名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

ロデリック・クレイマーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロデリック・クレイマーのプロフィール

ロデリック・クレイマー。米国の社会心理学者(専門は組織行動論)。米スタンフォード大学経営大学院教授。カリフォルニア州立大学卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で社会心理学の博士号取得。その後、米国スタンフォード大学で教鞭をとり、同大学経営大学院の教授に就任。意思決定、創造性、リーダーシップなどについての研究を行っている。

ロデリック・クレイマーの名言 一覧

当然のことですが、プレーヤーに必要なスキルと、マネジャーに求められるスキルは別物です。適切なスキルを持っていない人をマネジャーに昇進させるべきであはりません。


プレイングマネジャーが失敗する問題を防止するには、入社したときから社員にマネジャーになるトレーニングを施すことです。マネジメントのスキルは教えることが可能です。マネジャーは育てることができます。ベテランになったときに、急に優秀なマネジャーになることを期待するのではなく、入社したときからチームで働くことを経験させ、マネジャーになる訓練を積ませるのです。


プレーヤーとマネジャーの仕事を両立させるには、2つの役割の時間を有効に分配することが必要です。非常に困難ですが、決して不可能なことではありません。肝心なのは、現場の仕事をいとわずにやり続けることです。


プレイングマネジャーの失敗する原因のひとつは、マネジャーになるための訓練を積む機会を企業が十分に提供していないことです。それまでプレーヤーとして成果をあげることをひたすら求めてきたのに、ある年齢に達したら、いきなり管理職に昇進させる。これでは失敗するのも無理はありません。


ロデリック・クレイマーの経歴・略歴

ロデリック・クレイマー。米国の社会心理学者(専門は組織行動論)。米スタンフォード大学経営大学院教授。カリフォルニア州立大学卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で社会心理学の博士号取得。その後、米国スタンフォード大学で教鞭をとり、同大学経営大学院の教授に就任。意思決定、創造性、リーダーシップなどについての研究を行っている。

他の記事も読んでみる

森川陽太郎

会議や商談などでテンパった時、わざとボールペンを下に落としてみましょう。テンパっている時は、たいがい相手のペースに飲まれていることが多い。ペンを落として拾うことで、その流れを意識的に断ち切ることができ、自分のペースを取り戻せます。


柳生宗矩

兵法は人を斬るとばかり思うは、僻事(ひがごと)なり。人を斬るにはあらず、悪を殺すなり。【僻事=間違い】


小林栄三

現在先進国の企業が成長しようと思えばイノベーションの創出が欠かせません。そこでも、多様なバックグラウンドを持つ人や企業との連携は大きな力を発揮します。異なる価値観の融合は、新たな技術や製品、サービスを生み出す強力な原動力なのです。


倉富純男

福岡は大陸から近く、昔から多様な文化を受け入れてきた土地で、人が大らかで開放的。新しいものが入ってきてもノーとは言わず、やってみようじゃないかという雰囲気があります。要は新しもの好きなんですね。そうした風土が街づくりにも生きています。


竹中平蔵

私は歴史の専門家ではありませんが、常々日本の歴史の変わり目には、面白い法則があるなと感じてきました。3つの大きな要素が働いていると思うんですね。

  1. 経済の構造変化が起きたということ。
  2. 必ずと言っていいほど、外国からのプレッシャーがあること。
  3. 変革を担う人が登場してくるということ。

湯川れい子

私なりの「幸せの法則」とは何だろうと、60歳を迎えたときに考え、「あいうえお」でまとめてみました。「あ」は会いたい人に会いたい。「い」は行きたいところに行きたい。「う」はうれしいことがしたい。「え」は選ばせてもらいたい。最後の「お」はおいしいものが食べたい。


井上英明

成長が速い人というのは、目標設定が明確だと思います。いつまでに店長になりたいとか、あの人のようになりたいといったように、ゴールがはっきりとイメージできている人は、なんとなく仕事をしている人よりも、明らかに成長が速いですね。


佐久間一(経営者)

社会人になったばかりの頃、東京建物の賃貸住宅で良いサービスだった。それを覚えていて、マンションを買うときも東京建物にしようと考える。マンションの管理もお願いしようと思う。そういった「次も選ばれる」ことが大事なのです。それには、開発後の管理も含めた良い街をつくらなければなりません。


籠屋邦夫

プレゼンや講演の前には、電車の中や喫茶店での休憩時間などのスキマ時間を使って、思いついた内容を付箋に書いておきます。そして、記入済みの付箋がたまったら、並べてみて整理するのです。こうすると、短い時間で自分の考えを整理できます。


石黒征三

自社ブランドを持てば、製品の問題点などが自分たちの耳に入るようになり、それを設計にフィードバックして次の製品開発に生かすことができます。メーカーにとっては重要なポイントで、より良い製品を作るためには自社ブランドを展開する必要があります。


三木谷浩史

インターネットを使って、条件的に弱い立場にある人に力を与えること。エンパワーメントすることが楽天の使命なのだということを、僕たちはあの時期に学んだ。出店者はなかなか増えなかったけれど、やるべきことは山のようにあった。事務所には寝袋が備えてあって、いつも誰かがそこで寝ていた。時間がないから、昼食は毎日近所の牛丼屋で済ませていた。自分たちのやっていることが、世の中のためになると信じていたからこそ、あそこまで仕事に夢中になることができたのだ。


宇佐美進典

当社の主力事業である価格比較サイト「ECナビ」が一度伸び悩んだ時期があります。利益も赤字ギリギリのところまで落ちたのです。自分たちの考えているトレンドとマーケットのトレンドがズレているんじゃないかと気づきました。当時はWEB2.0という言葉がスタンダードになりはじめ、GREEやはてなといった私より年下の、次世代の経営者が台頭しつつありました。そこで、私たちが気にしなくてはいけないのは上ではなく下であると思うようになったのです。