名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ロバート・ウォルターズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・ウォルターズのプロフィール

ロバート・ウォルターズ。イギリスの経営者。人材紹介会社「ロバート・ウォルターズ」創業者。トウシュ・ロス会計事務所、イギリス人材紹介会社大手「マイケル・ぺイジ・インターナショナル」を経てロバート・ウォルターズを設立。バイリンガル・スペシャリスト人材紹介分野に絞り同社を大きく成長させた。

ロバート・ウォルターズの名言 一覧

バイリンガルではない人材に比べ、バイリンガルのグローバル人材の需要が景気の影響を受けにくい。


私は来日後、いろいろな経験を通じて感じたことがある。それはホテルに行っても、飛行機に乗っても、日本人の仕事に対する倫理観が、きわめて高いということだ。ほかの国を見ても、これだけの美点を持っているところはないだろう。問題点があるとすれば、フレキシビリティ、つまり柔軟性に欠けること。


バイリンガル・スペシャリストとは、2カ国語以上を話し、かつプロフェッショナルな能力を有する人たちを指す。彼らを、正社員あるいは派遣・契約という雇用系態でクライアントに斡旋してきた。こうした人材は日本に限らず、世界のどの国、地域においても恒常的に不足している。


ロバート・ウォルターズの経歴・略歴

ロバート・ウォルターズ。イギリスの経営者。人材紹介会社「ロバート・ウォルターズ」創業者。トウシュ・ロス会計事務所、イギリス人材紹介会社大手「マイケル・ぺイジ・インターナショナル」を経てロバート・ウォルターズを設立。バイリンガル・スペシャリスト人材紹介分野に絞り同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

橘木俊詔

お金持ち全員が大卒というわけではありません。「日本の超富裕層トップテン」を見てもわかるように、日本のお金持ちは、自分で事業を興した創業経営者が多いのが特徴。そういった意味では、一発逆転のチャンスのある国だとも言えます。


中原誠(経営者)

味のクオリティーの高さは各店舗の集客エンジンになっており、そこは厳格に管理しています。材料の仕込みから各店舗に任せ、調理してもらっています。むしろ今後の課題も味の管理にあり、各店舗の経営を指導するSV(スーパーバイザー)の他、調理そのものをチェックする「味の番人」のような管理者を各店につかせ、1店舗につき2人のチェック体制を敷こうと思っています。


張忠謀(モリス・チャン)

一人一人の人生は、いずれも自分でつくり出すものではないか。そのためには抱負が必要であり、希望を失ってはならないと思う。


山崎亮

お金や数字の問題が絡んでくると、まちづくりはとたんに難しくなります。売上を伸ばすために活動しようと言った瞬間、すーっと引いてしまうおばちゃんとか、たくさんいますからね。「まちを元気にするんじゃなくて、お金儲けのためにやるんならもうええわ」って。


藤井孝一

自分自身の稼ぐ力を養うことで、世の中がどんな変化をしても、ドンと構えていられる。


益子修

現場の社員と議論する中で、経営判断のミスが、いかに社員に重い負担を課すかということを実感しました。彼らの苦しみの場に立ち会わなければいけないと強く思いました。
【覚書き|社長に就任し、経営再建に取り組み始めた当時を振り返っての発言】


熊野御堂厚

お客様に信頼していただくという方針を私が貫く限り、社員も間違わない。


村上太一

私も普段エバーノートで管理している情報を、年に一度か二度見返して整理していますが、時間を置くと要不要が判断しやすくなります。半年経って、その間に一度も使わなかったら、さすがに「これは必要ない」と判断できるでしょう。これを定期的に繰り返していけばいいだけです。


村岡恵理

夢見たものから遠ざかったり、時には理不尽な立場に追いやられることもあるかもしれない。でも、理想を失わず、勇気を持って進んでほしい。乗り越えた先には、ひとまわり成長した自分がいる。きっと、この道で良かったと思える日が来ることだろう。


熊谷正寿

インターネットが普及する前、今から20年程前は、お客様がモノの比較をするのにお金と時間がかかりました。だから、一番でなくても、営業力が強かったり、マーケティング力が強く、ブランドイメージが何となく良いなぁと思ったところにお客様は流れていきました。つまり、一番かどうか、調べようがなかったので、二番でも三番でも生き残れたわけです。けれども、今の時代は、一番か二番かが明確に、ほぼコストゼロ、時間ゼロでわかってしまうので、二番のサービスには価値がなくなってしまうのです。


高田明(ジャパネットたかた)

カメラは画素数ではなく、ものの背景に人の歴史や人生の証を残すものと考えれば、全く違った売り方になります。我々の視点はそこではないかと。作り手や使う人の思いをどうやって伝えるかということを私はいつも考えながらやっています。


田中健介(経営者)

ある分野に特化して無敵の分野を持つというのが、経営哲学の柱の一つです。