名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ロドニー・ブルックスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロドニー・ブルックスのプロフィール

ロドニー・アレン・ブルックス。アメリカのロボット技術者。「アイロボット」共同創業者、「リシンク・ロボティクス」創業者。オーストラリア出身。スタンフォード大学でコンピューターサイエンス博士号を取得。アイロボットを共同創業。ロボット掃除機ルンバを開発。そのほか、マサチューセッツ工科大学コンピューター学科・人工知能研究所所長、リシンク・ロボティクス会長兼CTO(最高技術責任者)を務めた。

ロドニー・ブルックスの名言 一覧

ロボットの外観はある意味、何を提供できるかを約束しています。例えば、ヒト型のロボットだとユーザーは大きな期待をするかもしれません。ルンバはヒトではないように見える。それこそがとても重要なことです。世の中にある多くの人間を模したロボットに対して人々は大きな期待をしてしまいます。でも思ったほど賢くないとがっかりします。片やルンバは大きな約束をしていないので、失望しません。もちろん部屋を掃除するという約束はきちんと果たします。


ロドニー・ブルックスの経歴・略歴

ロドニー・アレン・ブルックス。アメリカのロボット技術者。「アイロボット」共同創業者、「リシンク・ロボティクス」創業者。オーストラリア出身。スタンフォード大学でコンピューターサイエンス博士号を取得。アイロボットを共同創業。ロボット掃除機ルンバを開発。そのほか、マサチューセッツ工科大学コンピューター学科・人工知能研究所所長、リシンク・ロボティクス会長兼CTO(最高技術責任者)を務めた。

他の記事も読んでみる

岩片和行

スタッフのミスも頭ごなしに叱ることはしないで、そのスタッフの言い分もしっかり聞くようにしました。部下からの信頼を得て、それをもとに彼、彼女らの仕事の質を上げていくためには必要なことだと思います。


安原弘展

残業だけでなく、無駄な会議や余分な書類を減らしていくことも重要です。ある社員が言っていたのですが、以前からつくるのが習慣になっていた書類について、本当に必要なのかどうか疑問に思い、試しにつくるのをやめてみたそうです。そのうち指摘されるかと思ったら、誰も気づかないままだった。ということで、その書類はなくなりました。そういう無駄が減れば減るほど、生産性は高まっていきますよね。


小宮輝之

私は30代半ばまで多摩動物公園で働きましたが、その時はシカ、ヤギ、ヤク、ロバといった日本の動物や家畜を中心に担当していました。これらはパンダ、ゴリラ、ゾウといったスター動物ではなく、希少種でもありませんでしたが、どんな動物でも飼うのが好きな私は全力で取り組みました。若手でも自分の権限で自由に飼育させてもらえたので、かえってよかったのです。


中山雅史

与えられたチャンスに得点できない度に自分の未熟さを思い知らされた。同時に、次への活力にもなっていった。こういう目には見えない気持ちの部分が一番重要。


坪田信貴

個性を尊重すれば、落ちこぼれのレッテルを貼られるような生徒でも学力や能力を伸ばすことができる。


水野和也

容器だけではなく、容器を活用したメニューの提案、売り方の提案も行っています。


中田敦彦

僕は何を学ぶ際も、一定のルールに基づいて勉強します。それは、テキストならば、「丸ごと1冊をすごい速さで読む」という作業を繰り返すこと。幾度も全体を網羅すれば、何が主要で何が枝葉かを把握できます。一度目の速読でおぼろげに把握、二度目で3割把握、三度目で5割……と何度も繰り返せば、ポイントと細部がメリハリよく頭に入ります。この方法をとると必ず最初は「全然わからない自分」を認識することになります。しかしそれは気にする必要はありません。この「気に病まない力」こそ、最強の秘訣かもしれませんね。


セネカ

人は教えることによって、もっともよく学ぶ。


アルフレッド・アドラー

相手に間違いをわからせるには、親しみのある話し合いをすればよい。大切なのは、それができる信頼関係を築くことだ。


相澤賢二

社員採用の面接は3分。私は人を笑わせることが得意だから、笑顔で決めます。作り笑い、愛想笑いは駄目。笑うなら本当に楽しそうに笑ってくれればOKです。面接は、時間をかけるほどわからなくなります。30時間話したら、100人殺した死刑囚でも同情して涙が出て来るでしょう。お客様は5分で社員を見ますから、私も5分以上は使いません。


本田宗一郎

世の中で一番素晴らしいものは若者のエネルギーだよ。こりゃあ進歩の原動力だ。社会ってのは常に有為転変するものだ。若い連中はそれに合わせて、ちゃんとやっていけるけど、年寄りはそうはいかない。だもんだから「今の若いものは……」なんて批判する。口で言うだけならまだいいが、伸びる芽まで摘んでしまっちゃ駄目だよね。そうなったら、老害以外の何物でもないからね。そう考えたから、俺は第一線から身を引いたんだ。人間、はじめるよりも終りのほうが大事なんだよ。


石渡美奈

一流企業でも全員がエリートではないはずだ。「面倒な仕事はしたくない」「できることなら楽してお金を得たい」と思うのが普通の人間の考え方である。だから、上司はそんな心理を念頭に置いたうえで、組織の中での部下の動かし方を考える必要がある。