名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ロジャー・イボットソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロジャー・イボットソンのプロフィール

ロジャー・G・イボットソン。ポートフォリオ理論の第一人者として知られるアメリカの経済学者。投資分析コンサルティング会社「イボットソン・アソシエイツ」創業者、イェール大学経営大学院教授。

ロジャー・イボットソンの名言 一覧

相場に反応して動くことは投機の道への第一歩(笑)。それに、結局「高く買って安く売る」ことになりかねない。人は下がったら怖くなるし、上がったらもっともっと買いたくなる習性がある。うまくやろうとしても結局、逆のことをしてしまう。


私は個人の方には投機家ではなく、投資家になってほしい。例えば毎月リバランスをすると、だんだんアクティブな取引が増えてきて、投資家から投機家になっていってしまう。そういう心理的な面を考えてもリバランスは多くても3カ月に1回くらいがちょうどいいと思います。


5年、10年を考えたら、株は債券よりも高い利回りが期待できます。そうですね……国債を4~5%くらいアウトパフォームすると考えています。ただ、これは年率の話。年率4~5%の期待リターンがあるといっても、毎年平均的に上がるわけではなく、どの年、どの月に、それだけのものを投資家が享受できるかは分からないわけです。だからこそ、長期的な投資をすることに意味があるのです。


どんなに多くても、四半期に1回以上は(ポートフォリオの)リバランスをする必要はない。それだけ頻繁に取引をしたら、取引コストがかさむ。それに、普通の人は家族との生活もあれば、趣味などに充てる時間もある。常にブルームバーグやスマートフォンの端末を見て投資先をチェックするのは健康的なことではない。


ロジャー・イボットソンの経歴・略歴

ロジャー・G・イボットソン。ポートフォリオ理論の第一人者として知られるアメリカの経済学者。投資分析コンサルティング会社「イボットソン・アソシエイツ」創業者、イェール大学経営大学院教授。

他の記事も読んでみる

竹内敏晃

コツコツと水晶の技術を積み上げていった生粋の技術屋だった父と、才女でありながら努力家でもあった母。2人から学んだものとして共通していることは、どんなことにでも一生懸命に取り組む。それが大事だということだったように思います。また、どんな人に対しても、個人の尊厳を尊重し、接していたことも共通しており、大切な教えです。ものづくりの仕事に携わっているいま、母から教えられたことが自分の人としての基盤になっていると感じています。


家田美智雄

経営者は会社の恥部を見つけて歩くことが仕事なんだ。普通のゴミなら誰でも見つけられるけれど、小さなゴミは僕にしか見つけられない。


瀬戸雄三

苦労は若いうちからしなくてはいけない。苦労は金では買えないということ。厳しい相手ときちんとお付き合いすることで、人間は磨かれていく。


金美齢

石の上にも三年と言いますが、まさにそのぐらい腰を据えて向き合ってみなければ、仕事の適性は判断できません。結果、どうしても向かなければ仕切り直すチャンスはいくらでもあるはずです。


水谷豊(俳優)

現在の自分と若い頃を比べ、ギャップの大きさに打ちひしがれる人もいますが、昔の自分と比べる必要はありません。人生は「いま」が大事なんですよ。


内田和成

若手ビジネスマンの中には、エクセル分析を速くできる、プレゼン資料をテキパキ作成できるといった作業が速いことが、仕事が速いことだと勘違いしている人が少なくありません。でも、どんなに作業のスピードを速くしても、そもそもの課題設定が間違っていたら、無駄な作業が大量に発生するだけで、仕事のスピード速くなりません。


ドナルド・トランプ

発見の喜びから生まれる熱意さえあれば、あなたのすることはすべて確実に今の成功や将来の成功への布石となる。


木村惠司(木村恵司)

厳しい状況では、年齢とは関係なく、自ら考えリーダーシップを取れる人が組織にどれだけいるかが重要です。


宮迫博之

映画やドラマの現場は、やはりお笑いとは違う部分が多い。役者をやらせていただいて、世界も視野も広がって、芸人としての成長もできたと思います。


佐藤勝人

「ブランド力のある売れる商品」にはいわば最大公約数的なところがあって、価値が同質化しているから、お客さんからすればどこで買っても同じ。だから結局「売れる」商品で儲かるのは大手だけということになる。我々がメーカーやブランドは関係なく、自分たちの基準で「売る」商品を決めてきた理由はそこにある。


小池龍之介(小池龍照)

これまでの人生で「こうしよう」「ああしよう」と計画したことを、どれくらいその通りに実現させてきましたか? おそらく実現しなかった数のほうがはるかに多いと思うのです。自分の心すらコントロールできないのに、他人の行動なんてコントロールできるはずがないですよね。他人は自分が思った通りには動いてくれない。それは大前提です。


アンドレイ・ズビャギンツェフ

イングマール・ベルイマン監督の『ある結婚の風景』に、まずインスピレーションを受けました。また私のプライベートでの出来事から夫婦関係の崩壊をテーマに撮りたいと何年も切望していたところ、ロシアに実在する捜索救助団体「リーザ・アラート」の活動を詳しく知る機会があったのです。失踪した子供の捜索と、夫婦関係の崩壊・離婚。両テーマが火花を散らし合い、今作へと結実しました。

【覚え書き|映画『ラブレス』について】