ロジャー・イボットソンの名言

ロジャー・イボットソンのプロフィール

ロジャー・G・イボットソン。ポートフォリオ理論の第一人者として知られるアメリカの経済学者。投資分析コンサルティング会社「イボットソン・アソシエイツ」創業者、イェール大学経営大学院教授。

ロジャー・イボットソンの名言 一覧

相場に反応して動くことは投機の道への第一歩(笑)。それに、結局「高く買って安く売る」ことになりかねない。人は下がったら怖くなるし、上がったらもっともっと買いたくなる習性がある。うまくやろうとしても結局、逆のことをしてしまう。

私は個人の方には投機家ではなく、投資家になってほしい。例えば毎月リバランスをすると、だんだんアクティブな取引が増えてきて、投資家から投機家になっていってしまう。そういう心理的な面を考えてもリバランスは多くても3カ月に1回くらいがちょうどいいと思います。

5年、10年を考えたら、株は債券よりも高い利回りが期待できます。そうですね……国債を4~5%くらいアウトパフォームすると考えています。ただ、これは年率の話。年率4~5%の期待リターンがあるといっても、毎年平均的に上がるわけではなく、どの年、どの月に、それだけのものを投資家が享受できるかは分からないわけです。だからこそ、長期的な投資をすることに意味があるのです。

どんなに多くても、四半期に1回以上は(ポートフォリオの)リバランスをする必要はない。それだけ頻繁に取引をしたら、取引コストがかさむ。それに、普通の人は家族との生活もあれば、趣味などに充てる時間もある。常にブルームバーグやスマートフォンの端末を見て投資先をチェックするのは健康的なことではない。

ロジャー・イボットソンの経歴・略歴

ロジャー・G・イボットソン。ポートフォリオ理論の第一人者として知られるアメリカの経済学者。投資分析コンサルティング会社「イボットソン・アソシエイツ」創業者、イェール大学経営大学院教授。

ページの先頭へ