名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ロナルド・ドーアの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロナルド・ドーアのプロフィール

ロナルド・フィリップ・ドーア。イギリスの社会学者(専門は日本の経済・社会構造)。イングランド南部ボーンマス出身。ロンドン大学東洋アフリカ研究学院で日本語を専攻。卒業後は、東洋アフリカ研究学院、ブリティッシュコロンビア大学、サセックス大学、インペリアル・カレッジ・ロンドン、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学に勤務。主な著書に『都市の日本人』『日本の農地改革』『江戸時代の教育』『貿易摩擦の社会学 イギリスと日本』『日本型資本主義と市場主義の衝突 日・独対アングロサクソン』『誰のための会社にするか』ほか。ロンドン大学名誉教授。

ロナルド・ドーアの名言 一覧

人間が一生懸命に働く時、お金はその理由の一部に過ぎない。


ロナルド・ドーアの経歴・略歴

ロナルド・フィリップ・ドーア。イギリスの社会学者(専門は日本の経済・社会構造)。イングランド南部ボーンマス出身。ロンドン大学東洋アフリカ研究学院で日本語を専攻。卒業後は、東洋アフリカ研究学院、ブリティッシュコロンビア大学、サセックス大学、インペリアル・カレッジ・ロンドン、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学に勤務。主な著書に『都市の日本人』『日本の農地改革』『江戸時代の教育』『貿易摩擦の社会学 イギリスと日本』『日本型資本主義と市場主義の衝突 日・独対アングロサクソン』『誰のための会社にするか』ほか。ロンドン大学名誉教授。

他の記事も読んでみる

古森重隆

若いうちから真剣勝負の場にどんどん放り込むことが重要。自由にやっていい環境を与え、「出る杭になってはいけない」という心の留め金を外してやればいい。


森田直行(経営者)

長期的な戦いで勝てるチームはどこもチームワークがいい。スター選手は少なくとも、チームワークがいい組織は長期にわたって良い成績を残していけるんですね。リーダーを中心に一体感があり、一致協力の体制が取れています。


サム・ゴールドウィン

八方ふさがりのなかでも、やれることは必ずある。


戸塚隆将

たまたま何かの縁で知り合った友人・知人との関係が、将来どう発展するかはわからない。将来を期待して関係を築くのではなく、利害を超えたつながりを大切にすることで、結果、人間関係はより深まるのです。


谷田千里

社長になったとき、自分に何ができるか徹底的に考えました。出た答えは「日本の医療費の適正化」。これで結果を出せたら、後継者にバトンを引き継ぐ時に胸を張れる。人生を懸けようと心に決めました。


吉田松陰

同じではない人を同じにしようなどとせず、いわゆる、その人の優れた才能を育てることに努めるべきである。


池谷裕二

スポーツで身体を動かすことがストレスを軽減するということもあるのですが、それだけではありません。「運動すればストレスが軽くなる」と自分で思い込んでいることこそ大きな意味があります。自分はこれをすれば気持ちが楽になると信じて、ストレスを感じたときの逃げ道を用意しておくことで、実際にストレスホルモンの上昇は抑えられます。


ドン・タプスコット

現在、企業の内と外を隔てる壁は風穴だらけで、人も情報も知恵も容易に出たり入ったりしてしまいます。優秀な頭脳と発想は組織内に抱え込んでいられないし、むしろその必要がなくなっています。


イチロー(鈴木一朗)

僕にとっては、高校を出てすぐの92年にプレーしていたオリックスの2軍、あのチームの雰囲気は最高でしたから、すごく楽しかった。でも、楽しいのと面白いのとは、ちょっと違うと思います。いまだって、草野球の中に入って野球をやれば楽しいし、きっと笑いっぱなしですよ。でも、おもしろさというのはそういう次元では味わうことができない。


勝間和代

人間心理として面白いのが、一度ロイヤル顧客になってしまうと、多少不都合な材料が出てみても、逆にこれまでその定番やシリーズに投資をしてしまったことを正当化するため、なるべくその商品サービスの良いところを積極的に見つけようとして、その商品を買う理由を顧客のほうが見つけてくれるのです。


立石豊

「人と関わっていたい」「かまってほしい」という欲求はやはり、年齢にかかわらず、人間にとって根源的なものではないでしょうか。会社は最も長い時間を過ごす場所なのですから、全員が家族のように安心して働ける場にしたい。こんな「おせっかい」な企業があってもいいのではないかと思います。


西室泰三

人材というのはライアビリティ(負債)というよりアセット(資産)です。人材をアセットとして考えた場合、その人材を有効利用するためには、その人たちが夢を持って仕事ができるというのが一番理想的な姿ですから、我々のグループの中でそれが実現できないのであれば、それが実現できるグループを探します。