名言DB

9412 人 / 110637 名言

ロジャー・イボットソンの名言

twitter Facebook はてブ

ロジャー・イボットソンのプロフィール

ロジャー・G・イボットソン。ポートフォリオ理論の第一人者として知られるアメリカの経済学者。投資分析コンサルティング会社「イボットソン・アソシエイツ」創業者、イェール大学経営大学院教授。

ロジャー・イボットソンの名言 一覧

相場に反応して動くことは投機の道への第一歩(笑)。それに、結局「高く買って安く売る」ことになりかねない。人は下がったら怖くなるし、上がったらもっともっと買いたくなる習性がある。うまくやろうとしても結局、逆のことをしてしまう。


私は個人の方には投機家ではなく、投資家になってほしい。例えば毎月リバランスをすると、だんだんアクティブな取引が増えてきて、投資家から投機家になっていってしまう。そういう心理的な面を考えてもリバランスは多くても3カ月に1回くらいがちょうどいいと思います。


5年、10年を考えたら、株は債券よりも高い利回りが期待できます。そうですね……国債を4~5%くらいアウトパフォームすると考えています。ただ、これは年率の話。年率4~5%の期待リターンがあるといっても、毎年平均的に上がるわけではなく、どの年、どの月に、それだけのものを投資家が享受できるかは分からないわけです。だからこそ、長期的な投資をすることに意味があるのです。


どんなに多くても、四半期に1回以上は(ポートフォリオの)リバランスをする必要はない。それだけ頻繁に取引をしたら、取引コストがかさむ。それに、普通の人は家族との生活もあれば、趣味などに充てる時間もある。常にブルームバーグやスマートフォンの端末を見て投資先をチェックするのは健康的なことではない。


ロジャー・イボットソンの経歴・略歴

ロジャー・G・イボットソン。ポートフォリオ理論の第一人者として知られるアメリカの経済学者。投資分析コンサルティング会社「イボットソン・アソシエイツ」創業者、イェール大学経営大学院教授。

他の記事も読んでみる

水野学

祈祷師のように素晴らしいアイデアが降りるのを待つのは時間の無駄です。考える前に、閃きをすべて書き出してみること。アイデアを持ち寄ってそれらを掛け合わせたほうが、優れたものができあがる可能性は高いのです。


原晋

常に勝ち続けるためには組織として戦わなければならない。


戸塚隆将

先輩や上司、同僚との「飲みニケーション」は貴重で大事な機会。上司や先輩は、積極的に後ろを追いかけ、アドバイスをもらうべき目標となる存在。そのためにもいい関係を築くべき。


澤田秀雄

「自分は不運だ」と考える前に「自分で変えられる運」を良くすることが大切。少しでも良いことをして、いい人とつき合う。明るく頑張っていると、自分の能力が引き出されたり、新しい可能性に出合えたりする。


安藤美冬

私は会社員時代から意識してオフィスを離れて仕事をするようにしていました。いつも同じ人と同じ場所で仕事をしていると、思考回路が凝り固まってしまうような気がしたからです。とくに何かの企画を考える際は、会社近くの喫茶店やホテルのティールーム、訪問先企業のロビーなど、環境を変えて仕事をすることを意識していました。クリエイティブなアイデアをひねり出すため、場の力を借りるという感じです。


樋渡啓祐

僕は政治家なのでゴールを定めることと責任を取ることが仕事です。企画や実行は職員それぞれがやればいい。決裁権も与えます。僕へのホウレンソウは原則禁止です。そんなことをしていたら情熱が冷めてしまうから。当然、問題も生じますよ。だったら、そのつど修正していけばいいじゃないですか。


加藤俊徳

資料づくりのためにネット検索をダラダラと続けていても創造力は生まれません。風景や動くものを見た方が脳が刺激され、いいアイデアが浮かびます。何かをつくるときは、パソコンから背を向けるというルールを決めるといいですね。


丹羽宇一郎

職業人生でより重要なのは40代前半から次の10年間でしょう。組織の中枢を担うためのマネジメント力が問われるからです。経営の真髄は人的資産をいかに運用管理するかにあります。とすれば、人間はいかなる存在か、その本質を知ることにこそマネジメントの原点はあります。それは自ら苦しい経験を重ね、そして読書などで先人たちの数多くの経験を知ることによって初めて得られます。


ピーター・ドラッカー

成果をあげる者は、時間が制約要因であることを知っている。あらゆるプロセスにおいて、成果の限界を規定するものは、最も欠乏した資源である。それが時間である。


黒田武志

弊社は6年間、赤字が続きました。売上げは伸びているにもかかわらず、利益が出ない。3年で黒字に転換する予定だったのが、いつまで経っても赤字でした。中古本のeコマースは非常に単価の安い商売ですから、なかなか利益が出ません。前職であるトヨタ自動車の「トヨタ生産方式」も導入して、コツコツと地道に改善を進めることで生産性を高めていき、ようやく採算が取れるようになりました。そういった地道な積み重ねは、現在の強みに繋がっていると思います。


平岡昭良

当社は金融機関や官公庁のシステム開発を得意としてきましたが、知名度は高くありません。一般消費者の目にも触れるサービスを増やして、何をやっているのか「分かる」会社にしていきます。社員が自分の子どもに自慢できる会社にしたいですね。


大カトー

私は、自分を除くすべての人間の失敗を寛大に許すことができる。


レイ・クロック

私は特定の店舗やフランチャイズオーナーのクオリティによって顧客を増やすのではなく、どの店に行っても同じサービスが受けられるというように、マクドナルドというシステム自体に対するリピーターをつくりたかった。


加藤俊徳

20代、30代には、睡眠を削ってもすぐ回復し、失うことなどないと思っていましたが、脳科学的に誤った考えでした。よくよく当時を分析すると、1か月の当直日数が10日を超えると昼間の時間帯でも集中力が保てなくなり、感情的になりました。最近では、実際に、左脳右脳にある感情系脳番地に影響することが脳機能研究で明らかになっています。


瀧本哲史

私は人を惹きつけるにはストーリーが重要だと考えています。ビジョンと言ってもいい。国や自治体がひとつのプロジェクトだとすれば、そこに懸けてみたいと思えるようなストーリーが必要だと思うんです。