名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ロバート・ドブキンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・ドブキンのプロフィール

ロバート・ドブキン。米国のエンジニア、経営者。「リニアテクノロジー」創立者の一人。GEリエントリ・システムズ、フィブリック・ネクサス、ナショナル・セミコンダクターなどで技術者として活躍。その後、リニアテクノロジー設立に参画。同社のエンジニアリング担当副社長、CTO(最高技術責任者)を務めた。

ロバート・ドブキンの名言 一覧

優れたエンジニアを結集し、営業やマーケティングではなくエンジニア自らがお客様と接し最終製品を考えていくことが重要。


エンジニアが働きやすい環境を整え、一人ひとりに責任を与えることで、エンジニアには誇りが生まれてくる。


アナログ技術の進化は、それが物理変量を扱う限り、過去も未来も常に限界との戦いなのです。


問題は投資に対する回収が得られるかということです。


問題解決のために、アナログとデジタルの両方を考えなければなりませんが、それらは完全に別のものではありません。アナログで解決できない問題の時に、デジタルを使います。だから、二つの道具があるのです。


世の中で起こっている「問題」を見つけることが大切です。そして、これに対する「解」を見つけることがアナログ技術の進化につながります。これには、過去、日本メーカーがセンサ技術の革新を成し遂げた例が挙げられます。ダイナミック・レンジを広げ、少量の光をセンスし、かつ解像度を上げることに成功しました。これは、日本メーカーが、当時のセンサ技術が抱えていた「問題」を見つけ、それに対する「解」を与えたから実現できたことです。


大学では学生がアナログを好きになるように、先生方がアナログを面白くみせるようにすることが大切です。デジタルやソフトウエアでは、すぐに結果が出るので、学生はソフトウエアを開発して、うまくいった経験を持っています。学生がアナログの世界は自分の人生で様々な結果を出せる、良い場所だと思えるようにすることが重要です。アナログが自分の人生の一部になるようにしなくてはいけません。


私たちは、大学を卒業して入社した新人を、豊富な経験と知識を持ち優れた回路を設計する「アナログ・グル」と呼ばれる技術者と組ませて仕事をさせます。彼らにひとつのプロジェクトを持たせます。いかなる製品も顧客や市場の持つ問題を解決するために開発されなければなりません。これから開発する製品の目標を設定させます。入社後、アナログ・グルと一緒のプロジェクトで仕事をすることで、学んでいくのです。


インターンシップ・プログラムは注意深く見分けなければいけません。多くの企業のインターンシップ・プログラムはスタディ・プロジェクトで、実際の仕事はさせません。それに対して、リニアテクノロジーでは学生に実際に仕事をさせ、彼らはそこで製品を開発して結果を出します。多くの学生がそのやり方をとても気に入っています。


アナログICの先駆者であったボブ・ワイドラーは「デジタルはアナログの特殊なケースだ」というのが口ぐせでした。私たちはパフォーマンスとコストのベスト・ミックスを得るために、チップとプロセスを最適化しようとしています。プロセッサが組み込まれているチップを持っており、必要な時に、同じパッケージに、ひとつはアナログ、ひとつはデジタルを載せて、問題を解決する一番よい方法を探します。


アナログとデジタルを簡単に区別することはできません。アナログには様々な種類があるので、分野ごとに見ていく必要があります。その上で、これから行われることのひとつはデジタルとアナログの混在です。


過去50年、デジタル技術は急速に進化してきました。それに対してアナログ技術は、とてもゆっくり進化してきました。これからもアナログ技術はゆっくりと進化してゆくと思います。


インターンシップに応募する学生を面接すれば、アナログの得意な人はすぐに分かります。優れているかどうかを試すために、学生に壊れたエレクトロニクス製品を渡して、直してくれと頼みます。回路を理解していれば、すぐに直せます。


