ロナルド・ドーアの名言

ロナルド・ドーアのプロフィール

ロナルド・フィリップ・ドーア。イギリスの社会学者(専門は日本の経済・社会構造)。イングランド南部ボーンマス出身。ロンドン大学東洋アフリカ研究学院で日本語を専攻。卒業後は、東洋アフリカ研究学院、ブリティッシュコロンビア大学、サセックス大学、インペリアル・カレッジ・ロンドン、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学に勤務。主な著書に『都市の日本人』『日本の農地改革』『江戸時代の教育』『貿易摩擦の社会学 イギリスと日本』『日本型資本主義と市場主義の衝突 日・独対アングロサクソン』『誰のための会社にするか』ほか。ロンドン大学名誉教授。

ロナルド・ドーアの名言 一覧

人間が一生懸命に働く時、お金はその理由の一部に過ぎない。


ロナルド・ドーアの経歴・略歴

ロナルド・フィリップ・ドーア。イギリスの社会学者(専門は日本の経済・社会構造)。イングランド南部ボーンマス出身。ロンドン大学東洋アフリカ研究学院で日本語を専攻。卒業後は、東洋アフリカ研究学院、ブリティッシュコロンビア大学、サセックス大学、インペリアル・カレッジ・ロンドン、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学に勤務。主な著書に『都市の日本人』『日本の農地改革』『江戸時代の教育』『貿易摩擦の社会学 イギリスと日本』『日本型資本主義と市場主義の衝突 日・独対アングロサクソン』『誰のための会社にするか』ほか。ロンドン大学名誉教授。

他の記事も読んでみる

本庶佑

自分が何を知りたいか、はっきりしていないと研究というものはブレてしまう。何ができるかでなく、何が知りたいかであって、できることばかりやっていると目標を見失う。常に何が知りたいか問いかけながら研究をやってきた。


松本恭攝

私たちがやりたいのは、利益が強く出る会社をつくることではなく、業界のあり方を変えること。世の中のインフラになるくらいのインパクトのある事業をやりたいので、利益よりも投資が優先です。


松井忠三

かつて、私が作った海外留学の制度を利用してMBAを取った社員がいました。彼は当然、その知識を活かして働きたいわけです。しかし会社に戻って来ると、店舗の課長職に戻ってしまった。これでは向こうで学んだ成果を発揮できません。その結果、海外留学をした人たちは皆辞めていきました。制度だけ作っても、それを活かせる文化や社風が無かったのです。


大八木成男

私が入社した当時の帝人は、ちょうど創業時から手掛けてきたレーヨン事業から撤退したばかりで、繊維に代わる新しい方向性を探しはじめたところでした。私は「新しい事業なら上に人がいないから、早く第一線で活躍できる」と思い、この会社を就職先に選びました。


柳井正

アマゾンやゾゾタウンが出てきたり、アパレル分野に進出してくるスポーツ用品メーカーや、ハイファッションブランドなどとも競合しますしね。でも、そんな競争の中でも、自分たちのポジションをしっかり持っていれば勝てますし、それができれば世界中で勝てるということです。


冨山和彦

変わることりができた会社にはチャンスが広がるけど、変われなかった会社は消えていくだけ。そういうことを腹を据えてトップが決断できるかどうか。


槍田松瑩

電話の時代からPCの時代に移ったことで、職場で机を接していても部下や同僚が外部とどのようなやり取りをしているかが見えにくくなりました。電話なら漏れてくる話し声から誰がどんな交渉事をしているか同じ部署の人間にはなんとなくわかったものです。しかし、メールではそれがわからない。その意味でも、社員同士のコミュニケーションを意図的に増やしていかなければいけないという思いがあり、独身寮の復活を仕掛けました。


浜島俊哉

お客様からの「ありがとう」が何よりも大切。高校1年生でバイトをした喫茶店での経験が原点です。


中村獅童(二代目)

「がむしゃらな30代」があったからこそ、様々な出会いに恵まれ、今の獅童らしさを追求する土台になった。失敗もあったけれど、悔いはない。


ラモス瑠偉

給料のことなんて、どうでもいい。そんなこと構わない。おカネなんて、いつでも稼げる。それよりも大切なのは、ワタシがどういう人間か、どんなサッカー選手か、それを皆に見せてやること。このままじゃ終われない。だから試合には出られなくても、誰よりも練習はやったよ。肉離れを起こしたときも、自分でテーピングして、それで練習した。

【覚え書き|1年間の出場停止時代を振り返って】


川島永嗣

若い頃から年1回、英語圏の国に旅行に行くと決めていたぐらい、僕自身海外旅行が好きだったんです。他国の文化を知りたい、もっといろんな考え方に触れたいという欲求や興味が大きかったので。


小川善美

M&Aにあたって、なぜその会社を売りたいのか、出資をしてもらいたいのかというところで、そこかに自分が楽になろうとか、個人的なメリットを得ようと思っている匂いが感じられる人は望ましくありません。


大橋徹二

いいライバルがいないと、我々も育たないし、業界も発展していかない。ライバルがいるからこそ、こちらも工夫し知恵を出していく。


奥野長衛

すべての課題は現場にある。現場の声に徹底的に耳を傾けることで、JAは地域住民に必要とされる存在になれる。


粟田貴也

くじけないためには、目標を自分だけのものではなく、公言してしまうという方法もよいと思います。私は経営に関しても「100倍の目標」を掲げていますが、自分を鼓舞するためにこれを従業員にも話しているんです。聞かされるほうにとっては夢物語のような話だったこともあります。「一部上場企業になる」と話したときなどは、みんな真面目に話を聞いていませんでしたよ。「社長はちょっとおかしいんじゃないか」と思われていたかもしれませんね(笑)。


ページの先頭へ