名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ロデリック・クレイマーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロデリック・クレイマーのプロフィール

ロデリック・クレイマー。米国の社会心理学者(専門は組織行動論)。米スタンフォード大学経営大学院教授。カリフォルニア州立大学卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で社会心理学の博士号取得。その後、米国スタンフォード大学で教鞭をとり、同大学経営大学院の教授に就任。意思決定、創造性、リーダーシップなどについての研究を行っている。

ロデリック・クレイマーの名言 一覧

当然のことですが、プレーヤーに必要なスキルと、マネジャーに求められるスキルは別物です。適切なスキルを持っていない人をマネジャーに昇進させるべきであはりません。


プレイングマネジャーが失敗する問題を防止するには、入社したときから社員にマネジャーになるトレーニングを施すことです。マネジメントのスキルは教えることが可能です。マネジャーは育てることができます。ベテランになったときに、急に優秀なマネジャーになることを期待するのではなく、入社したときからチームで働くことを経験させ、マネジャーになる訓練を積ませるのです。


プレーヤーとマネジャーの仕事を両立させるには、2つの役割の時間を有効に分配することが必要です。非常に困難ですが、決して不可能なことではありません。肝心なのは、現場の仕事をいとわずにやり続けることです。


プレイングマネジャーの失敗する原因のひとつは、マネジャーになるための訓練を積む機会を企業が十分に提供していないことです。それまでプレーヤーとして成果をあげることをひたすら求めてきたのに、ある年齢に達したら、いきなり管理職に昇進させる。これでは失敗するのも無理はありません。


ロデリック・クレイマーの経歴・略歴

ロデリック・クレイマー。米国の社会心理学者(専門は組織行動論)。米スタンフォード大学経営大学院教授。カリフォルニア州立大学卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で社会心理学の博士号取得。その後、米国スタンフォード大学で教鞭をとり、同大学経営大学院の教授に就任。意思決定、創造性、リーダーシップなどについての研究を行っている。

他の記事も読んでみる

山崎将志

休むべきときに休まないでいるにもかかわらず、「俺、寝てないんだよ」って言う人もいますね。上司がそういうタイプだったら最悪です。僕は寝ないで仕事をして成果が出せるとは思えません。


林要(経営者)

物事を実際に決めているのは無意識層で、意識は決めていない。では私達が自分で決めた、と何故思いこむかと言うと、無意識が決めた事を意識が後から追認しているに過ぎない、とも言われてます。


村上龍

トップクラスの営業職の人物と『カンブリア宮殿(テレビ東京)』でお会いすると、営業というのは、案外クリエイティブな部分が多い仕事だということがわかります。新規の取引先開拓で「飛び込み営業」などをやらされるのは、確かに大変だし、つらいと思います。ただ、よい商品・サービスを企画・開発するという作業と、よい商品・サービスを売るという作業には、関連性もあり、商品知識やマーケティングの重要性など、共通点も多いのではないでしょうか。顧客開拓から、提案型の営業に変わりつつあるというのが私の印象です。


大久保幸夫

自分自身が成長し、出世の階段を上がっていくためには、社内派閥の人間関係を観察して、力関係を知っておく一方で、ルース・カップリング(緩い人間関係)を保つのがベストだろう。それぞれの派閥に深入りした場合、コウモリ人間と思われかねないので、等距離を保って緩い関係を維持することだ。


江川達也

基本は公式通りでも、細部には微妙なチューニングが必要です。これができないと、たんなるマニュアル人間の域は出られません。つまり、いざというときに応用が利かないから、結局、使えないのです。


ニュートン

我々はあまりにも多くの壁を造るが、架け橋の数は十分ではない。


南部靖之

私は大学では工学部に進み、応用化学を専攻していたので、法律や労働のことにはまるで詳しくなかった。事業に将来性があるからスタートしたというよりも、ただ単純に「こういう働き方があるといいんじゃないか」「こんな働き方があれば喜ばれるんじゃないか」と思って、動いたのです。


畑村洋太郎

見学時は、メモをほとんど取りません。印象記(見学後に印象に残った出来事を書く記録)を書くのも、見学のあと一週間から10日経ってからです。記録が目的のひとつであるのに、なぜメモを取らないかというと、メモしなければ忘れてしまうような情報は、それほど価値のある情報ではないからです。逆にいうと、問題意識をもって観察すれば、必要な情報は時間を経ても頭に残っているはずです。残った材料だけで、十分に知見を深められます。


松下信武

トップの意思決定が遅い企業は、顧客に対応するスピードも遅くなります。商品やサービスに対する悪口が広がった場合、トラブルを引き起こすリスクも増えてしまいます。さらに上司と部下のコミュニケーションが悪ければ、対応が後手に回り、クチコミが広範囲にばらまかれるので、クチコミマーケティングはまったく機能しなくなります。


三枝匡

経営リーダーが戦略を明確に打ち出し、それに共感した社員がダンゴになって本当に走り始めたら、これが同じ会社なのかと思うくらい何倍もの働きを始めます。


西多昌規

よく「飽きっぽいのは意志の力か弱いからだ」という人もいますが、それは間違いです。意志によって集中をコントロールできるほど人間は器用ではありません。集中の持続力、継続力がある人は、外からのプレッシャーをうまく利用して自分を律しているだけなのです。たとえは資格の勉強を始める前に、「俺は試験を受ける」と周りに宣言する人は、あえて宣言することで、「不合格になったら恥をかく」というプレッシャーを自分に与え、勉強に向かう原動力にしています。また周囲に宣言しなくても、具体的な締め切りを設定することで、自分で自分にプレッシャーを与える人もいます。どちらも、やらざるを得ない状況に自分を追い込むことで、集中を保っているだけです。


泉谷直木

僕は手帳に「記録」と「記憶」と「アンチョコ」の3つの機能を持たせています。記録とは予定を組むスケジュールを指し、記憶とは相手と面談したときの覚書きです。最後のアンチョコというのは、経営理論や会社の長期戦略など経営判断に際して原理原則となる事柄です。書物から引用しているものもあれば、独自作成の資料もあります。