名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ロバート・ドブキンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・ドブキンのプロフィール

ロバート・ドブキン。米国のエンジニア、経営者。「リニアテクノロジー」創立者の一人。GEリエントリ・システムズ、フィブリック・ネクサス、ナショナル・セミコンダクターなどで技術者として活躍。その後、リニアテクノロジー設立に参画。同社のエンジニアリング担当副社長、CTO(最高技術責任者)を務めた。

ロバート・ドブキンの名言 一覧

優れたエンジニアを結集し、営業やマーケティングではなくエンジニア自らがお客様と接し最終製品を考えていくことが重要。


エンジニアが働きやすい環境を整え、一人ひとりに責任を与えることで、エンジニアには誇りが生まれてくる。


アナログ技術の進化は、それが物理変量を扱う限り、過去も未来も常に限界との戦いなのです。


問題は投資に対する回収が得られるかということです。


問題解決のために、アナログとデジタルの両方を考えなければなりませんが、それらは完全に別のものではありません。アナログで解決できない問題の時に、デジタルを使います。だから、二つの道具があるのです。


世の中で起こっている「問題」を見つけることが大切です。そして、これに対する「解」を見つけることがアナログ技術の進化につながります。これには、過去、日本メーカーがセンサ技術の革新を成し遂げた例が挙げられます。ダイナミック・レンジを広げ、少量の光をセンスし、かつ解像度を上げることに成功しました。これは、日本メーカーが、当時のセンサ技術が抱えていた「問題」を見つけ、それに対する「解」を与えたから実現できたことです。


大学では学生がアナログを好きになるように、先生方がアナログを面白くみせるようにすることが大切です。デジタルやソフトウエアでは、すぐに結果が出るので、学生はソフトウエアを開発して、うまくいった経験を持っています。学生がアナログの世界は自分の人生で様々な結果を出せる、良い場所だと思えるようにすることが重要です。アナログが自分の人生の一部になるようにしなくてはいけません。


私たちは、大学を卒業して入社した新人を、豊富な経験と知識を持ち優れた回路を設計する「アナログ・グル」と呼ばれる技術者と組ませて仕事をさせます。彼らにひとつのプロジェクトを持たせます。いかなる製品も顧客や市場の持つ問題を解決するために開発されなければなりません。これから開発する製品の目標を設定させます。入社後、アナログ・グルと一緒のプロジェクトで仕事をすることで、学んでいくのです。


インターンシップ・プログラムは注意深く見分けなければいけません。多くの企業のインターンシップ・プログラムはスタディ・プロジェクトで、実際の仕事はさせません。それに対して、リニアテクノロジーでは学生に実際に仕事をさせ、彼らはそこで製品を開発して結果を出します。多くの学生がそのやり方をとても気に入っています。


アナログICの先駆者であったボブ・ワイドラーは「デジタルはアナログの特殊なケースだ」というのが口ぐせでした。私たちはパフォーマンスとコストのベスト・ミックスを得るために、チップとプロセスを最適化しようとしています。プロセッサが組み込まれているチップを持っており、必要な時に、同じパッケージに、ひとつはアナログ、ひとつはデジタルを載せて、問題を解決する一番よい方法を探します。


アナログとデジタルを簡単に区別することはできません。アナログには様々な種類があるので、分野ごとに見ていく必要があります。その上で、これから行われることのひとつはデジタルとアナログの混在です。


過去50年、デジタル技術は急速に進化してきました。それに対してアナログ技術は、とてもゆっくり進化してきました。これからもアナログ技術はゆっくりと進化してゆくと思います。


インターンシップに応募する学生を面接すれば、アナログの得意な人はすぐに分かります。優れているかどうかを試すために、学生に壊れたエレクトロニクス製品を渡して、直してくれと頼みます。回路を理解していれば、すぐに直せます。


エンジニアは、いつも何かを考えているもの。ベッドに入った時や、クルマを運転している時にふと思いつくのです。そうしたアイデアをみんなで共有し、アイデアの本質を理解して、よりよい仕組みへと具体化していきます。


リニアテクノロジーは創業以来大きな成長を遂げてきました。しかし、決して何かマジックがあったわけではありません。お客様のあらゆる課題に対して、誰もが思いつかない方法で解決策を提供してきたからだと考えています。


