名言DB

9412 人 / 110637 名言

ロバート・ウォルターズの名言

twitter Facebook はてブ

ロバート・ウォルターズのプロフィール

ロバート・ウォルターズ。イギリスの経営者。人材紹介会社「ロバート・ウォルターズ」創業者。トウシュ・ロス会計事務所、イギリス人材紹介会社大手「マイケル・ぺイジ・インターナショナル」を経てロバート・ウォルターズを設立。バイリンガル・スペシャリスト人材紹介分野に絞り同社を大きく成長させた。

ロバート・ウォルターズの名言 一覧

バイリンガルではない人材に比べ、バイリンガルのグローバル人材の需要が景気の影響を受けにくい。


私は来日後、いろいろな経験を通じて感じたことがある。それはホテルに行っても、飛行機に乗っても、日本人の仕事に対する倫理観が、きわめて高いということだ。ほかの国を見ても、これだけの美点を持っているところはないだろう。問題点があるとすれば、フレキシビリティ、つまり柔軟性に欠けること。


バイリンガル・スペシャリストとは、2カ国語以上を話し、かつプロフェッショナルな能力を有する人たちを指す。彼らを、正社員あるいは派遣・契約という雇用系態でクライアントに斡旋してきた。こうした人材は日本に限らず、世界のどの国、地域においても恒常的に不足している。


ロバート・ウォルターズの経歴・略歴

ロバート・ウォルターズ。イギリスの経営者。人材紹介会社「ロバート・ウォルターズ」創業者。トウシュ・ロス会計事務所、イギリス人材紹介会社大手「マイケル・ぺイジ・インターナショナル」を経てロバート・ウォルターズを設立。バイリンガル・スペシャリスト人材紹介分野に絞り同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

永守重信

私は日本の企業をずいぶん研究したんですけど、創業者が最後まで残っている会社が強い。名誉会長みたいな立場で口を出すのはよくないので、最後の責任は自分が持つという姿勢でいこうと思っています。


池谷幹男

今後5年、10年後の金融の姿を考えた時に、金融グループとしてお客様に評価されるためのやり方をいろいろ議論してきた。その中で、最初は苦労もあると思うが、きっと今回決断したやり方が機能するだろうと考えている。最終的にはお客様に評価されなければ、何をやっているのかわからなくなる。


正力松太郎

いまだからやるのだ。


松井道夫

訳の分からない分割、地獄に堕ちろ。いずれ市場から数十倍、数百倍のしっぺ返しがある。(覚書き|株主利益を無視した経営者のエゴによる過度の株式分割を批判した言葉。名指しは避けたがライブドアへの批判だと見られる。この後ライブドアは証券取引法違反容疑で強制捜査され株価が急落。株式がただの紙同然になる)


澤田道隆

一日の業務の最後にはじっくりと考える時間を30分間、必ず持ちます。花王グループの将来やグローバル展開といった大きなテーマについて、社長室で手を動かさず熟考します。以前は天井を見つめていましたが最近、小林 陽太郎さん(富士ゼロックス元会長)から「素心深考」と書かれた色紙を頂き、いまはこの色紙を棚に置いて見つめながら考えています。


荻野玲

その日のうちに解決しなくてはならない課題、あるいは決断しなくてはならない課題がいくつかあった場合、極力難しい課題から取り組むようにしている。人間はどうしても容易な問題から取り組み最後に残った難しい問題は先延ばしがちである。そうなると頭がもやもやして気分も晴れない。難しい問題を解決、あるいは決断しているととにかく気持ちはすっきりとし、ストレスも溜まらず健康でいられる。


ジェイ・エイブラハム

会社は社員一人ひとりの集合体ですから、お互いの良好な信頼関係なくして社員の成長は望めません。社員がお互いを理解し、お互いの仕事に感謝することが必要です。そうすれば会社の業績を自分のことのように感じるでしょう。


澤田秀雄

再建を始めた当時のハウステンボスは、夏場は好調でしたが、冬になるとお客様が激減し、夏の収益を食いつぶしていました。、私はこの冬の集客の改善にこそ、真っ先に取り組むべきだと考えました。そこで考えたのが、「世界一のイルミネーション」です。冬場は暗くてさびしい気分になるのなら、明るく照らして温かい気持ちになってもらおうと、冬場にイルミネーションイベント「光の王国」を開催。これは毎年恒例の人気イベントになり、今では夏場より冬の入場者が多いほどです。一番伸び悩んでいるところをリカバーすれば、立ち直りも早いのです。


アントニオ猪木

なぜ自分から限界という一線を引かなければならないのか。もともとありもしない限界にこだわると、己の力に疑問を持つようになり、しくじったり、できなかったとき、ああこれが俺の限界だ、もう駄目だとギブアップしてしまう。


古森重隆

伸びる人は会社思いです。自分のためじゃなく、会社のために働いている者ほど成長するし、周囲も仕事を任せようと思います。


渡文明

誠心誠意こそ商いの心だと痛感したのは、新潟製油所に配属された新入社員時代のことでした。ある日、お客様からクレームがきました。「おたくから仕入れたアスファルトが袋の破裂で中身が出てしまった」というのです。「おまえ、行け」と命じられた私は、簡単に回収できるだろうと考え、運転手と二人、トラックで現場に駆けつけました。40kg入りの袋が80個、袋が破裂して中身が道路に散乱しています。相手は怒り心頭、「持って帰れ!」とすごい剣幕です。リフトもないので私は仕方なく自力で一袋ずつトラックまで運ぶことにしました。運転手さんに荷台に立ってもらい手渡しです。夏の炎天下で3時間以上かかりました。着ていたスーツはグチャグチャ。お客様は可愛そうに思ったのか、最後はもういいわかったと笑顔で声をかけてくれました。その後従来に増してのお取引をさせていただきました。


中村充孝(経営者)

企業経営においては、自分が前面に出て自我を押し通すようなことをすると、ロクな結果にならない。


最澄

一隅を照らす、これすなわち国宝なり。
【覚え書き|自分に与えられた場所で一所懸命努力した人こそ国宝である】


辺真一

真の意味での相互理解は、お互いの違いを理解し尊重し合うことが一番の近道。


古賀稔彦

できるだけ選手の話を聞きました。稽古以外の時間も、とにかく会話をする。すると、不満をぶつけてきます。「先生はこれをやれと言いますが、私はこうだから、こうしたい」とかね。でも、僕は怒りません。ひたすら話を聞く。そうすれば、腹の中にある思いを吐き出した選手も、こちらの話に耳を貸してくれます。信頼関係ができてくるんですね。