名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ロバート・ウォルターズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・ウォルターズのプロフィール

ロバート・ウォルターズ。イギリスの経営者。人材紹介会社「ロバート・ウォルターズ」創業者。トウシュ・ロス会計事務所、イギリス人材紹介会社大手「マイケル・ぺイジ・インターナショナル」を経てロバート・ウォルターズを設立。バイリンガル・スペシャリスト人材紹介分野に絞り同社を大きく成長させた。

ロバート・ウォルターズの名言 一覧

バイリンガルではない人材に比べ、バイリンガルのグローバル人材の需要が景気の影響を受けにくい。


私は来日後、いろいろな経験を通じて感じたことがある。それはホテルに行っても、飛行機に乗っても、日本人の仕事に対する倫理観が、きわめて高いということだ。ほかの国を見ても、これだけの美点を持っているところはないだろう。問題点があるとすれば、フレキシビリティ、つまり柔軟性に欠けること。


バイリンガル・スペシャリストとは、2カ国語以上を話し、かつプロフェッショナルな能力を有する人たちを指す。彼らを、正社員あるいは派遣・契約という雇用系態でクライアントに斡旋してきた。こうした人材は日本に限らず、世界のどの国、地域においても恒常的に不足している。


ロバート・ウォルターズの経歴・略歴

ロバート・ウォルターズ。イギリスの経営者。人材紹介会社「ロバート・ウォルターズ」創業者。トウシュ・ロス会計事務所、イギリス人材紹介会社大手「マイケル・ぺイジ・インターナショナル」を経てロバート・ウォルターズを設立。バイリンガル・スペシャリスト人材紹介分野に絞り同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

市村洋文

考え方が変わると、行動が変わる。
行動が変わると、習慣が変わる。
習慣が変わると人格が変わる。
人格が変わると、運も仕事もよくなる。


ジャン=ジャック・ルソー

恋と同じで、憎悪も人を信じやすくさせる。


細谷英二

りそな銀行の営業時間を午後5時まで延長すると決めたとき、社内から強い抵抗がありました。実現に9カ月もかかりました。しかし、私は世の中にサービス企業へ変身するメッセージになるとして断行しました。正直言うと、他の銀行が1年以内にすべて追随すると思っていましたが、どこもやらなかった(笑)。業界全体のお役所のような意識が抜けないのでしょう。


井上知子

丸投げ的な業務アサインで通じる人もいれば、もっと細かいサポートが必要な人もいる。パフォーマンスを引き出すためには、ミスを責めることではなく、その人に応じた「ミスを出しにくい仕組み」を整えることが大切です。


嶋津良智

チームとして成果を出そうとすれば、適材適所で、それぞれの強みが生きるように仕事を振っていく必要があります。その結果として、優秀な部下ほど重要な案件を手掛けることになるのは仕方がありません。実績のなかなか上がらない部下にもチャンスを与えて成長を促しつつ、チームとして最高の成果が出せるように仕事を上手く割り当てていく。矛盾する二つの課題をバランスよくコントロールしていくのが上司の役目です。


ジョン・A・ソルハイム

創業から50年以上経過した今でもPINGのプロダクトは創業者であるカーステン・ソルハイムの哲学や思想を継承し、使って実感できるやさしさを追究しています。その理念は父から私、そして息子へと経営責任者に代々受け継がれてきており、グローバル企業でありながら、ファミリー経営という一面を持っていることも、理念がブレない一因であると思います。


ジョセフ・ジューベル

快楽は、肉体のある一点の幸福にすぎない。真の幸福、唯一の幸福、完全な幸福は、魂全体の平穏な状態に存在する。


柳楽幸雄

当社が様々な市場で勝ってこられたのは、グローバルニッチトップ戦略によって基盤を築いてきたからです。ニッチとは、当社固有の技術を生かした製品が活躍するに相応しい空間のことであり、決してスキマという意味ではありません。その中でシエアNo.1を獲るということです。


冨田和成

重要な仕事ほど、やり遂げた際のインパクトも喜びも大きく、その機会をできるだけ多く与えることが部下のモチベーションを高め、成長につながります。結果的に、チーム全体で高い成果を出せるようになるのです。


下園壮太

部下からの深い悩みの相談にはまず「30分、徹底的に相手の話を聞く」ことをしていただきたい。


阿部俊則

単に働きやすさを提供するのではなく、自発的に動ける優秀な人材を育てなければ未来はない。


古出眞敏

私は、約20年前に日本長期信用銀行からアフラックに転職しました。当初は銀行時代と同じ資産運用を担当しました。しかし、金融監督庁から保険会社版の金融検査マニュアルが出ると、コンプライアンス担当の部長に指名され、改めて保険ビジネスを必死で学ぶことになりました。門外漢でしたが、振り返ると、全社を見渡して保険会社の経営を考える良い機会になったと思います。