名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ロバート・キャプランの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・キャプランのプロフィール

ロバート・S・キャプラン。米国の経営学者。ハーバード大学経営大学院教授。デビッド・ノートン博士とともに日々の業務と経営戦略を連携させるBSC(バランス・スコア・カード)の概念を発表した。そのほかカーネギーメロン大学産業経営大学院教授なども務めた。主な共著に『キャプラン管理会計』『戦略的収益費用マネジメント』『BSCによるシナジー戦略』『バランス・スコアカード 新しい経営指標による企業変革』『コスト戦略と業績管理の統合システム』など。

ロバート・キャプランの名言 一覧

経営幹部層は、戦略だけをテーマにした会議を定期的に、できれば毎月開くことが望ましい。業務に関する会議と、戦略に関する会議は分けるべきです。


経営戦略と業務改善を連携させるときには、どの分野の業務改善が戦略遂行上、大きな効果につながるか優先順位を決めるプロセスが必要です。


企業は日常業務や短期的問題の解決に追われがちで、こうした消火活動に時間をとられ、戦略に関する課題に時間や資源をあまり投じないことが多い。業務や改善活動への取り組みは必要だが、「戦略は重要だ」と唱えるだけではなく、具体的にそれを実行するための計画を立てていくことが極めて大切です。


経営会議では、業務や戦術といった短期課題の議論に終始してはならない。業務上の関係者が問題を議論し、解決することは大切です。しかし、当面の課題にばかり時間を投じると企業は過ちをおかします。業務上の問題を扱う会議と、戦略をレビューする会議とを分けることが戦略の遂行には不可欠です。


予算管理や資金計画を経営戦略策定とは別に行ってはならない。業務計画や予算は、戦略計画上の目標売上高を達成するためにつくるものです。目標売上高と、目標達成に必要な資金との間で連携が取れなければ、業務計画が戦略に対して供給過剰になるか、追いつかないかのいずれかに陥ります。


最新作の冒頭には『孫子』の兵法書の一部を引用しました。「戦術のない戦略では勝利への道のりは遠い。戦略のない戦術は敗北前の騒音である」。経営戦略を遂行するうえで、戦略と業務を連携する重要性を実によく表しています。


ビジネス戦略を遂行する際の鍵は2つあります。ひとつは「リーダーシップ」です。明確なビジョンをともなった強力なリーダーシップなしには、戦略を効果的に遂行できません。もうひとつは、「戦略と業務(または戦術)はどちらも重要だが、違うものだと認識すること」です。


ロバート・キャプランの経歴・略歴

ロバート・S・キャプラン。米国の経営学者。ハーバード大学経営大学院教授。デビッド・ノートン博士とともに日々の業務と経営戦略を連携させるBSC(バランス・スコア・カード)の概念を発表した。そのほかカーネギーメロン大学産業経営大学院教授なども務めた。主な共著に『キャプラン管理会計』『戦略的収益費用マネジメント』『BSCによるシナジー戦略』『バランス・スコアカード 新しい経営指標による企業変革』『コスト戦略と業績管理の統合システム』など。

他の記事も読んでみる

井上礼之

私にとって大切なことを教えてくれるのはやはり人。人と話し、人とつながり、人から学ぶのです。


宮崎陽世(宮﨑陽世)

今後は「うまく生きる」から「よく生きる」へ、「規模の拡大」から「質の充実」へ、「機械化・無機化」から「実存化・有機化」へ、という3つのパラダイム変換が必要。


小林りん

目の前に立ちはだかる困難や意見の相違は、そのときは悲観材料かもしれない。けれど、逆にいえば、それを取り除きさえすれば、もしかしたらこの人もサポーターになってくれるかもしれない、いつかは協力をしてくれるかもしれないという、楽観できる未来に結びつける方法でもあるわけですよね。どちらと考えるかは、自分の意志次第だと思うんです。


ヴィクトール・フランクル(ビクター・フランクル)

人間が生きることには、常に、どんな状況でも意味がある。


永田豊志

他人から受け取ったままの情報では、本質を理解するのに不十分。分かりやすく図解化するために頭をひねって工夫する作業そのものが、脳を働かせて記憶につながる。


岩切章太郎

私を3年間置いていただきたい。私は、住友さんは住友という組織を通じて国家のために尽くしておられると聞いてまいりました。私は3年で田舎に帰りますが、地方を通じて国家のために働くつもりでございますから、失礼ながら住友さんと同じ目的でございます。
【覚書き|住友本社での面接試験での発言。氏は3年実務を経験し故郷宮崎の発展のために仕事したいという夢を持っていた。その情熱は聞き入れられた】


楠木建

社会のダイナミズムを考えずに、表面だけを切り取って「最近の若者は内向きで……」と考えることは、まさに経営者的思考の対極です。つまり、物事の総体を見ていないわけです。


奥村綱雄

ダイヤモンドはいろんな面が相寄って燦然たる光を放っているが、同時によく見ると真ん中の頂上にひとつの大きい面がある。この面はよく見ないとちょっと気が付かない。けれどこの長上の面が大きいほどダイヤモンドが2カラットから3カラット、数カラットと大きくなる。ダイヤモンド経営は集中体だと一般の常識では言うが、もうひとつ掘り下げると、この頂上の中心面が社長なんだ。私はダイヤモンド経営を打ち出すとともに、この真ん中の中心面になり、目立たぬ中に大きいものになろうと努めてきた。


寺畠正道

常に先を見て判断をする。利益が出なくなってからでは、何事も適切な判断を下せなくなります。仮に撤退するとしても早めに対処し、従業員に対しても常にフェアであることを心掛けています。


木暮太一

転職も運と縁は大きい。だから「もうちょっと楽観的にいこうよ」と言いたい。


佐藤秀峰

これまで僕は、「自分はまな板の上の鯉になるので、いろいろと料理してください。そうしたら、美味しいものを出しますよ」というスタンスで仕事を引き受けてきました。そうやっていろいろと経験を積んで、自分の「できること」の幅を広げてから反乱を起こせばいい、と思っていましたから。


木南陽介

しっかり国が高い目標を設定するべきだと思います。日本企業は一旦目標を決めたら必死で頑張ります。始めから目標が低かったら、やる気になりませんよ。