名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ロダンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロダンのプロフィール

オーギュスト・ロダン。フランソワ=オーギュスト=ルネ・ロダン。19世紀フランスを代表する彫刻家。『地獄の門』とその一部『考える人』で一般に広く知られている。

ロダンの名言 一覧

美しさの極致は一人の女にだけあるのではない。すべての女にある。彼女たちはそれを知らないが、皆がこの美に到達するのだ。ちょうど果実が熟するように。


ロダンの経歴・略歴

オーギュスト・ロダン。フランソワ=オーギュスト=ルネ・ロダン。19世紀フランスを代表する彫刻家。『地獄の門』とその一部『考える人』で一般に広く知られている。

他の記事も読んでみる

テレンス・リー

組織は組織を守っても、人を守ってくれるとは限りません。


平尾誠二

私はプレイを貫く軸を、ミスをなくすという考え方よりも、チャンスを生かすほうに置いています。取られたら取り返せばいいじゃないですか。ミスしないことに意識を向けていると、プレーの選択肢が少なくなるだけ。私は選手に自分達のチャンスがあったら全部攻めろ、と指示します。だから、少々の失点は怖くない。


森下洋一

「人望」とは公平公正を貫くこと。上司におもねることなどせず、言うべきことをはっきり言う。部下にも戒めるべき点をきちんと戒める。確固たる志を軸にして、ぐらつかず、偏りのない姿勢で、上にも下にも誠実に接する。そして率先垂範、みずから先頭に立って手も足も動かしていく。そうした気持ちと行動が貫かれるところに「人望」が芽生える。


柴崎友香

コミュニケーションとは、言語とは、小説とは……そういうの、ひと言で割り切れない、線が引けるものではないというのが、強く感じることです。何に関しても複雑だし、入り組んでいる。それをそのまま伝えられたらと思って書いていました。結論はないし、考えはあっちに行ったり、こっちに行ったり蛇行しているので、「結局、どうなんだ」という感じになるかもしれないですけど、安易に線を引こうとするから、いろんなことに軋轢が出てくるんじゃないかとも考えたりしていたので、そのぐねぐねした道筋をたどって体感してもらえたら。複雑さを複雑なまま抱えながら。


竹田陽一

情報の収集は重要です。情報がない状態で目標を定めると、たいがい的外れのものになってしまいます。間違った情報をうのみにすると、場合によってはひどい無駄が発生することもあります。集めなければならない情報は5つあります。(1)お客の情報(2)競争相手の情報(3)社内の情報(4)仕入れ先の情報(5)経済環境の情報


茂木健一郎

はたから見て楽観的でエネルギッシュな人と、悲観的で元気のない人。脳の消費するエネルギーを見ると、大して変わりません。元気がない人に足りないのは、エネルギーそのものではなく、自分をフロー状態にするためのユーモアです。


中山讓治(中山譲治)

自律的になれば、たとえば、何か資料の作成を求められたときでも、「最低限のものを出せばいいや」ではなく、「どうせなら、もうちょっと調べてみよう」となる。嫌な上司と仕事をするときでも「おとなしくしておいて、やり過ごそう」ではなく、「こっちがあの上司を使って仕事をするんだ」となります。


高畠靖雄

私がずっとやっていきたいのは何かを創るということ。会社を創るところから始めて、ようやく形になってきたので、今後はいろんな領域で、大きな規模で何かを創っていきたい。


テリー伊藤

自分流ばっかりだと、型にハマった考え方しかできなくなる。むしろ、優柔不断になって人に流され、「じゃあ、試してみるか」とフットワークの軽いほうが、新しい出会いに恵まれる。それが自分の中に新たな知識や経験を与えてくれて、仕事にも生きてくるんじゃないかな。


金川千尋

需要家(顧客)と議論してはいけません。大上段に振りかぶって、「お言葉ですが、私はこう思います」とは言わないことです。経験上、そうなれば7から8割はしくじります。言い負かされるために、議論を吹っ掛ける人はいませんから。「太鼓持ち」だと言われればそれまでですが、つまらないことで突っ張っても仕方がありません。


古森重隆

鮮やかな戦略勝ちは滅多にない。知識や知恵だけでなく、汗の価値を重視する。それが大切なポイントだ。


松尾博人

先日、米国の無人探査車「オポチュニティ」が火星に着陸しました。テレビで放送していたのでご覧になった方もいらっしゃるでしょう。火星に降りる際、探査車は激しく地表に衝突しましたが、たくさんの布製の風船にまわりを隙間なく保護されていたので壊れることもなく、着陸しました。実はその布の材料は当社の製品です。ベクトランという高熱に耐えられる高強度繊維なのですが、当社は長い間、こういう独自性があって、狭い分野でもナンバーワン、オンリーワンになれる商品開発に力を入れてきました。