名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ロバート・インガソルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロバート・インガソルのプロフィール

ロバート・グリーン・インガソル。19世紀アメリカの弁護士、政治指導者。奴隷制度廃止主義者の牧師の家に生まれる。南北戦争で第11イリノイ騎兵隊を組織し、シャイローの戦いに従軍。南北戦争後はイリノイ州検事総長を務め、共和党の重要な党員となった。演説に秀で、ジェイムズ・G・ブレインへの応援演説はいまなお政治演説の手本とされている

ロバート・インガソルの名言 一覧

幸福は唯一の善であり、理性は唯一の案内灯であり、正義は唯一の崇拝物であり、人道は唯一の宗教であり、愛は唯一の僧侶である。


私は天国で男たちだけと暮らすより、この世で好きな女と苦労して生き続けたい。


希望とは、真実性について自己の名声を決して失うことのない万能のうそつきだ。


報奨を受けるだけの功績がないのに称賛されるよりも、称賛を受けずに報奨を受けるだけの功績がある方がよい。


ロバート・インガソルの経歴・略歴

ロバート・グリーン・インガソル。19世紀アメリカの弁護士、政治指導者。奴隷制度廃止主義者の牧師の家に生まれる。南北戦争で第11イリノイ騎兵隊を組織し、シャイローの戦いに従軍。南北戦争後はイリノイ州検事総長を務め、共和党の重要な党員となった。演説に秀で、ジェイムズ・G・ブレインへの応援演説はいまなお政治演説の手本とされている

他の記事も読んでみる

井戸美枝

45歳くらいになると会社でのある程度のポジションもわかり、住まいや教育費など大きなお金の動きも算段がついてくる人が大半でしょう。家をどうするか、いつまで働くのかなど、将来のことを家族で話し合い、まずは現在の家計を整理することから始めてください。定年後の生活費の見積もりを立てることに加え、現状のムダが見えてくれば定年までの15~20年くらいで改善をする余地があります。


天谷直弘

日本人、日本企業、日本政府に共通していることは、国際社会から「テイク」することに関心が強すぎて、「ギブ」することへの熱意が不足していることである。換言すれば利己主義過大、利他主義過小シンドロームと名付けることができよう。


武田双雲

マジメであることは素晴らしいことだけど、それだけだと苦しくなることもある。少し力を抜いてみると、見える景色が変わるかもしれない。


ジーコ

誰もが勝つためにここに来ている!


山内溥

運を認めないといけない。運を実力だと錯覚するということは、これほど愚かなことはないんです。経営者としてね。ところが、人間 ですからついつい運の存在を無視して「俺の力だ。俺のやり方が良かったんだ」と言いたいんですわ、人というものはね。それは駄目。


松本晃(経営者)

スイスに本社のあるネスレという会社があります。時価総額は約10兆円です。2位のペプシコの時価総額が6兆円強ですから、世界でもダントツの食品メーカーです。事業規模から言っても、ネスレとカルビーでは違い過ぎますが「それを目指すくらいの気概を持って仕事をしなさい。成長の機会はいくらでもある」と社員に言っています。


大山健太郎

会社が生き残るための条件はただひとつ。世の中の変化に対応していくことです。世の中はどんどん変化していきますから、その変化に対応していきさえすれば、企業は間違いなく存続できます。


秋元久雄

僕は平成建設を「社員やお客さんが主役」の会社にしたいと思っている。現実には社員やお客さんよりも、株主や経営者を優先している会社のほうが多いよね。とくにアングロサクソン型の経営が日本に入ってからは、株主が一番で、経営者は株主の意向に従って経営を行ない、社員やお客さんは株主や経営者が利益を得るための手段になっている。これじゃ社員もお客さんも幸せになれない。僕はこれをひっくり返したいと考えている。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

良心に従い善良な心でいる人は、様変わりする環境の中でも、その心を変化させることはありません。どんな状況にいようと、誰に対しても変わらない態度を見せるでしょう。そうしてますます、神聖な善良さへと向かっていきます。


山﨑潤一(山崎潤一)

経営改革が奏功し、財務体質の強化という目標は達成しました。そして次の3年間で環境整備を含め、もう1度、会社の強みと弱みを振り返りました。それで強くするところは強くし、弱いところや足りないところは少し人並みにしていこうと。


李海珍(イ・ヘジン)

韓国ではネットのトップ企業でしたが、日本では知名度も存在感もほとんどありませんでした。トップと底辺を同時に経験したのです。その時、働いている人の「情熱」や成長への思い、サービスへの姿勢というのは、ネイバージャパンの方が強いということを強く感じました。非常に大変な時期でしたが、第二の創業のような、ベンチャーならではの情熱を経験できたことは、私にとって非常に幸運だったと思います。
【覚え書き|日本進出について】


谷所健一郎

企業の採用・不採用は、あくまで相対評価の結果です。絶対評価ととらえてはいけません。