ロデリック・クレイマーの名言

ロデリック・クレイマーのプロフィール

ロデリック・クレイマー。米国の社会心理学者(専門は組織行動論)。米スタンフォード大学経営大学院教授。カリフォルニア州立大学卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で社会心理学の博士号取得。その後、米国スタンフォード大学で教鞭をとり、同大学経営大学院の教授に就任。意思決定、創造性、リーダーシップなどについての研究を行っている。

ロデリック・クレイマーの名言 一覧

当然のことですが、プレーヤーに必要なスキルと、マネジャーに求められるスキルは別物です。適切なスキルを持っていない人をマネジャーに昇進させるべきであはりません。


プレイングマネジャーが失敗する問題を防止するには、入社したときから社員にマネジャーになるトレーニングを施すことです。マネジメントのスキルは教えることが可能です。マネジャーは育てることができます。ベテランになったときに、急に優秀なマネジャーになることを期待するのではなく、入社したときからチームで働くことを経験させ、マネジャーになる訓練を積ませるのです。


プレーヤーとマネジャーの仕事を両立させるには、2つの役割の時間を有効に分配することが必要です。非常に困難ですが、決して不可能なことではありません。肝心なのは、現場の仕事をいとわずにやり続けることです。


プレイングマネジャーの失敗する原因のひとつは、マネジャーになるための訓練を積む機会を企業が十分に提供していないことです。それまでプレーヤーとして成果をあげることをひたすら求めてきたのに、ある年齢に達したら、いきなり管理職に昇進させる。これでは失敗するのも無理はありません。


ロデリック・クレイマーの経歴・略歴

ロデリック・クレイマー。米国の社会心理学者(専門は組織行動論)。米スタンフォード大学経営大学院教授。カリフォルニア州立大学卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で社会心理学の博士号取得。その後、米国スタンフォード大学で教鞭をとり、同大学経営大学院の教授に就任。意思決定、創造性、リーダーシップなどについての研究を行っている。

他の記事も読んでみる

コシノジュンコ

対極にあるように見えても、意外な接点を見つけると、コラボレーションすることができる。そして、それがオリジナリティになる。


川野幸夫

当社の事業継承は行き当たりばったりではなく、周到に準備してきた継承プランを実施したものだ。大学の同級生に経営企画室長に入ってもらって、私と弟の3人で計画をつくった。彼は銀行を退職後に入社した優秀な人物だ。このように親族だけでない、客観的な視点を入れることが大切だ。後継者の能力や交代時期などを冷静に評価してもらった。


村岡恵理

無難にまとめたい時には「型」は心強い味方。


白石達

工事現場での経験を重ねるうちに、気づいたことがあります。職人は現場の工事責任者の仕事ぶりをよく見ているんですね。工事を進める段取りがよい人のところで働けば、作業のやり直しが少なく、おのずと職人の稼ぎもよくなります。だから能力の高い工事責任者がいる現場には、人が集まる。


石原俊(経営者)

なにか一つをマスターすることが大切だ。技術屋なら製造技術とか設計技術とか、事務屋なら人事でも経理でも。その職種では社内はもちろん、業界全体でも「これならあの人」と評価されるくらい一つの職種を極めるべきだ。


星野佳路

古いやり方を切り替えられない社員には、お客様アンケートなどを見せ、客観的なデータをもとにビジョンの正当性を理解してもらうように努めました。それでも納得してもらえない人は会社を去っていきましたが、これは仕方ありません。ビジョンを共有してはじめて、目標に突き進んでいくことができるからです。


秋山剛

本人が「辞める」と言い出したのなら、上司は気持ちよく送り出してやるべきです。これまで育ててきた手間を損したと悔しがるのではなく、人間関係に投資したのだと思って欲しい。きれいごとに聞こえるかもしれませんが、そうやって将来を考えながら手を打っていくことも、上司の力量のひとつなんです。


田中仁(経営者)

何の取り得もなくても、振り切ってチャレンジすれば成果を納めることができる。


知識賢治

目標を実行するときに大切なのは、情理と合理のバランスをうまく取ること。


高野孝之

会社から与えられた目標ではなく、自分の目標を作ることを肝に銘じました。そして目標実行計画を立て、周囲に「必ず達成します!」と宣言。そうすると心理学の法則である一貫性の原理が働きます。さらに金額の多寡にこだわらず毎月契約を取ることを意識して、勝ちグセをつけるようにしました。


小笹芳央

「私は才能がない」と思っている人には、「あなたは120%の力で仕事をしていますか」と聞きたい。120%の力でしばらく仕事を続けてみれば、才能の有無は結果として見えてきます。才能は「あったか」「なかったか」の結果論として初めてわかるもの。


泰羅雅登

お酒はほろ酔い程度ならメリットの方が大きいものです。人間は根本的に、うれしい・楽しい・好きなことをはやりたいが、嫌なことはやりたくないという行動規範を持っています。ただ、それでは社会生活が送れないため、理性によって折り合いをつけています。脳でいえば、前頭前野で理性を働かせて、情動を司る辺縁系を抑制している状態です。ふたつのバランスがうまく取れていればいいのですが、なかには理性で情動を抑え込みすぎて強いストレスを抱えている人もいます。バランスを取るには前頭葉の働きを少し緩めるといいのですが、自分の意思で前頭葉の働きをコントロールするのは困難。そこでアルコールの力を借りて前頭葉の働きを弱め、バランスを取ってあげるのです。飲みすぎないことが原則ですが、万が一、飲みすぎてもトラブルにならないように、気の合った仲間と楽しむ飲むことを心がけてください。


前川孝雄

後輩や部下が自ら動くように働きかけるコツは、「作業」を任せるのではなく、「仕事」を任せることです。たとえば、新人の後輩に「この資料を10部コピーして」と指示するのは、作業を任せているだけです。それに対して、「課長と主任が10人集まって会議を開くから、そのための資料を用意しておいて」と目的とセットで伝えれば、新人は「課長が出席するなら、縮小コピーでは見えづらいかもしれないな」と自分でコピーのやり方を工夫するでしょう。これが「仕事を任される」ということです。


宮本亜門

同窓会で同級生に会ったとき、一番変化を感じるのは、容姿ではなく目力です。自分の限界を勝手に見つけてしまって諦めはじめると、どこか寂しげな目になってしまいます。苦労して痛々しさを感じさせる人もいますが、苦労したときに、それを乗り越える面白いきっかけが来たのだと思えるかどうかは大切だと思います。


廣瀬光雄

今でもジョンソン・エンド・ジョンソンではアクシデントが起きたら「Our Credo(クレド)」に立ち戻れと言われています。ですから、世界57か国・200社の個別事業会社を、世界最高・最強のヘルスケア企業というゴールに向かわせるためのボンディング(接合)の役回りを果たしているのが「Our Credo」なのです。


ページの先頭へ