ロバート・ドブキンの名言

ロバート・ドブキンのプロフィール

ロバート・ドブキン。米国のエンジニア、経営者。「リニアテクノロジー」創立者の一人。GEリエントリ・システムズ、フィブリック・ネクサス、ナショナル・セミコンダクターなどで技術者として活躍。その後、リニアテクノロジー設立に参画。同社のエンジニアリング担当副社長、CTO(最高技術責任者)を務めた。

ロバート・ドブキンの名言 一覧

優れたエンジニアを結集し、営業やマーケティングではなくエンジニア自らがお客様と接し最終製品を考えていくことが重要。


エンジニアが働きやすい環境を整え、一人ひとりに責任を与えることで、エンジニアには誇りが生まれてくる。


アナログ技術の進化は、それが物理変量を扱う限り、過去も未来も常に限界との戦いなのです。


問題は投資に対する回収が得られるかということです。


問題解決のために、アナログとデジタルの両方を考えなければなりませんが、それらは完全に別のものではありません。アナログで解決できない問題の時に、デジタルを使います。だから、二つの道具があるのです。


世の中で起こっている「問題」を見つけることが大切です。そして、これに対する「解」を見つけることがアナログ技術の進化につながります。これには、過去、日本メーカーがセンサ技術の革新を成し遂げた例が挙げられます。ダイナミック・レンジを広げ、少量の光をセンスし、かつ解像度を上げることに成功しました。これは、日本メーカーが、当時のセンサ技術が抱えていた「問題」を見つけ、それに対する「解」を与えたから実現できたことです。


大学では学生がアナログを好きになるように、先生方がアナログを面白くみせるようにすることが大切です。デジタルやソフトウエアでは、すぐに結果が出るので、学生はソフトウエアを開発して、うまくいった経験を持っています。学生がアナログの世界は自分の人生で様々な結果を出せる、良い場所だと思えるようにすることが重要です。アナログが自分の人生の一部になるようにしなくてはいけません。


私たちは、大学を卒業して入社した新人を、豊富な経験と知識を持ち優れた回路を設計する「アナログ・グル」と呼ばれる技術者と組ませて仕事をさせます。彼らにひとつのプロジェクトを持たせます。いかなる製品も顧客や市場の持つ問題を解決するために開発されなければなりません。これから開発する製品の目標を設定させます。入社後、アナログ・グルと一緒のプロジェクトで仕事をすることで、学んでいくのです。


インターンシップ・プログラムは注意深く見分けなければいけません。多くの企業のインターンシップ・プログラムはスタディ・プロジェクトで、実際の仕事はさせません。それに対して、リニアテクノロジーでは学生に実際に仕事をさせ、彼らはそこで製品を開発して結果を出します。多くの学生がそのやり方をとても気に入っています。


アナログICの先駆者であったボブ・ワイドラーは「デジタルはアナログの特殊なケースだ」というのが口ぐせでした。私たちはパフォーマンスとコストのベスト・ミックスを得るために、チップとプロセスを最適化しようとしています。プロセッサが組み込まれているチップを持っており、必要な時に、同じパッケージに、ひとつはアナログ、ひとつはデジタルを載せて、問題を解決する一番よい方法を探します。


アナログとデジタルを簡単に区別することはできません。アナログには様々な種類があるので、分野ごとに見ていく必要があります。その上で、これから行われることのひとつはデジタルとアナログの混在です。


過去50年、デジタル技術は急速に進化してきました。それに対してアナログ技術は、とてもゆっくり進化してきました。これからもアナログ技術はゆっくりと進化してゆくと思います。


インターンシップに応募する学生を面接すれば、アナログの得意な人はすぐに分かります。優れているかどうかを試すために、学生に壊れたエレクトロニクス製品を渡して、直してくれと頼みます。回路を理解していれば、すぐに直せます。


エンジニアは、いつも何かを考えているもの。ベッドに入った時や、クルマを運転している時にふと思いつくのです。そうしたアイデアをみんなで共有し、アイデアの本質を理解して、よりよい仕組みへと具体化していきます。


リニアテクノロジーは創業以来大きな成長を遂げてきました。しかし、決して何かマジックがあったわけではありません。お客様のあらゆる課題に対して、誰もが思いつかない方法で解決策を提供してきたからだと考えています。


ロバート・ドブキンの経歴・略歴

ロバート・ドブキン。米国のエンジニア、経営者。「リニアテクノロジー」創立者の一人。GEリエントリ・システムズ、フィブリック・ネクサス、ナショナル・セミコンダクターなどで技術者として活躍。その後、リニアテクノロジー設立に参画。同社のエンジニアリング担当副社長、CTO(最高技術責任者)を務めた。

