名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ロドニー・ブルックスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロドニー・ブルックスのプロフィール

ロドニー・アレン・ブルックス。アメリカのロボット技術者。「アイロボット」共同創業者、「リシンク・ロボティクス」創業者。オーストラリア出身。スタンフォード大学でコンピューターサイエンス博士号を取得。アイロボットを共同創業。ロボット掃除機ルンバを開発。そのほか、マサチューセッツ工科大学コンピューター学科・人工知能研究所所長、リシンク・ロボティクス会長兼CTO(最高技術責任者)を務めた。

ロドニー・ブルックスの名言 一覧

ロボットの外観はある意味、何を提供できるかを約束しています。例えば、ヒト型のロボットだとユーザーは大きな期待をするかもしれません。ルンバはヒトではないように見える。それこそがとても重要なことです。世の中にある多くの人間を模したロボットに対して人々は大きな期待をしてしまいます。でも思ったほど賢くないとがっかりします。片やルンバは大きな約束をしていないので、失望しません。もちろん部屋を掃除するという約束はきちんと果たします。


ロドニー・ブルックスの経歴・略歴

ロドニー・アレン・ブルックス。アメリカのロボット技術者。「アイロボット」共同創業者、「リシンク・ロボティクス」創業者。オーストラリア出身。スタンフォード大学でコンピューターサイエンス博士号を取得。アイロボットを共同創業。ロボット掃除機ルンバを開発。そのほか、マサチューセッツ工科大学コンピューター学科・人工知能研究所所長、リシンク・ロボティクス会長兼CTO(最高技術責任者)を務めた。

他の記事も読んでみる

相川秀希

「絶対的な答えのない問題」を解く力を高めるには、想定外の状況に立たされ、そこでもがき苦しみながら戦うのが一番です。社会人の場合、新規店舗の開設に携わるなどの経験を数多く菫ねることがトレーニングになるでしょう。


岩田松雄

私は日々の仕事の中で、何度もミッションについて自分の考えを語りかけました。朝礼で語り、マネジメントレターに書き、日々の会議やミーティングで触れる。また、ミッションに適う行動をしている人を朝礼などで褒めました。こうしてミッションの浸透を図った結果、業績が好転していきました。


山田満(経営者)

大手が業績不振で赤字になり苦しんでいるでしょう。私はトップダウンだけで、現場の声をしっかり吸い上げていないのではないかと思います。


石渡美奈

手紙の良さは思いが伝わることですね。メールだと簡単に送れますが、手書きの手紙は、便箋やハガキを選ぶのも書くのも、それなりの時間がかかります。だから、もらった相手も、「自分のために時間を使ってくれた」と心に響くと思うのです。


林文子

市長の仕事は「忍」の一字です。あらゆる批判を受け止めなくてはいけないし、言い訳もできない。とくに今の時代は価値観が多様化していますから、市民の皆様もさまざまな考えをお持ちです。それをいったん受け止め、お互いに理解し合えるまで話し合って、最良の選択をするのが私の役目。そのためには忍耐力が不可欠です。


佐々木常夫

「知る」と「わかる」は大きく違います。「知る」は単に頭の中にインプットしただけのこと。一方、「わかる」ことを私は「解る」だと考えています。ものごとを理解し、自分の行動を変えていくことです。その変化は自分を一歩高めることにつながっていきます。


蟹瀬誠一

私は日本のテレビ局のキャスターとして行ったモスクワで取材中、銃撃戦に巻き込まれました。弾が頭上を飛び交う中、「俺はここで死ぬかもしれない」と覚悟しました。そのとき、周りの景色が急にスローモーションになり、家族の顔が目の前に浮かんだのです。ほんの一秒くらいのことなのですが、そのとき初めて、自分にとって何が大切かを自覚しました。やっぱり家族なんだなと。


西内啓

中学高校時代に英単語を覚えたときは、繰り返し書き取って、力技でスペルを暗記していました。日本の学校教育ではそういう教え方が主流ですが、文節に分けて規則性を見つけることで、圧倒的に覚えやすくなるはずです。


高畑好秀

失敗を反省するのではなく、成功を反省することが大切。なぜ成功したのか、その理屈が正しくわからない人が、失敗したときに、なぜ間違っていたかを反省できるはずがありません。反省しているフリだけ。だから、その後もずっと失敗のイメージを持ち続け、いつまでたってもスキルは向上しません。


アラン・シェパード・ジュニア

長い道のりだった。しかし我々はここまで来た。


マキャベリ(マキャヴェッリ)

天気の良い日に風のことなど考えてもみないのは人間共通の弱点である。


河合薫

自立とは依存の先にあり、「あなたは大切な人」というメッセージを感じたとき、人は自分の足でふんばって立つたくましさを発揮する。