴

ロバート・フルガム。米国のエッセイスト。ユーモアなエッセイに定評のある作家。世界的ベストセラー『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』の著者。そのほかの著書に『気がついたときには火のついたベッドに寝ていた』『オッオ~! 冷蔵庫のドアの内と外からの眺め』ほか。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

買収企業の再生をする際、まず手っ取り早いのが余剰人員の削減でしょう。会社を適正な規模に縮小して、再スタートを切れば身軽になる。ただ、私はこの手法は使いません。なぜなら、残った人員も士気が低下し、結果的に再成長に向けて前向きに仕事に取り組めなくなるからです。だから、人員削減はしません。その代わり、共通費用を徹底的に削減します。経理などのシステムをアイリスと共通化させれば6%近い経費削減が可能になります。ほかにも、金融機関からの借入金をアイリスが負担すれば金利負担を大きく減らすことができる。共通費用を削減することで、さらに人員に余剰が出てきます。こういった余剰人員には売上を作る仕事にシフトしてもらいます。


藤原和博

教師に最後に残る役割は、「学ぶのが大好き」というオーラを出すこと。これはAIにはできない芸当だと思う。先生の学ぶのが大好きというオーラがあるから、子供たちも勉強が好きになったり、もっと知りたいと思ったりする。


知識賢治

ともすると、短期的な成長を求めがちですが、継続した安定成長が重要です。そのためには、社員が自分で考えて行動し、スキルや人格が向上しなければならない。


石川太郎(石川彌八郎聖豊)

先代たちが良好な人間関係を保ってきたからこそ、いまの私がある。私も、物より「徳」を積むために、お金を遣いたい。日本政府は今800兆円の借金を抱えています。いずれ何とかなるだろうと思っている人は多いと思いますが。どうにもならなくなれば、「持っている人が払う」。つまりお金や土地持ちから、財産没収となる可能性は十分にありえます。実際国による財産没収のような事件は、60年周期で起こっていますからね。土地の価値がゼロになる可能性もないとは言い切れない。そう考えると、自分の子供も含めて、第19代目以降の人間に残すべきなのは、財産よりも、「徳」なんです。


堺屋太一

知価ブランドの商品値段は高額です。「そんなものにお金は出せない」という人も出てくるでしょう。その一方で、知価ブランドが提供するイメージに共鳴した人は、高い意思決定コストを乗り越えるだけの強い思い入れがあるぶんだけ、そのブランドを手にすることで「他の人とは違う」「いつもとは違う」という、非日常的な経験を味わえるのです。


澤穂希

自分に対する噂や評判は必要以上には気にしない。信頼している人にわかってもらえればいい。知らない誰かの言葉に煩わされるのではなく、自分が掲げる目標に向かって、自分や家族、自分を応援してくれる人たちのために頑張っていきたい。


山口周

私はそもそも、面倒や手間はかけたくない性格なので、「最も効率的かつ最短で学べる」というポートフォリオを検討しました。結果、マーケティングの名著や古典を学ぶことにたどり着きました。私は大学で美術と音楽を専攻していましたが、どちらも流行と衰退を繰り返した末に、いい作品だけが残るのだと知っていた。「時間」と「人」によるフィルタリングで残ったものが「古典」なのです。マーケティング理論もきっと同じだと仮説を立てました。ドラッカーやコトラーなどの名著を読んで基本を押さえた。すると、後の理論はすべて、それらのどれかを応用したものに過ぎないことに気がついた。独りで学んだことが、後に役立つことこそが独学の目的であり、醍醐味なのだと思います。


野中正人

資材・機能・品質、それにトレンドの面で十分満足いただけるレベルにあり、そのうえで、「にもかかわらず、圧倒的に安い」という形容詞がつくことこそ、しまむらが目指すべきブランドの中身なのです。


アルバート・アインシュタイン

全体的破滅を回避するという目標は、あらゆる他の目標に優先せねばならない。


野村克也

何事も「すべて勝つ」必要なんてないんだよ。限られた力、人員を疲れさせないために、ある部分は諦めて力を溜めて、全力を出せる時まで待つ。たとえば、そんな意識を持つことが、「まず諦めるが勝ち」を生むひとつの原理といえるだろう。


平井伯昌

自分の目で見たものだから納得できる。自分で考え、目で見てきたからこそ、信憑性は教科書やマニュアルよりも高い。


嶋浩一郎

    プレゼンを成功させるための7つのポイント

  1. 相手を知ること。キーマンの社内における立場や、この仕事をどう捉えているかということを理解したうえで、プレゼンに臨むのです。
  2. ゴールイメージを明確にすること。プレゼンが何のために行なわれるのかをはっきりさせることです。
  3. 「イエス」の連鎖をつくること。そのためには、話の構成として、大きな枠組みから入っていきます。
  4. 企画のメリットとデメリットの両方を提示すること。デメリットもあることを、きちんと提示する誠実さは大事です。
  5. 企画のポイントをひと言でまとめること。この企画を実行すると何がいいのかを、シンプルに表わすことが重要です。
  6. 消費者、取引先、メディアなど、さまざまなステークホルダーの人たちが、この企画を実施したときにどう思うのかを想像し、整理しておくこと。
  7. 具体的なエピソードを使うこと。プレゼンでは、企画の肝になる部分を、ドラマチックにみせると効果的です。といっても、派手な演出をするのではありません。具体的なエピソードを効果的に使うのです。