名言DB

9412 人 / 110637 名言

ロイス・クルーガーの名言

twitter Facebook はてブ

ロイス・クルーガーのプロフィール

ロイス・N・クルーガー。米国のエグゼクティブ・コンサルタント、能力開発の権威。フランクリン・コヴィー社の創業者の一人。ユタ州出身。スティーブン・コヴィーとともにフランクリン・コヴィー社を設立。教育プログラムの開発にあたった。著書に『8つの鍵 究極の富と幸せの原則』ほか。

ロイス・クルーガーの名言 一覧

人は成功よりも失敗から多くを学ぶものです。不調のときこそ、企業体質を強化する絶好の機会なのです。


悲観しても何もいいことはありません。経済とは「サイクル」です。いい時期もあれば、悪い時期もある。


不調のときこそ、企業体質を強化する絶好の機会です。どんな物事もポジティブに捉え、企業の理念、目標、計画を持って進めば、すべてが計画通りにはいかなかったとしても、必ずや目標は実現されるでしょう。


日本経済はこれまでは経済的に長く辛い時期が続いたかもしれませんが、暖かな春を迎えるための準備期間とプラスに捉えましょう。


道に迷ったときは外部環境ではなく鏡を見て、自身を見つめ直すことが大切です。経営理念に立ち返って方向性を確認すれば、きっと業績は回復方向へ向かうでしょう。


長年、日本企業を見ていて感じることは、「外ばかり気にしてしまう」ということです。市場環境はどうか。ライバル企業の動向はどうか。新聞記事はどうか……。ビジネスを行う上で外部環境は重要ですが、外ばかり気にしていると的確な経営判断ができなくなってしまいます。大事なのは企業自身。何を経営理念として事業を行っているのかということです。


ロイス・クルーガーの経歴・略歴

ロイス・N・クルーガー。米国のエグゼクティブ・コンサルタント、能力開発の権威。フランクリン・コヴィー社の創業者の一人。ユタ州出身。スティーブン・コヴィーとともにフランクリン・コヴィー社を設立。教育プログラムの開発にあたった。著書に『8つの鍵 究極の富と幸せの原則』ほか。

他の記事も読んでみる

渡邊剛

若い頃はお酒や女性は二の次にして、シャカリキに働いて仕事がおもしろかったら、誰でもまちがいなく成功するんじゃないのかな。


永野重雄

事業を成り立たせる秘訣は、結局、人間の信頼と企業力。


見舘好隆

みなさんの職場では新人を同志として温かく迎え入れ、しかるべき仕事を与えているだろうか。その答えがNOだとしたら、新人の学習機会を棄損したうえ、早く辞めてくれと言っているようなものだ。自分の職場で若手社員の定着が悪い、元気がないと言う前に、成長を実感できる機会をきちんと用意しているのか若手の身になって考えてみてはどうだろう。


米田功

ケガで不調だったとき、バルセロナ五輪での古賀稔彦選手の試合を見たんです。左膝に大怪我をしているのに優勝したのを見て気づいたんです。「必ず勝つ!」という目的があれば、ケガは問題じゃないんだ、と。私は心の中でケガやスランプのことはかり考えて、「ムリ」と自分を縛っていたんでしょうね。


日覺昭廣

海外拠点でも生産するのは、東レの強みを生かした高付加価値品のみです。汎用品は現地企業でも十分生産できるため、早晩、コスト競争の消耗戦となるからです。


今給黎勝

チームの要件とは「全員が実現すべき目標を共有していること、その実現のためにそれぞれが役割を分担していること、さらにはその分担を超えて目標実現のために尽くす連帯責任を持っている」こと。


土橋正

私はアイデアを練ったり原稿の構成を考えたりする場合はノートを使っています。そうすることで、自分の頭の中にある「不確か」なものに「形」を与えることができるんです。デジタル上で同じ作業をすることは難しい。デジタルには、決められた文字や記号を打ち込むことはできますが、まだ不確かで曖昧なイメージを満足に表現することはできません。


宇佐美進典

役員とは当初、2020年東京オリンピックの年に向けての目標を話し合っていましたが、近い目標であると具体的になりすぎてしまうということになり、何か違うと思いました。そこで、時間軸をぐっと長くして、2100年に向けて私たちはどういう会社でありたいのか、議論しました。そこから紐解いて、第一ステージとしての2020年という位置付けにした方がブレない会社のあり方になると考えました。


清水照雄

1年は8760時間。そこから勤務時間や、日常生活に必要な時間を差し引いても、一般的に年2000時間の余剰時間があります。私の場合はそれを始業前に割り当てていますが、出勤前か仕事後、どちらに分配するにしろ、有効に使うことが自分の成長につながっていくと思います。重要なのは、時間の使い方を常に意識することです。


森下篤史

米国駐在の日本人と初取引をする事になった。予算を訊ねられたので、「28フィートコンテナ1車分500万円でどうだ」と答えた。2ヶ月して1コンテナ分の荷が届いた。請求書は500万円である。彼は「余分な経費が100万円程かかったがその分は初取引だから自分の方でみます。」と言った。初取引で信頼してもらうには、500万円の請求をしないで350万円か、400万円でコンテナ1車分の荷を集めて、私頑張りましたよとやらねばならぬ。大事な見せ場を失ったよ、君は。


藤井孝一

普段と違う行動をすることで新たな発見や気づきが生まれ、それがビジネスのヒントになることも少なくありません。未来の自分への投資といってもいいでしょう。


野村克也

現役時代、俺が諦めたものは「肩」があるかもな。キャッチャーにしては肩が悪いから走者を刺せない。しかし、その分、ランナーやベンチの心理を読む力を磨く努力をしたんだ。


マーニー・レヴィーン

企業が人間に何かを届ける存在である以上、経営も根源的には何も変わらない。これからも人間の欲求をかなえるビジネスが受け入れられていくでしょう。


和田秀樹

上司を上手く利用すると、「会社内での自分の成長や出世につながる」「独立したり、起業する際に力添えをしてくれる」といった利点があります。「できない上司」だと悲観してグチっていないで、上司は成功するために活用するべきツールのひとつと考えましょう。


大崎洋(大﨑洋)

いまの自分の居場所が正しいのかわからない、と迷う人もいるでしょう。しかし、誰もが「自分はこの仕事が天職だ」と思っているわけではなく、「この仕事で絶対成功したい」などと最初から明確な目標があるわけではありません。僕みたいに、何となく頑張っていたら社長になっていたという人だっている。焦らずにチャレンジを続けて欲しいと思います。