名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ロバート・ウォルターズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・ウォルターズのプロフィール

ロバート・ウォルターズ。イギリスの経営者。人材紹介会社「ロバート・ウォルターズ」創業者。トウシュ・ロス会計事務所、イギリス人材紹介会社大手「マイケル・ぺイジ・インターナショナル」を経てロバート・ウォルターズを設立。バイリンガル・スペシャリスト人材紹介分野に絞り同社を大きく成長させた。

ロバート・ウォルターズの名言 一覧

バイリンガルではない人材に比べ、バイリンガルのグローバル人材の需要が景気の影響を受けにくい。


私は来日後、いろいろな経験を通じて感じたことがある。それはホテルに行っても、飛行機に乗っても、日本人の仕事に対する倫理観が、きわめて高いということだ。ほかの国を見ても、これだけの美点を持っているところはないだろう。問題点があるとすれば、フレキシビリティ、つまり柔軟性に欠けること。


バイリンガル・スペシャリストとは、2カ国語以上を話し、かつプロフェッショナルな能力を有する人たちを指す。彼らを、正社員あるいは派遣・契約という雇用系態でクライアントに斡旋してきた。こうした人材は日本に限らず、世界のどの国、地域においても恒常的に不足している。


ロバート・ウォルターズの経歴・略歴

ロバート・ウォルターズ。イギリスの経営者。人材紹介会社「ロバート・ウォルターズ」創業者。トウシュ・ロス会計事務所、イギリス人材紹介会社大手「マイケル・ぺイジ・インターナショナル」を経てロバート・ウォルターズを設立。バイリンガル・スペシャリスト人材紹介分野に絞り同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

大久保真一

私どもは世の中にないようなものは行っていません。米国で成功した事例を、いち早く日本に持ってくるので、失敗がないのです。


張本邦雄

若い社員には「君くらいのポジションで失敗しても、会社にとっては大した問題じゃないよ。あんまり怖がるな。責任を取るのは上司の仕事。だから思い切ってやれ」というメッセージを伝えます。これは口でいうだけでなく、マインドの距離が近くないと伝わりません。


佐野浩司

人材育成とは、仕事のスキルではなく、人間性がすべてだと思います。明るく、懸命に、生き生きと日々を過ごすことが何よりも重要です。


林康史

ビギナーズラック後にうまくいかないない理由は2つあります。それは「勘違い」と「欲」です。「才能があるのかもしれない」と勘違いしたり、目先のお金に目がくらむ。そういう人が負けはじめると、「お金を取り戻したい」「あのときうまくいったのだからまたできるはず」と冷静さを欠いた投資に走ってしまうのです。


長谷川和廣

事業再生では、まず誇りを取り戻す意識改革からはじめます。人はプライドを感じられないことに対しては、精魂を込めて打込もうとはしないからです。具体的に言うと「みなさんのお子さんたちが学校で『うちのお父さんは、あそこで働いているんだよ』と胸を張れる会社にしましょう」と訴えるのです。すると、皆の目の色が変わってきます。


椙岡俊一

お客様が求めているのは、驚き、発見、学び、文化、そしてエキサイティングな買い物体験です。これらを具現化することで、人が集まり、モノが売れ、活況が生まれます。


宮嶋宏幸

販売の際は、できるだけ早くお客様から信頼してもらう、そして、お客様の求めている商品をできるだけ短時間で探し出すことが大切ですが、クレーム処理の場合は、あくまでお客様の気持ちが最優先ですから急いだら失敗します。


浜島俊哉

創業者のやってきたことをそのまま踏襲するならば、トップが交代する意味がない。そこで、自分なりの方針を掲げるにあたって、考えた末にたどり着いた答えが「会社はやっぱり潰せない」ということでした。じゃあ、「潰れるリスクとはなんだろう?」と。我々の場合、食品事故です。それを未然に防ぐため、品質保証部を作りました。一方で、事故は人為的なミスでも発生します。私たちの業界は個人の頑張りで支えていこうという文化があります。きついからこそ、人が育つ。そういう側面はあります。しかし、世の中は変わり、会社も変わりました。個人の頑張りに頼った組織は、脆いものです。会社を潰さないためには、違う仕組みを作らなければならない。そこで、労務管理の改革にも力を入れています。


島田精一

20代のうちに自分の強み、専門分野を持つことが大事です。仕事においての強みが一番いいけれど、趣味でもいい。何かの役に立てる専門性を持つことで仕事も人脈も広がります。


兼元謙任

いまでもホームレス時代と基本的な金銭感覚は変わっていません。


可児武夫

私は戦前の教育も受けていますから、チームワークを尊重する日本的な部分を持っています。ですから、個人の自立を重視し、変化を求める米国人の世界に放り込まれた際には、文化的なショックを受けました。


松岡浩(経営者)

私は例えば、お客様が来社された時に笑顔で明るく挨拶をするとか、工場の床がピカピカできれいだなと感じるような心地良さのある会社を目指してきました。会社が磨かれれば、心も磨かれるということです。しかも、それをやらされるのではなくて、自発的に社員がやろうと思える環境をつくることが大事だと思っています。「やらされる掃除」から「やる掃除」に変えた時、苦しみが喜びに変わるのです。それが成長につながります。