エンジニアは、いつも何かを考えているもの。ベッドに入った時や、クルマを運転している時にふと思いつくのです。そうしたアイデアをみんなで共有し、アイデアの本質を理解して、よりよい仕組みへと具体化していきます。


リニアテクノロジーは創業以来大きな成長を遂げてきました。しかし、決して何かマジックがあったわけではありません。お客様のあらゆる課題に対して、誰もが思いつかない方法で解決策を提供してきたからだと考えています。


ロバート・ドブキンの経歴・略歴

ロバート・ドブキン。米国のエンジニア、経営者。「リニアテクノロジー」創立者の一人。GEリエントリ・システムズ、フィブリック・ネクサス、ナショナル・セミコンダクターなどで技術者として活躍。その後、リニアテクノロジー設立に参画。同社のエンジニアリング担当副社長、CTO(最高技術責任者)を務めた。

他の記事も読んでみる

深野康彦

会話が少なければお互いを理解することもできませんし、価値観の違いを再認識する機会にも恵まれません。意思疎通は、まず話すことからはじまります。


後田良輔

忙しい現場でミスをされたら、ついカッとなって怒ることもあるでしょう。ただ、10回のうち2~3回は「相手のため」を意識した声かけをするべきです。それだけで、印象が大きく変わるものです。


海部俊樹

街頭演説は最初は誰も話を聞いてくれません。しかし自分の言葉で語っているうちに意見を言う人や質問する人が現れる。演説を終えた後、そういう人の元に足を運び、話をする。このやりとりの中から人々の本音を知ることができるのです。


鍵山秀三郎

地域の人々から必要とされる会社がよい会社。反対に、地域の人々から迷惑がられている会社が悪い会社。いくら利益を上げようが大会社であろうが、この基準に照らし合わせてみれば、よい会社か悪い会社かがはっきりする。


柳井正

既存の枠組みを超えない限りチャンスはつかめない。


森澤篤

人はなぜか「創造力」という言葉にある種のコンプレックスを持ち、限られた人、特殊な業界の人だけが持つ特別な才能で、自分とは無関係だと思いがちだ。人間は本当にクリエイティブなものに触れると「WOW!」と驚き、感動する。とくに五感からくる芸術的な感動はインパクトが大きく、とても自分にはできないと思ってしまうため、創造性を一部の天才芸術家だけに許された天賦の才と思い込んでしまいがちだ。ビジネスで必要な創造性とアートにおける創造性には大きな違いがある。創造性にも天才レベルから身近なアイデアに至るまで様々な段階がある。


河野貴輝

不要なしがらみにとらわれないよう起業した面もあるので、人付き合いも、とにかく一歩引くようにしています。あまりに親しい友人同士になってしまうと、断れなくなりますからね。


福西七重

飽きられない社内報をつくるコツは、社員を社内報に登場させることです。自分が載っていると、みんな見るでしょう?


天谷雅俊

経営哲学や経営理念を口で教えることは大切です。しかし、それだけでは駄目です。経営トップや現場の先輩がどんなに苦しい状況にも背を向けず、顧客の信頼を勝ち取る姿を見せることが、若い人を育てる最良の方法です。そして、若い人の意見を引出し、全員の士気を高めながら、適材適所の人材登用を積極的に行っていくのです。


荒井正昭

マクロ経済の視点ばかりに囚われるのではなく、ミクロな視点で、お客様はどう考え、行動するかを常に考える。これが当社のお客様本位ということなのです。


古賀稔彦

百人いたら百の性格があって目標があって、目標に向かうスピードも百通りあるもの。だから、自分1人のやり方を百人に当てはめるのではなくて、まず百人を知ろうと思った。


佐々木常夫

私が営業部を統括していたときは、それまで月2回取引先を訪問していたのをやめて、代わりに注文や連絡はメールで行うよう指示を出しました。そうすると、人数もそんなにいりません。最終的に営業部の人数を3割カットしましたが、業績は変わりませんでした。