名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ロバート・フェルドマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・フェルドマンのプロフィール

ロバート・アラン・フェルドマン。アメリカ人エコノミスト、経済学博士。イェール大学卒業後、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号を取得。野村総合研究所や日本銀行、国際通貨基金(IMF)勤務を経てソロモンブラザーズ・アジア証券で首席エコノミストに就任。その後モルガン・スタンレーMUFGに移り日本担当チーフ・アナリスト及び経済調査部長。テレビのコメンテーターとしても活動している。

ロバート・フェルドマンの名言 一覧

私は、アナリストとして常に、いま目の前にある現実という材料を使い、人と違った視点からものごとを見据えるように心がけています。そうすることで本質が見え、今後取るべき対策も見えてきます。


「アメリカがダメだから、日本もダメだ」などと一面的な負け犬心理に陥るのではなく、先を見据え、自分でコントロールできることと、コントロールできないことを認識して、コントロールできることを中心に行動するしかありません。


世界がひとつの村になることは悪いことばかりではありません。ひとつの場所で起きたことが、全体に波及してしまうのは確かですが、リスク分散効果もあるし、いろんな場所から資本が集まるというメリットもあります。資源分配もやりやすいでしょう。


単純作業は機械に任せればいいのです。時間が空けばアシスタントはもっとレベルの高い仕事に手を付けることができるようになります。


たとえば、債券部門で利益が上がっていて、株では利益が上げにくい状況があったとします。そうしたらリサーチにしろ何にしろ、債券部門のための時間をより多くとるようにします。会社の営業方針や成果を予測しながら時間の配分を調整するのです。


土日に仕事が入った場合、少しでもいいから遊びの時間を入れるようにしています。3時間空けて街まで出てぶらぶらするなどです。土日も働きづめでは疲れるだけなので次の週が乗りきれないでしょう?


会社の仕事のリサーチももちろんありますが、個人的な読書のための時間もスケジュールに書き込んでいます。本を読むのは好きですし、そのときに大きなテーマを考えたりもするので、細切れではなくまとまった時間を確保するのが大切です。たとえ趣味の領域であっても、やはりこうして仕事のアポイントと同じように扱わないと、いつの間にか予定から消えてしまいます。だからスケジュールに書き込んでおくのです。


我が社では、各国のエコノミストチームの電話会議が週一回あります。以前はそれが日本時間の金曜夜に行われていました。しかし、金曜の夜に重要事項が決定されても、土日が休みなのでその間に記憶が薄れてしまい、月曜からのスタートアップに反映しにくい。そこで木曜の夜に変更し、以後はそうしたギャップを感じなくて済むようになりました。


一週間は日曜の夜に決まっています。月曜日は出社と同時に朝からいろんな仕事が一斉に始まります。だから、出社後に準備するのでは遅いんです。日曜の夜に明日からの一週間はこんな仕事があると確認しておきます。もちろん日曜日は休みですが、だからといって金曜日までさかのぼって次週の予定を考えるのはあまり勧められません。土日が空くので、その間に忘れてしまうでしょう?


わかっていても時間を無駄遣いすることだってあります。たとえば毎朝蝶ネクタイを結ぶこと(笑)。普通のネクタイよりは結ぶのに時間がかかりますが、自分のための時間を無駄遣いして気分がよくなるならそれでいいのです。


一日の時間の使い方を考えるうえで原点となるのは、残りの人生をどう生きるかということです。まず人生の大きな目標を立て、それを意識しながら今日一日をどう充実させるかを考えます。だから当然、仕事だけではなくて家族との時間や自分の個人的な用事もリストに入ってくるんです。


管理職に就いている人であれば、部下を叱るというのは嫌なものだと思いますが、先延ばしにしてもその分ストレスをずっと抱えていなくてはならないし、部下のためにもなりません。嫌なことだからこそ、いついつに実行するというふうに時間を決めてきちんとやり遂げることです。やり遂げれば、誇りにもつながっていくものです。


お茶を飲んだりメールを見たりするだけで、肝心の仕事がなかなか進まないときは、その仕事が嫌で逃げているのかもしれないですね。疲れていてやる気が出ないのか、それとも嫌な仕事だから進まないのか。原因を自覚するのは大切なことです。嫌なものを嫌なものだと自覚できていないと、逃げ続けるだけで仕事が進まなくなります。


仕事中、ある程度の中だるみは仕方ありません。近くのカフェでコーヒーを飲んで帰ってくるだけでもいいんです。10分でもいいから休憩すれば、気分も違ってきます。また、ダラダラする理由が疲れにあるとしたら、疲れていてもできる楽な仕事に切り替えればいいのです。


スケジュールの中には進行中のプロジェクト、リサーチ、家族との予定、勉強しなくてはいけないことなど、さまざまな要素があります。それらをすべてジャグリングしながら進めていくのは精神的に大変で、ストレスになりやすいものです。そこで、自分が抱えていることを一度紙に書きだしてリスト化してみると、いま自分が優先的に取り組むべき用件が、スナップショットで見えてきます。そうすれば楽に行動に移れます。


基本的なセオリーを理解したうえで現場にも強い。そんな専門家による論考が普段立ち寄っている場所で見つかれば、必ず目を通します。


大切なのは情報をいかにたくさん集めるかではなく、いかにつなぐかだと私は考えます。情報のひとつひとつを点だとすると、それらの点をつなぐ線をどう引くかで、出来上がる絵は大きく違ってきます。情報と情報をつないで自分なりの結論を見出すことに時間をかけたいのです。情報収集はそこに向かうためのプロセスにすぎません。


