ロバート・キャンベルの名言

ロバート・キャンベルのプロフィール

ロバート・キャンベル。アイルランド系アメリカ人の日本文学者。東京大学教授。専門は近世文学・明治文学。ニューヨーク出身。カリフォルニア大学バークレー校卒業、ハーバード大学大学院東アジア言語文化学科博士課程修了、文学博士号(日本文学専攻)取得。28歳で九州大学へ研究生として留学。その後、九州大学文学部講師、国文学研究資料館助教授、東京大学大学院総合文化研究科助教授などを経て、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻比較文化研究室教授となる。

ロバート・キャンベルの名言 一覧

肩の力を抜いて、自分が「おもしろそう」だと思う分野から学べばいい。


知識をただ身につけるのではなく、自分の考えや感想などを絡めて話せるようになるといい。


私は、自分の分野で足場を固める一方で、異分野の人と語り合う機会を積極的にもち、自分の可能性を広げるようにもしてきました。それはいまでもやっていて、テレビ番組に出演しているのも、じつはそのためなんです。


いまの若者をみていると、「自分らしさ」にこだわって、可能性を自ら閉ざしてしまっている気がします。若いうちの「自分らしさ」は毒にもなるのです。


30代というのは、ひとつひとつの選択が人生全体を大きく左右することになる時期です。だから、自分のキャリアビジョンを冷静に描くことはすごく大切だと思います。ただ同時に、小さくまとまらないで、ときには一度描いたキャリアビジョンを上書きしていく勇気ももってほしい。


日本留学以降、大学で講師をやりながら、少ないお金と時間を使って自分の研究をし、日本語で論文を書くという日々を続けました。当然、不安も失敗もたくさんありましたよ。でも、幸いオリジナリティーのある論文をいくつか発表することができ、30代後半からは憧れの場所だった国立・国文学研究資料館で働くこともできました。いま振り返ると、私の30代は細かい成果を少しずつ積み上げつつ、自分の足場を必死に固めていった10年だったように思います。


留学当初は日本でずっと研究を続けるつもりはなく、一年後にはハーバードに戻って博士論文を書こうと思っていました。ところが九州にいってすぐに、自分がそれまで築き上げてきた学問の足場が、音を立てて崩れてしまったわけです。正直、パニックでしたし、偏頭痛にもなりました。ハーバードの指導教授や家族は、盛んに「早く帰ってこい」といってきます。でも私は、「このままではとても帰れない」と思い、日本に残ることにしたのです。


28歳で九州大学に留学したとき、ある神社の書物を整理して目録をつくることを命じられました。何千冊もある書物一冊一冊について、大きさを測り、綴じ方を調べ、ページ数を数え、中面を撮影し……といったことを地道にやっていくのです。最初に思ったのは、「考古学研究をやるために日本にきたわけではない」ということでした。当時の私は、本の「中身」を研究するのが文学研究だと思い込んでいましたから。でも、しばらく続けているうちに、本の「形や外見」と「中身」は密接にリンクしている、ということがみえてきたんです。


教養を身につける時にも、どこから手をつけたらいいか戸惑う人は多いでしょう。私の場合、その分野がどのように体系づけられているのか、という全体像を知ることから始めます。例えば浮世絵なら、そもそも浮世絵とは何か。他の日本画とどう違い、どういった背景で広まったかなど、ツイッターに書き込むつもりで140文字以内にまとめ、1~2分で説明できるようにする。まずは膨大な情報をシンプルに削ぎ落とし、全体像を掴むわけです。その中から興味ある作品の知識を掘り下げましょう。その作品の歴史的背景なども分かり、理解が深まりやすく、面白みも増します。


知識はすぐ身につきますが、それを繰り返し学び直せば、自身の血肉になります。学んで考え、また忘れた頃にふと思い出して考え、学び直す。3年後、5年後、10年後といった中長期で見た時に、どこかでふと「人間性」「物事を俯瞰して見る力」が増していると感じるものです。


ひとつの物事を違う方向から眺めてみると、また新しい気づきがある。二つの側面を持つことで、可能性は何倍にも広がる。そういう意味でも、私の中にあるアメリカと日本の二面性は、様々な分野で発言する上で大いに役立っていると思います。


数百年前の日本文化を扱う私の研究は、とても時間がかかります。長い歳月を共に過ごし、熟成させることは、古い文献を扱う醍醐味のひとつ。プロジェクトの樽をいくつも抱え、ひとつひとつの樽を何年もかけて仕上げていく。それが研究者としての私の風景。


