ロドニー・ブルックスの名言

ロドニー・ブルックスのプロフィール

ロドニー・アレン・ブルックス。アメリカのロボット技術者。「アイロボット」共同創業者、「リシンク・ロボティクス」創業者。オーストラリア出身。スタンフォード大学でコンピューターサイエンス博士号を取得。アイロボットを共同創業。ロボット掃除機ルンバを開発。そのほか、マサチューセッツ工科大学コンピューター学科・人工知能研究所所長、リシンク・ロボティクス会長兼CTO(最高技術責任者)を務めた。

ロドニー・ブルックスの名言 一覧

ロボットの外観はある意味、何を提供できるかを約束しています。例えば、ヒト型のロボットだとユーザーは大きな期待をするかもしれません。ルンバはヒトではないように見える。それこそがとても重要なことです。世の中にある多くの人間を模したロボットに対して人々は大きな期待をしてしまいます。でも思ったほど賢くないとがっかりします。片やルンバは大きな約束をしていないので、失望しません。もちろん部屋を掃除するという約束はきちんと果たします。


ロドニー・ブルックスの経歴・略歴

ロドニー・アレン・ブルックス。アメリカのロボット技術者。「アイロボット」共同創業者、「リシンク・ロボティクス」創業者。オーストラリア出身。スタンフォード大学でコンピューターサイエンス博士号を取得。アイロボットを共同創業。ロボット掃除機ルンバを開発。そのほか、マサチューセッツ工科大学コンピューター学科・人工知能研究所所長、リシンク・ロボティクス会長兼CTO(最高技術責任者)を務めた。

他の記事も読んでみる

黒川将大

よく「何年やってるの?」と聞かれる利用者がいらっしゃいますが、大切なのは年数ではなく、いかに一人一人に真剣に向き合うか。集中して仕事をしている人の方が圧倒的にうまい。


マーティン・イェッター

IBMは過去数年の間に約百社の企業を買収しました。反対に、他社と差別化できない分野については、撤退も繰り返してきました。


木山剛史

室蘭は10万人の人口がありながら、バッグ屋さんがほとんどなかったのです。当社の商品は1万円前後と、決して安いわけではありませんが、いいものであれば皆さんに納得して買ってもらえるのです。逆に競合店の多い大都市圏の方が採算面では厳しいかもしれません。
【覚え書き|北海道室蘭市に出店したことについて】


田中仁(経営者)

仕事のスピードを速くするためには、その案件を「会社のビジョンにのっとっているかどうか」で判断し、「不要な仕事」に手を出さないことを徹底しています。


坂田道信

ハガキを書くうえで最も大事なのは、「上手に書こうとしない」ことです。頭がいい人は上手に書こうとしますが、これは自己顕示欲の表れでもあり、自己中心的な考え方だといえます。ただ相手のことを思い、下手でもいいから心を込めて書くのです。私は学問も教養もないので、そもそも上手に書けないのですが、それがかえって幸いしていると思います。


江見朗

借金がふくらみ、背水の陣に追い込まれたときに気づきました。自分には、相手の気持ちを思いやる優しさがなかった。それでも社員はついてきてくれたし、業者さんもきちんと納品してくれた。自分は彼らに対して何かできているだろうか、と。そう考えたとき、心の底から感謝の気持ちが湧き上がってきたのです。そこから、経営状態が改善し始めました。誰かから資金援助をいただいたわけでも、銀行から追加融資を受けたわけでもないのに。


増田宗昭

ユニクロのヒートテックは安いから売れているわけではありません。ヒートテックはいままでにはなかった機能を付け加えたから売れたのです。顧客価値を考えた商品といえます。一方で、企業価値の向上だと株主ばかりを見て、顧客のことをあまり来なかった企業はお客さんから選ばれません。


豊田章男(モリゾウ)

厄介なのが成功体験です。世の中は変わったのに「以前はこれで成功した」とか「なんで変えるのか」と言い出した途端、成長は止まります。


藤田晋

我々はこの環境変化の速いインターネット業界でビジネスを展開しているので、事業構造を変えることについては慣れています。


安藤広大

指示したことが失敗なら、修正すればいい。スピーディーに決めて指示を出し、失敗したらすぐ修正する。その速さが勝敗を分けます。


菊間ひろみ

英語を習得するうえで最も重要なのは「毎日コツコツ継続する」こと。どんなに頭が良くても、記憶力が高くても、毎日、習慣のように英語に触れ続けなければ、自然と英語が口から出てくるようにはなりません。


堀之内九一郎

データはあくまでも参考資料。最低限の判断材料にはなり得ても、それ以上のものではありません。そう考えれば、データを過信して痛い目に遭ったり、データに振り回されることがなくなります。


小林稔(経営者)

情報が不足しがちな中小型株は継続的なリサーチが欠かせない。経営陣の計画通りに事業を進められているか、数年間にわたって通い続けることで初めて本当の実力が見えてくる。


家本賢太郎

いまでも自分を半人前だと思っていますが、それでも自信をもって言えることがたくさんあります。「なぜインターネットが必要なのか」「インターネットがどう社会を変えるのか」といったことを、人から聞いた話ではなく、実体験をもとにして語れるようになりました。経験の蓄積の結果、高い視点からものが見えるようになったのです。


坂詰真二

疲れは溜まれば溜まるほど、回復しにくくなる。


ページの先頭へ