私は人より場所を基準にしています。好きな著者のブログであっても、日によって有益なものもあればそうでないものもあります。その優劣を自分でいちいち判読していたら莫大な時間を食われてしまいます。そこで私は、信頼できる媒体を読む方を選んでいるのです。たとえば、ひとつのテーマを掘り下げ、様々な人の意見を掲載している雑誌は、いわば、私の代わりにその雑誌の編集者が優れたブログを選び、案内人として提供しているようなものです。特定の人を基準にして追いかけるのではなく、雑誌や新聞で優れた情報が集まる場所に目を通すことを選ぶのです。


現代のネット社会はまさに情報に満ち溢れています。情報をとることばかりに熱中しすぎれば、時間はどんどんなくなります。だから、私は「注目しているAさんのブログは毎日読むなどといった手法はとらないことにしています。毎日、いくつかの情報源にさっと目を通して終わりです。


ロバート・フェルドマンの経歴・略歴

ロバート・アラン・フェルドマン。アメリカ人エコノミスト、経済学博士。イェール大学卒業後、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号を取得。野村総合研究所や日本銀行、国際通貨基金(IMF)勤務を経てソロモンブラザーズ・アジア証券で首席エコノミストに就任。その後モルガン・スタンレーMUFGに移り日本担当チーフ・アナリスト及び経済調査部長。テレビのコメンテーターとしても活動している。

他の記事も読んでみる

伊藤正裕(起業家)

昨年、当社に新卒で入社したばかりの女性が、ある大手カード会社に単独で営業しに行って、大きな契約を決めてきました。彼女はもちろん経験は少ないですし、セールストークも未熟です。でも、「この商品は必ずお客様を満足させられる」と心の底から信じる熱意が、経験のなさやトークの拙さをカバーして、相手の気持ちを動かしたのです。


朝倉千恵子

本心を言うと嫌われると思うから、言う前に諦めてしまうんです。でも、言い方さえ工夫すれば、怒るお客様はいません。たとえば「ひとつだけお聞きしてもいいですか」などと前置きしたうえで、「今日の話で、商品に対する興味を抱いていただけましたか」と聞いてみる。その際、「悪いけど興味ないわ」と言われたら、「どんな商品なら興味がありますか」と踏み込む。オブラートにばかり包んでいるから、回数を重ねても最後には断られてしまうのです。「本心には無駄がない」ということを知って、踏み込むことが大切です。


坂本幸雄

僕は社員たちと現場の情報を共有したうえで、常に一緒に動きながら考えます。社長室も専用車もなければ、海外出張も一人です。自分としては経営者というより、運動部のキャプテンのような感じです。


笠井伸啓

定器に関しては圧倒的な技術力が成長の原動力になっていると考えています。性能を出すためには一切の妥協をしないという考えの下、ギガ・ヘルツをさらに超えるテラ・ヘルツ領域での回路技術や超高速かつ超高性能な半導体技術などをすべて社内で持っている点などが挙げられます。


瀧本哲史

私はよく仕事に悩む若い人に「楽勝でできることを徹底的にやるといい」とアドバイスしています。10種類の仕事があるとすれば、なかにはひとつやふたつそれほど労力をかけずとも上手くできる仕事があるはずです。そこに時間を集中して投資するのです。それは自分の「強み」になります。


大竹のり子

同じ節約でも男性と女性では得意とするところが違います。男性は長期的なお金の流れを把握するのに長けているので、住宅ローンや保険の見直しは得意。反面、細かな食費や生活費を削るのは苦手。逆に女性はそういう日々の節約が得意な反面、10円安く買うためにスーパーをハシゴしたりと時間対効果の薄い節約をしがち。夫婦一緒にやって両方の強みを上手く組み合わせれば、節約効果は大きく上がります。


甘利信忠(甘利昌忠)

おろか者の誹(そし)りを恥じ、命が助かる可能性に賭けないのは忠孝を忘れた行為。


沙村広明

大学時代、周りが全員、教職を取っていたんですけど、自分はそれも取らず、就職活動もまったくしなかった。背水の陣を敷いたといえばかっこいいけど、単に嫌なことはやりたくなかったというのが本音です。もしマンガ家になれなかったら今頃、路頭に迷っていたかもしれない。


ラリー・エリソン

企業は常に変革していないとダメだ。


古森重隆

九州で育った私は、子供の頃、両親から「曲がったことをするな」「卑怯なまねはするな」「正直であれ」「弱い者いじめをするな」「人様に迷惑をかけるな」「負けて泣くな」「姿勢を正しくせよ」など、繰り返し教わった。結果として私自身はいままでの人生で、それを守り、オープン、フェア、クリアに戦ってきたし、生きてきたつもりである。


河合敦

時代の転換期には、必ず英雄と呼ばれる人たちが出てくるんです。平和な時代には埋もれている人間が、幕末のような動乱期になると、それぞれの役割を持って輝きはじめる。ですから現代の西郷や龍馬も、どこかにいるはずですが、まだ彼らが活躍するときではないから目立たないだけなんです。


諸富祥彦

誰からも好かれたい、みんなから愛されたい、それを失いたくないという考え方を、心理学では「失愛恐怖」といいます。日本人はこの考え方が強く、好きでもない「友達」と無理に付きあい続けることで心身をすり減らしてしまう人もいます。