名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ロバート・ハーフの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・ハーフのプロフィール

ロバート・ハーフ。アメリカの経営者。人材派遣会社ロバート・ハーフ・インターナショナルの創業者。同社は世界各国で人材バンク、ヘッド・ハンティング、人材派遣などの事業を行っている。とくに財務、会計、金融、ITテクノロジー分野に強く、専門性の高い人物の派遣を行っている。

ロバート・ハーフの名言 一覧

常に正しい判断ができる人間はいないが、おおかた正しければ、かなり役に立つものだ。


ロバート・ハーフの経歴・略歴

ロバート・ハーフ。アメリカの経営者。人材派遣会社ロバート・ハーフ・インターナショナルの創業者。同社は世界各国で人材バンク、ヘッド・ハンティング、人材派遣などの事業を行っている。とくに財務、会計、金融、ITテクノロジー分野に強く、専門性の高い人物の派遣を行っている。

他の記事も読んでみる

安部修仁

(買収した企業のブランドを極力絞り込むのは)その部門ごとのトップブランドになってほしいからです。ただし、絶対売上と絶対利益を大きくしろという意味ではありません。一店当たりの来客数と利益率が、相対的に最も高いという意味でのブランドを指すのです。


佐藤優

お金の怖さは「限界効用逓減の法則」が通用しないこと。具体的に言うと、たとえば好きな食べ物でも、お腹いっぱいになったらもう要らないと思う。大酒のみの人だってウォッカを3本も空けてしまったら、もうお酒を見るのも嫌になるはず。これが「限界効用の逓減」で、どんなものでもある程度手に入れたら「満たされた」という感覚や「もういいや」という感覚になる。ところがお金は違う。欲望に際限がない。


山崎妙子(山﨑妙子)

作り手の顔や人となり、考え方などを知ると、その人の作品がぐっと身近になり、理解が深まる。普段、私たちが作品を紹介する際も、画家自身の人柄や生き様にも焦点をあてるようにつとめています。


吉村久夫

会津藩の教育方法を調べると、制度の完成度もさることながら、家庭環境もしっかりしていたことが伺えます。有名な「什(じゅう)の掟」の最後を締める「ならぬことはならぬものです」という言葉は、世の中にはやってはいけないことがあると端的に教え込んでいる。


松岡陽子(ヨーキー・マツオカ)

想定外の出来事が次々に起こるからこそ、人生は面白い。成功体験に縛られて1つのところにとどまるのではなく、流れには身を任せてみることだ。


箱田忠昭

美味しいかどうかはともかく、たとえば、体重1トンの象の肉を一度に食べろと言われても無理です。しかし、象のステーキ200グラムなら食べられます。これを毎日繰り返せば、1トンの肉だって必ず食べられます。


坂根正弘

「ダントツ」とは、ライバルの追随を許さない、圧倒的に強い技術や商品、サービスといった「絶対的な強み」を指す。


川田修(ライフプランナー)

弱い自分、成果が上がらない自分を、他人のせいにして正当化するのはよくありません。しかし弱い自分を受け入れてあげることはしていいと思いますよ。少しずつパワーをためて、動けるようになったら、環境を変えていけばいいんです。


渡辺實(経営者)

伊藤園は売上構成でみれば、半分をお茶が占める会社です。その伊藤園がコーヒーを出しても、やはりお茶の会社というイメージが強くなります。したがって、コーヒーで戦うにはコーヒーの会社というイメージが必要です。同じ競争でも当社はブランドカンパニーとして独自の戦い方をした方がいいだろうと考えた。独自の戦い方が必要だと確信したのは現会長(本庄八郎)とスイスに行ったときの体験からです。私はコーヒーの愛好家でもありますが、スイスは「ネスレ」の牙城です。それなのに私がネスレ以外のコーヒーばかりを飲んでいたところ、通訳の外国人の方から「本当に渡辺さんはへそ曲がりね」と。「コーヒーはどれを飲んだって全部ネスレですよ」と言った。「なるほど、これがブランドか」と思いました。消費者はブランドで選ぶのです。だから、(コーヒーを売るには)伊藤園では駄目だと思ったのです。現在、伊藤園は国内事業基盤の確立を目指し、新しいことにチャレンジしています。その中でコーヒー分野の核になっているのが「タリーズコーヒー」です。


高田明(ジャパネットたかた)

生きがいを持つと、健康でいられる「健康寿命」が延び、幸せになれます。食事や運動も大事ですが、それだけではなく、生きがいも必要なんです。


福嶋康博

私が考える経営者像を一言で言えば「正しい決断をして実行する人物」です。つまり、正しい決断を出来るかどうかが一つの大きな要素になってきます。正しい決断とは、大きく成長する事業分野を見定め、新たな発想で事業に挑戦する決断であり、自分が考える答えを自ら掴みとる行為です。


山中伸弥

理系離れは深刻です。日本では研究者の地位があまりに低い。若い人たちに研究者が魅力的な仕事に見えていません。このままでは担い手がいなくなってしまうと懸念しています。米国は日本の逆です。研究者の社会的地位が高い。ハードワークなのは日米同じですが、ちゃんとした家に住んで、ホームパーティーを開いて、楽しく暮らしている人が多いのです。給料そのものも高く、ベンチャー企業とのつながりも強い。米国では研究者が憧れの職業なのです。