名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

ロナウジーニョの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロナウジーニョのプロフィール

ロナウジーニョ(ロナウド・デ・アシス・モレイラ)。プロサッカー選手(FW/MF)。ブラジル・リオグランデ・ド・スル州出身。幼少期からサッカーに熱中。FIFA最優秀選手賞を獲得。ブラジル、欧州で活躍。ブラジル代表としても活躍。

ロナウジーニョの名言 一覧

ピッチはいつだって四角だし、ボールはどこでも丸い。
【覚え書き|欧州に移籍したときの発言】


まずチームを観察し、スタイルを真似た。次に彼らより少しだけ速く走り、少しだけ強く蹴り、少しだけ多くシュートした。それが出来たら、今度は自分のプレーをした。


ロナウジーニョの経歴・略歴

ロナウジーニョ(ロナウド・デ・アシス・モレイラ)。プロサッカー選手(FW/MF)。ブラジル・リオグランデ・ド・スル州出身。幼少期からサッカーに熱中。FIFA最優秀選手賞を獲得。ブラジル、欧州で活躍。ブラジル代表としても活躍。

他の記事も読んでみる

小池直己

お勧めしたいのが、「中学英語」のやり直しです。というのも、英語の基礎は中学の時点でほとんど学んでいるからです。高校英語は、その知識を応用するだけと言っても過言ではありません。英会話に限って言えば、中学英語の文法ですら、すべてをおさらいする必要はないのです。


稲盛和夫

錐(きり)は力を先端の一点に凝集させることで効率よく目的を達成する道具です。その力の源は集中力です。錐のようにすべての意識や神経を一つの目的に集中すれば、誰もが必ずことをなしうるはず。


セルバンテス

幸運はそれが失われるまで気付かれることはない。


小田豊(経営者)

おいしいお菓子さえ作っていれば商売はうまくいきます。先代の父、豊四郎がそう信じていました。実にシンプルな原理です。もちろん、だからといって、昔ながらのクラシカルなお菓子ばかり売っているわけではありません。お客さんに様々な商品を手に取ってもらおうと、ファッション(流行)性の高いお菓子も開発します。ただ、あくまでもこうした商品は一過性のものだということを念頭に設備投資はせず、既存の設備をやりくりしながら作っています。


矢沢大輔

1度目は、メモを見ながらでいいので、内容を口に出してみる。2度目からはメモを見ずに記憶を頼りに、内容を口に出す。内容を全て思い出せなくても、間違ってもOK。このトライ&エラーを繰り返すうちに、曖昧な記憶が正確な記憶になっていく。


小山聡章

最初は、無償のギブをすれば他のお客様を紹介してもらえるかもという下心がありました。でも、ずっと続けて、積み重ねていけば習慣化されるんですね。それに自分の成績や昇進のことばかり考えていると、判断基準がわからなくなる。資金繰りに苦しんでいる経営者の方には、解約をお勧めすることもある。相手の立場を考えてこそのビジネスです。やはり「小山さんと会えて良かった」と思われるように努力したい。


佐治信忠

祖父は創業の理念として、事業による利益の3分の1を顧客に、3分の1を社会に還元し、残り3分の1を事業拡大に使う「利益三分主義」を掲げました。社会への貢献を抜きにして我々は存続できません。


佐々木正悟

やってみるとわかりますが、1日にたとえ4分間であっても、仕事を進めるのと、まったくその仕事に手を着けないのとでは、ずいぶん作業量が変わってくるものです。


寺門ジモン

子供のときかな。黒澤明監督の『影武者』のときだったと思うけど、落武者役を新聞広告で募集していたんですよ。そこで何を考えたのか、「よし!」と、裸になって「落ち武者だ!」(笑)って叫んでいる写真を大きく引き伸ばしてね。10枚ぐらい送ったんですよ。どう考えても、子供が落武者役で通るわけがない。でも、「オレは出たいんだ!」という思いが、その写真に出ていたんでしょうね。黒澤監督から直筆の手紙が来たんです。「今回の映画における役柄はあなたにそぐいませんでした。でも、あなたの映画に対する情熱は、これからの日本映画界にとって大切なものです。どうか、ずっと持ち続けてください」って。さすがだよね。「よし、ちゃんと自分の気持ちを伝えていけば、いつか芸能人になれるんだ」ってこのとき、確信したんです。


山井太

自分たちが本当にほしいと思うものをつくることが、父の代から変わらない理念。この理念を基に新しい分野を切り拓いてきたことが、強いて言えば我々の核心部分。


椎木里佳

いい子過ぎることが心配な面もあります。例えば、才能のある人が起業したいと思っても、親に止められると心配をかけたくないからと思いとどまってしまう。親世代の若い頃にはない仕事も多いので、「そんな仕事で暮らせるのか?」と挑戦を止める親に従う子も増えるかもしれません。その点では、日本をより良い国にするためにも、親世代には息子・娘の世代をある意味で「放置」してほしいですね。


鈴木健二(アナウンサー)

「適材適所」の材は、材木のことなんです。大木から柱をつくる場合、大木の南面からとった木は、家の南側の柱として使わないといけないんです。北面の木は北側へです。今の法隆寺の柱がそうで、なぜあの寺がこれだけの歳月を経てもビクともしないのかというと、あの柱の固さが、生の大木で立っていた時の固さと全く同じだからなんです。