名言DB

9429 人 / 110879 名言

ロス・ペローの名言

twitter Facebook はてブ

ロス・ペローのプロフィール

ロス・ペロー、米国の実業家、米国海軍兵学校卒業後IBMに入社し5年勤務した後、フォーチュン500に掲載されたITアウトソーシングのEDS社を創業する。EDSはゼネラルモーターズに高値で売却された。EBS売却で富を築く。現在はヒューレットパッカードの傘下として吸収され消滅

ロス・ペローの名言 一覧

構えて撃ってから狙え。


皆さんは世界で一番にならなければならないのです。それぞれの第一人者になってください。私は皆さんに、自分の能力を完全に発揮するまでは、夜も眠れないという人間になっていただきたい。


いちばん大事なことをいいます。心に愛を抱くのは、ただ、しまっておくためだけではありません。愛はほかへ与えられなければ、愛ではありません。愛を与える人生を送ってください。そうすれば、愛を返してもらえるでしょう。与える人間になってください、もらう人間ではなく。


中国は民主化可能だ。なぜなら我々はあの日本の民主化に成功した。


いいか、ジョージ。私は捕虜達を捜し続けるが、米国政府が世界中に麻薬を流通させて、違法な武器取引をしているという件をなんとしても暴いてやるぞ。私が捕虜達を助けられないとしたら、わが国の工作員達が堕落しているおかげだ。(覚書き|ペロー氏は私費を投じてベトナム戦争捕虜救出活動を行っていた。上記発言はジョージ・ブッシュに怒って言い放った言葉)


NAFTAを結ぶと、アメリカの仕事がメキシコに奪われる。(覚書き|NAFTA=北米自由貿易協定、米・カナダ・メキシコの貿易協定。EUと同程度の経済圏となっている。人件費が安いメキシコへ製造業などの企業が移転を進めることでアメリカ国内の産業が空洞化するという問題をはらんでいる)


この100ドル札を外に投げて、下にいる誰かを喜ばせてやろうと思うんだ。


鷲は群れない。だから一羽ずつ見つけるしかない。


(日本とドイツは)戦争に負けても経済戦争では勝利を収めている。理由は簡単だ。ロビイストの活動とわが国の愚かな通商政策がこのような結果を生み出したのだ。自由の女神が立っているニューヨーク港から日本へ向かうアメリカの二大輸出品目は屑鉄と古紙で、これがエレクトロニクス部品を搭載した自動車となって戻ってくる。これでは割に合わない。


ロス・ペローの経歴・略歴

ロス・ペロー、米国の実業家、米国海軍兵学校卒業後IBMに入社し5年勤務した後、フォーチュン500に掲載されたITアウトソーシングのEDS社を創業する。EDSはゼネラルモーターズに高値で売却された。EBS売却で富を築く。現在はヒューレットパッカードの傘下として吸収され消滅

他の記事も読んでみる

鳥居祐一

ダイエットは性格改善に効果的。体型と行動には密接な関係がある。スリムになると、自分に自信がつき、堂々と振る舞えるようになります。そもそも体の健康は心の健康を大きく左右するもの。私自身もダイエットでそれを実感しています。


阿部修平

投資する段階ではリスクを取らなければなりません。1%持ってもあまり意味はないけれど、20%以上持つと、それ自体がひとつのまとまりとして価値を生むと考えています。


高倉豊

データを収集し、マーケティングに生かそうとしている企業は少なくない。しかし、私はデータベースマーケティングに懐疑的だ。データを元に論理的に考えていくことで可能になる施策もあるが、ロジカルに導き出した答えは、遅かれ早かれライバルもたどり着く。


猪瀬直樹

いきなり全体の空気を変えようとするのではなく、まずは1人の味方を作る。そうすれば空気の支配力が弱まり、さらに味方が増やしやすくなります。1人また1人と仲間を増やして半数までいけば、こっちのもの。もともとなんとなく反対していただけの人は、風向きが変わったことを敏感に感じ取り、風見鶏のようにコロッと態度を変えます。


桜田厚(櫻田厚)

私は今年で66歳になります。歳をとったつもりはないのですが、考えてみれば、20代そこそこでこの会社に入社してから、ずいぶんと時間が経ちました。ということは「モスバーガー」のフランチャイズオーナーの中にも、おそらく同じことを感じている方がいるはずなんです。古い方だとは30年~40年、次の方でも20~30年はモスバーカーをやっていますから、中にはすでに60歳を超えている方もいます。今の60代は皆さん、体力もあって元気ですから、「やれるところまでやろう」と言う方が多いのですが、それでも段々と蓄積された疲労が出てきます。また、あるとき急に、体力や気力が萎えてしまうという方もいるでしょうから、どこかのタイミングで(事業継承の)準備をしておく必要があるんです。いざという時にスムーズに事業承継できるようにしようと、次世代オーナー育成研修を始めました。


高橋淳(経営者)

03年には米国でBSEが発生し客足が急減。外食店舗の3分の2が赤字店になるという想定外の出来事が起きました。当時、外食事業は別会社で行っていましたが、債務超過になってしまい、翌年親会社のダイリキに吸収合併される形で何とか存続できました。そこで社長だった岳父を中心に、あらためて外食事業の在り方を議論したんです。うちの焼き肉店は本当に差別化できているのかと。あるいは母体が肉屋であることの強みを生かしているのかと。何よりお客様に本当に信頼されているのかと。その答えはすべてノーでした。


村上隆男

ホールディングスと言っても、それぞれ別会社だからそれでいいと思ったら、そこで変化がなくなってしまいます。ですから、それぞれの技術や知見を応用しなければならないと思っていました。簡単ではありませんが、例えばビールと焼酎、ワイン、飲料の研究所を同じ敷地に置いてみると、自然に交流が進む可能性が高いと考えました。


中嶌武夫

商法は日々新たなり、商道は不変なり。


佐藤東里

上手くいっていない組織があると、頭の固い人間を別の部署に移し、頭の柔らかい人間を引っ張ってくる人事を断行しました。その結果、社内に活力が生まれ、半導体部品や精密成型技術などの分野で新発想の技術や製品が開発されるようになったのです。


原田純子(経営者)

会社として工場を持っているわけではなく、全てのお店に店内厨房があって、朝から晩までその店内厨房で作りたての商品をご提供することができる。これが他のサンドイッチの会社にはないメルヘンの特徴なのです。