他の記事も読んでみる

宮内義彦

当社は様々な事業を手がけていますが、場当たり的に拡大してきたわけではありません。新たな事業に乗り出す際には「隣地拡大」、つまり既存事業に隣接する領域に少しずつ進出していくという方法を採ってきました。


前川孝雄

効率が重視される会議では、どうしても「こんなこと言ったら場違いかな?」「いい加減な意見を言うと叱られるし」といった緊張が漂います。こういった畏縮した会議では、まったく見当違いな意見も出ないものの、予定調和的な意見しか出てきません。結果、ヒット企画が生まれることも、閉塞感を打ち破るアイデアが出てくることも期待できません。


林真理子

20代のデビューからいままで途切れることなく仕事に恵まれてきたのは、人の縁によるところが大きいです。


小宮一慶

抵抗勢力に遭って事が進まないという人は、そもそも経営者に向いていない。本腰を入れて会社を変えたい思いがあれば、どんな困難も乗り越えられる。それを乗り越えたとき、抵抗勢力が会社の一番の推進力になることもある。


御手洗冨士夫

私が尊敬するデュポンなどは、200年にもわたって繁栄し、何世代も働いている人が珍しくありません。米国企業を指して、よく言われる無機質な労使関係ではなく、家族的な社風です。まさに敬愛される企業でしょう。目標は、まだまだ遠いというのが実感です。


土井健資

一年ごとに高い目標を立てて、一つずつじっくりと進めている状況です。今年は「もう一歩先を目指して」と銘打ち、ものづくり、人づくり、組織づくりにおいて、それぞれ具体的な課題を掲げて取り組んでおります。高い志を持って精一杯努力する中で、みんなが成長していくことを願っています。


和田完二

私はかねがね「和の団結」こそ丸善の精神だと説いてきた。従業員諸君はその私の指揮下に、よくここまでやってきてくれた。それを思うと、社長としての私は、単に口先だけでなしに、当然何かをもって報いなければならない。そういう考えのもとに、この和協会は生まれた。
【覚書き|社員に対する会費のいらない共済会を立ち上げた理由について語った言葉】


宇佐美彰朗

世界のトップに近道はない。必要なのはただひとつ。目標へ向かっての絶対的な持久力。


角和夫

あるビジネスを起案した人間は、自分の案がどのように議論され、どんな評価を受けたかを知りたいものです。どの案が採用されるにせよ、潰されるにせよ、この過程が不透明だと、起案した人間は意欲を失ってしまいます。ですから弊社では、経営会議に起案する場合、担当役員には説明をさせないのです。説明は、起案の実際の責任者にやらせます。たいていは課長クラスですが、その案を実際につくった人間が経営会議で説明をする。そうすれば、自分の案に対してどのような意見が出て、どのような評価が下されたかを直接知ることができます。たとえマイナスの評価を受けても、納得感を持つことができます。


渡瀬謙

大切なのは自分自身を見つめ直すことです。そのポイントは、小学4年生頃に好きだったものや苦手ことを思い出すこと。小学校のこの学年ならまだ周囲の色に染まっておらず、素の部分での自分の好き嫌いが何だったかわかります。


太宰俊吾

海外に行くなら欧米よりも、同じ東洋人として親しみの持てるアジアがいいと思っていました。当時はインドネシアを進んで希望する社員がいなかったので、私でいいということになったんです。
【覚書き|52歳でインドネシア法人の社長として現地へ赴いた当時を振り返っての発言】


清水克彦(報道キャスター)

お金をすべて教育費や住宅ローン返済、貯金などに回してしまうと、自分の夢や目標に向けた行動に一歩も踏み出せない。必要なお金は無理やりにでも捻出し、スパッと自分に投資する思い切りも必要。


横山秀夫

一言でいうならば、小説は虚構の世界に想像の橋を架けることじゃないですか。その橋脚部分を、記者時代の経験と知識が担ってくれているという感覚ですかね。いくら虚構とはいえ、真実の柱があちこちに打ち込まれていないと物語全体のリアリティを欠いてしまいますから。


木村尚敬

大義も使命感もなく、単に「偉くなりたい」人は、人の上に立つ資格はありませんし、誰もついてきません。出世はあくまでも、会社の将来のために骨を折った「結果」であるべきだし、仮に出世を目標とする場合も、「上のポジションに就いていなければ、やるべきことを成し遂げられない」場合に限定すべきだと思います。


蒲島郁夫

語学は手段。目的がないとなかなか身につかない。目的が明確になったうえで勉強すれば、身につくようになる。


ページの先頭へ