ロバート・ドブキンの経歴・略歴

ロバート・ドブキン。米国のエンジニア、経営者。「リニアテクノロジー」創立者の一人。GEリエントリ・システムズ、フィブリック・ネクサス、ナショナル・セミコンダクターなどで技術者として活躍。その後、リニアテクノロジー設立に参画。同社のエンジニアリング担当副社長、CTO(最高技術責任者)を務めた。

他の記事も読んでみる

澤田道隆

昨年は、花王グループが持つ資産を最大活用するということをずっと言い続けました。花王には、非常にシェアの高い商品がたくさんあります。それを時代に合った形に少し伝え方を変えるだけで、よりシェアを高めることができ、広告宣伝費をかけなくても、大きな利益が得られるわけです。


星野佳路

私たちがやろうとしているのは、建物だけでリゾートの魅力を完結させるのではなく、サービスと合わせて魅力を高める「舞台」を作ることです。その舞台で演じるのはスタッフであり、演目や演じ方もスタッフの自由。ゲストへのおもてなしの発想を生かせる舞台を設計して、ハードとソフトの両面で滞在の魅力を高めていこうという考え方です。


斎藤保

論語はやっぱり不朽の名作ではないかと思うんです。何かがあったときにページをめくると、必ず今の自分の心境にぴったり合ったフレーズが出てくる。「そうなんだ、そうなんだ、やっぱりこういう心構えで人生を送らなければ」って、戒めてくれたり、励ましてくれたり。いつの時代も通用する普遍性を持ち、内容も非常に多岐にわたっていますよね。


赤坂祐二

(JALの経営破綻を振り返って)「技術屋」だったという立場で言えるのは、大型旅客機をあまりにも増やしすぎたのが致命的だったと考えています。大型機はとにかく整備に手間がかかりました。経営破綻前は、本当に整備が終わらず、1年の半分ぐらい休ませている機材ばかりという状況でした。機材の稼働率が上がらず、経営状態が悪化していったのです。会社を立て直そうと様々な手を打つ経営側と、日々の安全運航にいそしむ現場との間で、少しずつ距離が広がってしまったのではないでしょうか。


近藤誠一

それぞれの国や民族には長い歴史があり、伝統があり、独特の風土の中で培ってきた精神性がある。それらの違いを無視した一律的な制度の押し付けが間違いであることは、「アラブの春」や「ジャスミン革命」の失敗で明らか。みんなが真剣に、「どこを守らなくてはならないのか」「どこからは時代や発展状況などに合わせて変えていいのか」を常に考え続けるしかない。


ケビン・ロリンズ

当社はリスクを大変嫌います。本気で推し進めたいと思う事業の場合、ゼネラル・マネジャーたちの心に思い入れが生まれることがあります。そのような時、それが本当にビジネスチャンスなのかどうか、まず実証してもらいます。我々を納得させられなければ、それ以上計画を進めることはできません。成功できるという確信が得られない分野は避けて通ります。


鈴木貴子(経営者)

一時的に効果を発揮しても習慣付くまでには、繰り返して対策を講じる忍耐力が要る。


上野和典

成功の見込みがないと判断したら、速く見切りをつけるのも重要です。私自身、現場を担当していたころは、とにかく速く切り替えるようにしていました。撤退しながら次のプランを考えるんです。失敗を瞬時に返せる人は、代替のアイデアを豊富に持っています。


大竹のり子

「割り算」で必要な経費を割り出し、毎月一定額を貯めていく、というのがライフプランの基本です。


スコット・ペック

自分自身を重んじない限り、自分の時間を重んじることはないだろう。自分の時間を重んじない限り、それをもって何もすることはないだろう。


植木理恵

チェスや将棋の名人の思考パターンを調べると、彼らの必勝法も5パターンくらいに集約できてしまうそうです。ところが下手な人は勝ちパターンをいくつも知っているけど、タイミングよく使うことができません。


山本ケイイチ

大切なのは、どのような思考の特性を持っていれば成功する確率が高いか、ということではありません。自分の持つ思考の特性を客観的に理解した上で、自分に適した努力の仕方をすれば、どのようなタイプも成功できるということ。