ロバート・キャンベルの経歴・略歴

ロバート・キャンベル。アイルランド系アメリカ人の日本文学者。東京大学教授。専門は近世文学・明治文学。ニューヨーク出身。カリフォルニア大学バークレー校卒業、ハーバード大学大学院東アジア言語文化学科博士課程修了、文学博士号(日本文学専攻)取得。28歳で九州大学へ研究生として留学。その後、九州大学文学部講師、国文学研究資料館助教授、東京大学大学院総合文化研究科助教授などを経て、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻比較文化研究室教授となる。

他の記事も読んでみる

武田双雲

出発点はエゴでもまったく構いません。それがパワーになりますから。でも、エゴを昇華することも大切です。


安藤忠雄

いま、私が自信をもってものを言えるのも、若いうちに死に物狂いで勉強したからです。日本の若い人を見ていると、この死に物狂いで勉強するという経験が、どうも足りないような気がしてなりません。


泉谷直木

これまでビールの営業は出荷数量、売上高にこだわり過ぎていたと思います。私もこの間、営業マンに同行して得意先の話を伺ってきましたが、すばらしいプレゼンをしてもらっているというお褒めの言葉をいただく一方で、課題も見えてきました。プレゼンの中身が全部「売上」をベースにしていたのです。そこで、ある得意先に「社長、本音では売上よりも粗利ベースの提案をして欲しいんじゃないですか?」と水を向けたら「いや、それはそうですよ」とおっしゃるわけです。もちろん売上も多い方がいいけれど、お得意様(小売店)のニーズはむしろ粗利のほうを向いている。営業には、そこを考えないといけないぞと説教しました。


高崎充弘

「まだこの世にない人々に必要とされる商品」を発想するには、「解決されていない課題」を見つけることが大切。


小西利行

プレゼンでも肝心なのは、相手がなにを持って帰るか、どう考えやすくするかだから、写真でも、ネーミングでも、目標でもかまわないので、一番、相手に持って帰ってもらいたいものを明確化して示す。それでいけると思います。聞いている人を味方にするというか、巻き込む作業なのですね。巻き込めたら勝ちです。


古森重隆

社長就任後、2年ほどかけて技術部門のトップ数人と技術の棚卸しをやりました。当社が持っている技術のうち競争力のあるシーズ(種)は何か、それをどんな市場や商品に応用すべきなのかを洗い出しました。その中から医薬や化粧品といった考えが生まれました。


小倉昌男

ヤマト運輸は、監督官庁に楯突いてよく平気でしたね、と言う人がいる。別に楯突いた気持ちはない。正しいと思うことをしただけである。


酒巻久

上司はしっかり部下を見て助言し、褒めることで部下は自信がわき、見られることで自覚が備わる。いい経験を褒められると本人はそれを覚えていて、次につながるということは医学的にも証明されています。


分林保弘

私の座右の銘は最澄の「自利利他(じりりた)」です。利他を実践すれば巡り巡って自利となるという教えです。M&Aの仲介も、買い手・売り手両者のためになると信じてお手伝いしています。


高橋温

ビジネス文書の中でも最も重要な位置を占める社内の決裁書類は、文章をもって組織に自分の意思を通し、上層部を説得する手段です。


塙昭彦

不必要に仲良くなんかせず、互いをよい意味でライバル視していればいい。素晴らしいチームワークは、切磋琢磨の中から築かれていくもの。


西山知義

仕事を進めるうえで、仮説は必須です。そこは、社員にも口酸っぱく指導しています。


ロミオ・ロドリゲス・ジュニア

説教や嫌味が絶えない上司とは距離をとりたくなるものだが、逃げるとエスカレートするだけ。「ありがとうございます、もっと具体的に聞かせてください!」「飲みに行って話しましょう!」と、逆に近づくのが正解。すると、次第に叱る内容がなくなるだけではなく、「こいつは骨のある部下だ」と思われて、味方になってくれるだろう。


松本晃(経営者)

ビジネスマンの究極的なゴールは、大きく分けて二つしかない。一つは、社長、CEOですね。いわゆるジェネラリスト。もう一つは、CIOやCFOといった特殊な技能を持った存在。いわゆるエキスパート。どちらを選ぶかによって、学ぶことはまったく違ってきます。


チャップリン

失敗した方が、人生は面白いよ。


ページの先頭へ