名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ロジャー・イボットソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ロジャー・イボットソンのプロフィール

ロジャー・G・イボットソン。ポートフォリオ理論の第一人者として知られるアメリカの経済学者。投資分析コンサルティング会社「イボットソン・アソシエイツ」創業者、イェール大学経営大学院教授。

ロジャー・イボットソンの名言 一覧

相場に反応して動くことは投機の道への第一歩(笑)。それに、結局「高く買って安く売る」ことになりかねない。人は下がったら怖くなるし、上がったらもっともっと買いたくなる習性がある。うまくやろうとしても結局、逆のことをしてしまう。


私は個人の方には投機家ではなく、投資家になってほしい。例えば毎月リバランスをすると、だんだんアクティブな取引が増えてきて、投資家から投機家になっていってしまう。そういう心理的な面を考えてもリバランスは多くても3カ月に1回くらいがちょうどいいと思います。


5年、10年を考えたら、株は債券よりも高い利回りが期待できます。そうですね……国債を4~5%くらいアウトパフォームすると考えています。ただ、これは年率の話。年率4~5%の期待リターンがあるといっても、毎年平均的に上がるわけではなく、どの年、どの月に、それだけのものを投資家が享受できるかは分からないわけです。だからこそ、長期的な投資をすることに意味があるのです。


どんなに多くても、四半期に1回以上は(ポートフォリオの)リバランスをする必要はない。それだけ頻繁に取引をしたら、取引コストがかさむ。それに、普通の人は家族との生活もあれば、趣味などに充てる時間もある。常にブルームバーグやスマートフォンの端末を見て投資先をチェックするのは健康的なことではない。


ロジャー・イボットソンの経歴・略歴

ロジャー・G・イボットソン。ポートフォリオ理論の第一人者として知られるアメリカの経済学者。投資分析コンサルティング会社「イボットソン・アソシエイツ」創業者、イェール大学経営大学院教授。

他の記事も読んでみる

寺井和彦

とくに組織づくりなど、経験でしかわからないことがたくさんあります。村井さんの経験を聞かせていただき、参考にさせていただいています。
【覚書き|株式の店頭公開後、コンパック会長村井勝氏を会長として迎えた理由について語った言葉】


尾賀真城

競合を気にするより、我々自身が、マーケティングをしっかりできているか、お客様にメッセージが届いているかを重視すべき。


林修

僕は仕事が調子よくいっている時には萎縮なんてせず、押していく。特に意識しているのが、初めての仕事を振られた時です。「今でしょ」のフレーズが話題になって、TV番組に講演、執筆と予備校講師以外の仕事依頼がたくさん入るようになりました。あえて挑戦して、危ない橋を渡る必要も、新しい仕事という重荷を背負う必要もありません。それでも僕は依頼がきたら即受けました。躊躇なんてしません。なぜかって? できると思って依頼された以上、できますよ(笑)。謙遜して「できるかな」とか、やる前から「ムリですよ」なんて言う人は今すぐ改めるべきです。だって、これは絶対に逃してはならない、「やりなさい」というタイミングだからです。


古市克典

国内市場が飽和状態で、高度な成長も期待できないなか、日本企業にはこれまで以上の生産性向上が求められています。その手段の1つがITであり、Boxはそうしたニーズに応えて日本企業を支援していきたい。


桐山一憲

個々の社員が自分に合った時間帯で、場所も問わずに柔軟に仕事ができるようになれば、さらに高い能力を発揮できる。働き方や性別、出身国などを含めて様々な意味での「多様性」を促進するためにも、それを可能にする環境作りが重要だ。


福原正大

日本の入試は中学から大学まで、答えはひとつであるという前提でつくられています。それに合わせて学校でも、答えがある問題を出して、その解き方を教えています。そういった教育を通して「答えはひとつ」と植えつけられているから、答えが出ない現実の問題に対応できない面があるのではないかと思います。


田川博己

仕事を部下に任せるには、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)がスムーズに行われる仕組みが必要です。別に正式な手続きは必要なく、社長室にはいつでも入ってきて構いません。時間は10分でも5分でもいい。立ち話も歓迎だし、携帯電話での報告は日常茶飯事です。心理的なバリアの少ない関係を部下たちとの間に作ってきました。だから、仕事を下に任せる勇気と自信が生まれ、自分の時間が生まれます。


岡田裕介(東映)

最近、つくづく思うのですが、オリンピックを見ていても「案外、日本やるじゃない」という話になりますよね。つまり、若者は若者で、ある種の価値観の中で、しっかりやっていける可能性があると思うんです。


岡村正

次の手がいつも出てくるようなイノベーションが連続して起こっているような企業づくりをしなければいけない。


渡辺捷昭

問題意識を持つためには、謙虚さも必要です。問題意識の原点というのは、現状に満足しない気持ちです。対して慢心や傲慢さというのは問題発見能力を著しく減退させます。「ナンバーワンになるのは目前」と持ち上げられて「ひょっとしたらそうかもしれないな」「うちがナンバーワンだ」と社員が思うようになったら、トヨタという会社はもう終わりだと思っています。


定保英弥

どんな状況でも、お客様のご期待に応えるサービスを提供していこうと、価格は下げず、質の高いサービスの提供に努めてきました。リーマンショック後の厳しい状況下でも立ち直りが早かったのは、宿泊の約3分の1を占める顧客組織「インペリアルクラブ」の皆様の支えが大きかったです。その意味では、皆様のご期待に応えるサービスを追求できたのではないかと思っております。


勝海舟

一時の感情に制せられず、冷ややかな頭をもって国家の利害を考え、群議を排して自分の信ずるところを行うというには、必ず胸中に余裕がなくてはできないものだ。【覚書き|彦根藩家老の岡本黄石への言葉。彦根藩は井伊直弼が藩主だった。井伊が暗殺された時、黄石は冷静かつ粛々と藩政を執った】