名言DB

9412 人 / 110637 名言

ロバート・ノディンの名言

twitter Facebook はてブ

ロバート・ノディンのプロフィール

ロバート・ノディン。アメリカ出身の経営者。「AIGジャパン・ホールディングス」社長兼CEO(最高経営責任者)。米ゲティスバーグ・カレッジ卒業。米国AIGに入社。AIU保険CEO、AIGジャパン・ホールディングスCOOなどを経てCEO。

ロバート・ノディンの名言 一覧

自動車事故はどんな状況下で起こりやすいのか。飲食店で起こり得る事故の主な要因は何か。従来、こうした将来のリスクや不確実性を数値化したデータは、主に保険料を算出する数理的分野で活用されてきました。しかし、リスク情報を事後に活用するだけでなく、事前に見える化し、お客様にご提供すればどうなるでしょう。日常に潜むリスクの所在が明らかとなり、最適な予防、対応策で備えることが可能となります。


AIGの新しい戦略を策定する上で、全国の約6000名に及ぶ一般生活者・事業者に対し、さまざまな調査を実施してきました。その中で保険のイメージとして多く挙がってきたのが「複雑で分かりにくい」「万が一のことが起こるまで、その価値を実感しにくい」という不満の声でした。つまり、リスクに備え、安心を提供するはずの保険が、逆にお客様の不信感、ストレスの材料となっている。これは、長年、日本の保険業界が抱えてきた大きな課題といってもいいでしょう。


ロバート・ノディンの経歴・略歴

ロバート・ノディン。アメリカ出身の経営者。「AIGジャパン・ホールディングス」社長兼CEO(最高経営責任者)。米ゲティスバーグ・カレッジ卒業。米国AIGに入社。AIU保険CEO、AIGジャパン・ホールディングスCOOなどを経てCEO。

他の記事も読んでみる

坂本光司

助けて欲しいと血を流すような思いをしている会社が目の前にあります。僕にとっては毎日が学者としての戦いなのです。彼らが生き抜く術を考えなければならないからです。


関根勤

「笑っていいとも!」で、事務所の後輩のキャイーンが台頭してきたときがあります。僕だってそりゃあ目立ちたいけど、テレビを見ている人からすれば「関根勤はもう知ってるよ。新しく出てきたキャイーンをもっと見せてよ」と思っているわけでしょう? そんななか、先輩の僕が番組でしゃべれば、彼らはしゃべりにくくなるじゃないですか。だからあえてキャイーンに「行け、行け」と話を振るわけです。話をパスしてやるんですね。結果としてテレビを見ている。人が、「あー、今日は面白かった。また明日も見よう」となるわけで。僕がプロデューサーだったら「あのタレント、バランスよく全員にまわしてくれるな。また使おう」となりますよ。僕自身の印象は、4週間に1度ぐらい、たまにガーンと残せればいいんでね、毎週前面に出ることはない。


島倉大輔

自分に商売の能力があるかどうか不安な人は、ヤフオクなどで試してみるといいでしょう。思ったように売れなければ、どうすればいいか考えることができますし、思ったように売れれば自信になります。そうやって「0」から「1」を生み出す大変さを知ることは、いいトレーニングになります。


海老原嗣生

40代のポイントは「上を目指さない」ことです。仕事の面で言えば、グローバル化だなんだと言ってレベルの高いスキルを身につけようとするのではなく、現場に根差した仕事をすること。現場で仕事をし続けていれば、日々の変化についていくことは簡単です。しかし、一度、現場を離れてしまうと、再び戻るのは難しくなる。大多数の人は役員まで出世することはありませんし、今や、課長や部長になれない人も多い。たとえなったところで、役職定年を迎えると現場に戻るのです。ですから、現場から離れるのは得策ではありません。


高城幸司

とくに嫌われるのは相手の話を奪う人。「あ!その話、知ってる!」と、自分の話題に持っていく「オレがオレがタイプ」。


織田裕二

やっぱり、たった1度の人生だからさ。悔いなく過ごしたいよなあ。


高橋吉雄(経営者)

人間の真価は事故を起こした時にどうリカバーし、被害を最小限に抑えるかで決まる。


小口善左衛門

私自身の価値は「役職」にあるのではなく、生涯をかけて何をするかという「職業」にあると考えているからです。多くの人は、「自分は部長だ」「課長だ」などと、役職を自分の役割だと捉えるので、それが失われると自分自身の価値がゼロになったと感じてしまうのでしょう。でも、定年もあり、役職はいずれ失われるものです。一方、今は定年後も働くことが求められる時代です。生涯を通じて極めるべきはやはり、「職業」ではないでしょうか。そして、私の場合はそれがコンサルティングだったということです。


松井忠三

当社では「30%委員会」といって、34%あった販売管理費30%にまで下げるためのプロジェクトをやりました。たかが4%と思われるかもしれませんが、約60億円もの経費削減が必要になります。これは、照明をこまめに消すなどといった小手先の改善で削減できる金額ではありません。これぐらい難しい課題に取り組むには、社内で知恵を出し合うだけでなく、他の会社に行って勉強することも必要です。面倒ではありますが、こういうことの繰り返しが、一人一人の社員が自分で考え、課題解決に取り組む風土をつくるのではないかと思うのです。


横田英毅

今の世の中は、いかに短期間で人を育てるか、組織づくりをするかというノウハウばかりが氾濫し、それがあたかも常識のようになっています。人づくりも組織づくりも、もともと時間がかかるものなんです。


小宮一慶

世の中のビジネスパーソンには、高い能力と熱意を持っているにもかかわらず、肝心要の考え方や生き方が間違っていたばかりにしくじってしまう人が多いのです。経営コンサルタントとして、これまでそんな残念な事例を山ほど見てきました。


藤森義明

リクシル・グループは国内の住宅設備関連メーカー5社が統合してできた会社ですが、3年前に大きな変革を起こしました。私が考えたのは、まず5社の壁をぶち壊して体力をつけること、それから海外に買収を仕掛けていくことです。


本田弘敏

26歳で200人あまりの所員を指揮した体験は貴重だった。ふだん要領がよく所長に取り入っていた人たちは、顔を見せるものが少なかった。反対に、毎日二時間も三時間も歩いてきて「今日は何をしますか」と真剣に聞いてくるのは、日頃ぶっきらぼうで要領の悪い人たちに多かった。
【覚書き:関東大震災直後に東京ガスの芝営業所長代理として陣頭指揮にあたった時を振り返っての発言】


小川浩平

うちの商品が売れているのは、他社より割安、つまりお買い得感があるからですが、決して薄利多売ではありません。適正な粗利益と在庫回転率を掛けた交差比率にはいつも注意しており、販売管理費も抑えているので、売上高では業界2位ですが、利益面では決して負けていません。


間塚道義

海外展開の合言葉は「Think Global. Act Local.(グローバルで考え、ローカルで行動する)」です。